つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
02 | 2023/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today







カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


2CD エミット・ローズ Emitt Rhodes Recordings 1969-1973 4月21日海外発売
ポール・マッカートニー以上にポール・マッカートニーと称されるエミット・ローズのコレクション Emitt Rhodes Recordings 1969-1973 が4月21日に海外で発売されます。

Emitt Rhodes Recordings 1969-1973 - エミット・ローズ

Emitt Rhodes Recordings 1969-1973 / エミット・ローズ 4月21日海外発売
ビートルズ~ビートリッシュ系リスナー必携! エミット・ローズの1970年代の全アルバムをまとめたコレクション作品。ポール・マッカートニー直系のメロディ、声、歌い方で、多くのビートルズ・ファンから「ポール・マッカートニー以上にポール・マッカートニー」又は「一人ビートルズ」と称された名シンガーソングライター、エミット・ローズ。1970年から73年にかけて発表された4枚のアルバム「The American Dream」「Emitt Rhodes」「Mirror」「Farewell To Paradise」とアルバム未収録となる1972年のシングル「Tame The Lion」をパッケージしたCD2枚組コレクションアルバムが Music on CD レーベルより再登場。2009年に Hip-O Select レーベルからリリースされるも、長らく廃盤状態で入手が困難となっていた本作。ビートルズ~ビートリッシュ~パワーポップ系リスナーはこの機会をお見逃しなく!

Disc 1
The American Dream (1970年)
Mother Earth
Pardon Me
Textile Factory
Someone Died
Come Ride, Come Ride
Let's All Sing
Holly Park
Saturday Night
You're A Very Lovely Woman
Mary Will You Take My Hand
The Man He Was
In The Days Of The Old
'Til The Day After
Emitt Rhodes (1970年)
With My Face On The Floor
Somebody Made For Me
She's Such A Beauty
Long Time No See
Lullabye
Fresh As A Daisy
Live Till You Die
Promises I've Made
You Take The Dark Out Of The Night
You Should Be Ashamed
Ever Find Yourself Running
You Must Have

Disc 2
Mirror (1971年)
Birthday Lady
Better Side Of Life
My Love Is Strong
Side We Seldom Show
Mirror
Really Wanted You
Medley: Bubble Gum The Blues / I'm A Cruiser
Love Will Stone You
Golden Child Of God
Take You Far Away
Farewell To Paradise (1973年)
Warm Self-Sacrifice
See No Evil
Drawn To You
Blue Horizon
Shoot The Moon
Only Lovers Decide
Trust One More
Nights Are Lonely
Bad Man
In Desperate Need
Those That Die (From "Tame The Lion")
Farewell To Paradise
Non-LP Single (1972年)
Tame The Lion


Thanks! Music on CD

CD マイク・ヴァイオラ ポール・マッカーシー 4月26日発売
ポール・マッカーシー - マイク・ヴァイオラ

ポール・マッカーシー / マイク・ヴァイオラ 4月26日発売
ポール・マッカートニーみたいな名前のアーティストのポール・マッカーシーが「もしも、5人目のビートルズだったら?」という夢想から生まれたマイク・ヴァイオラによる3年ぶりのニューアルバム。パニック!アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーとジェイク・シンクレア(ウィーザー、ベック、フォール・アウト・ボーイ、パニック!アット・ザ・ディスコのプロデューサー)とともに作り上げたロックでポップな作品となっている。アルバムのタイトル・トラックについてマイクは、「ポール・マッカーシーはちょっと変な作品を作っている実在するアーティストなんだけど、もしポール・マッカーシーが5人目のビートルズだったら、どうだろうと突然思いついた。ジョン、ジョージ、リンゴ、ポール、ポールだ。ビートルズがアメリカにやってきた時のイメージの中にポール・マッカーシーを置いてみた、そんなファンタジーの世界だ。「もし僕がビートルズに参加したら?」僕がミュージシャンになると決心したときも、そんなことを考えた。我ながらバカげているとも思うけど、誰でも一度は想像したりするよね(笑)」と語っている。マイクは昨年、パニック!アット・ザ・ディスコのヒット・アルバム「ヴィヴァ・ラス・ヴェンジャンス」の全曲を共作し、共同プロデュースを手掛け、ツアーにもバンドの一員として参加した。彼らのコラボのきっかけは、ブレンドンがバンド活動に疲れ、音楽に意欲を失いかけていたとき、マイクの2019年のアルバム「アメリカン・エジプト」を聴いて感激したことだった。彼はこの人と一緒にやるしかないと、マイクにアルバムへの参加を依頼し、その流れでマイクの新作にブレンドンが参加することになり、2022年夏、米LAのマイクの自宅スタジオにてブレンドン(ドラムズ)、ジェイク(ベース)との3人で、ダビング最小限のスタジオ・ライブに近いやり方で、ハーフ・インチ・テープにアナログ録音された。パニック!アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーとの関係についてマイクは、「友達のアダムが死んで、悟った(2020年4月に長年の親友で共作者だったファウンテインズ・オブ・ウェインのアダム・シュレンジャーが急逝)。あんなに素晴らしい音楽を作ったのに、彼はもう音楽を作れない。でも、僕はまだ音楽を作れる。それからブレンドンに出会った。彼は僕よりずっと若く、たくさんのヒット曲がある。文字通りに何千万枚のレコードを売ってきた。そんな彼が僕のやっていることのファンで、僕の音楽が大好きだと言ってくれる。彼が僕の子供のような頭脳に許可を与えてくれたんだ。自分の行きたいところへ行けばいい。他の人がどう思うかとか心配しなくていい。失敗するか成功するか、そんなことも気にしなくていいんだとね。彼がそういった許可のようなものをくれたんだ」と話している。アルバムにはその他に、マイク曰く「ビートルズのサージェント・ペパーズみたいな」架空のバンドの物語「サイエンティスト・アレクシス」(これはアダム・シュレシンジャーが思いついたバンド名だった)、若くして亡くなった最初の妻の母に捧げた美しくも心が張り裂けそうになるバラード「ラヴ・レターズ・フロム・ア・チャイルドフッド・スウィートハート」、「ブライアン・アダムズとかを思い出す80年代風のギター・サウンド」と語る「アイ・シンク・アイ・ソウト・フォーエヴァー・プルーフ」、「ウィングスのような曲」と語る「ユー・プット・ザ・ライト・バック・イン・マイ・フェイス」などが収録され、次女ジョセフィーンとのコラボ曲「2023」で締めくくられる。マイク曰く、「ジェイムス・ギャングの「ライズ・アゲイン」」とブラック・サバスの「パラノイド」の心臓部、そして白髪混じりの中年の頭の中にある子供の脳みそを使って、音のモンスターを作ろうと思ったんだ」と語るハード・ロックなナンバーも収録した新境地となっている。

ビル・ヴァイオラ
ウォーター・メイクス・ミー・シック
ラヴ・レターズ・フロム・ア・チャイルドフッド・スウィートハート
サイエンティスト・アレクシス
ポール・マッカーシー
トープ
アイ・シンク・アイ・ソウト・フォーエヴァー・プルーフ
ユー・プット・ザ・ライト・バック・イン・マイ・フェイス
2023

ポール・マッカーシー - マイク・ヴァイオラ

Thanks! ソニーミュージック


関連Blog
3/23のBlog ポール・マッカートニーみたいな名前のアルバムが4月26日発売


LP マイク・ヴァイオラ Paul McCarthy 4月14日米国発売
Paul McCarthy - Mike Viola

Paul McCarthy / マイク・ヴァイオラ 4月14日米国発売

Side A
Bill Viola
Water Makes Me Sick
Love Letters From A Childhood Sweetheart
Scientist Alexis

Side B
Paul McCarthy
Torp
I Think I Thought Forever Proof
You Put The Light Back In My Face
2023

Thanks! Grand Phony Music


関連Blog
3/23のBlog ポール・マッカートニーみたいな名前のアルバムが4月26日発売


DVD ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 4月26日発売
ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド の DVD が4月26日に発売されます。(Blu-ray 発売予定無し) なお、「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」は同日より各動画配信サービスにてレンタル・販売も開始される予定。

特典のパターンは以下のとおり
TOWER RECORDS オリジナル・クリアファイル
Amazon.co.jp 限定特典 オリジナル・ポストカードセット(4種1セット)
Amazon.co.jp 限定特典なし (特典ありより安価)

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 4月26日発売
最高傑作「ホワイト・アルバム」誕生に遭遇した監督が導く、ビートルズとインドをめぐるミステリーツアー。1968年、23歳のポール・サルツマンは失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド、ビートルズのジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。彼はそこで瞑想を学びながら、ビートルズと共に過ごした奇跡のような8日間を多くの写真に残した。1962年にデビュー以来、誰もが認めるロック史上最高のバンドとして、半世紀以上経った今でも、音楽の枠を超えて様々な文化的影響を世界中に与え続けているビートルズ。インド音楽や東洋思想に影響を受け、やがて超越瞑想運動の創始者マハリシに招かれて訪れたインドでは、代表作にして最高傑作と謳われるアルバム「ザ・ビートルズ」(ホワイト・アルバム)の楽曲の多くが生まれたとされる。サルツマン監督が記録した貴重な写真の数々、当時の彼らのパートナーの女性たち、ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴやドノヴァン、俳優のミア・ファローの姿もとらえながら、ベールに包まれていたインド滞在期のビートルズの素顔と、その楽曲制作のプロセスが紐解かれていく。デヴィッド・リンチ、モーガン・フリーマン、豪華な製作陣とビートルズ関係者たちが集結。本作ではサルツマン監督がビートルズ研究の第一人者マーク・ルイソンと共に、インド、リシケシュを訪れ、今は“ビートルズ・アシュラム”として一般公開されている思い出の場所を再訪し、実際に創作の瞬間に立ち会った視点から貴重なエピソードが語られる。さらに、本物の“バンガロウ・ビル”との出会い、ミア・ファローの妹プルーデンスに捧げられた「ディア・プルーデンス」誕生秘話、ジョージの元妻パティ・ボイドとその妹ジェニーとの再会。また、本作の製作総指揮の一人で超越瞑想の推奨財団の創設者でもある映画監督のデヴィッド・リンチも登場、ナレーションは俳優のモーガン・フリーマンが担当している。ザ・ビートルズ、デビュー60周年を経て、本邦初公開となるビートルズの貴重な未公開写真を始め、関係者からの貴重なインタビューを通して、ここでしか見られないビートルズの新たな素顔が垣間見えるファン垂涎のドキュメンタリー。

原題 Meeting The Beatles in India
監督・脚本・製作 ポール・サルツマン
ナレーション モーガン・フリーマン
製作総指揮 デヴィッド・リンチ
出演 デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン
制作 2020年 カナダ
字幕 大西公子
字幕監修 藤本国彦
配給 ミモザフィルムズ

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ディスク 1枚 片面1層
収録時間 本編 79分
仕 様  カラー
画 像  MPEG-2 16:9
音 声  ドルビーデジタル5.1ch、ドルビーデジタル 2.0ch
字 幕  日本語
サイズ  30 × 20 × 1 cm
重 量  1.5 kg
封入特典 オリジナルブロマイド
先着購入者特典 オリジナルクリアファイル

オリジナル・クリアファイル

Amazon.co.jp 限定特典 オリジナル・ポストカードセット(4種1セット)

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 特製ポストカード

・画像は仮イメージです。
・上掲の内容・仕様等は予告なく変更となる場合があります。
・特典は数量限定です。無くなり次第終了となります。

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

Thanks! バップ

U2、14年ぶりに全英1位を獲得 ビートルズに続く歴代7位に
Songs of Surrender - U2

17日に発売されたU2の新作 Songs Of Surrender が全英アルバム・チャートの1位を獲得した。U2にとって2009年に発売した「No Line on the Horizon」以来、14年ぶりの全英1位アルバムとなる。また、全英アルバムチャートで1位を獲得した枚数が今回で合計11枚となり、デヴィッド・ボウイと並び歴代7位の記録となった。全英アルバムチャートでの歴代1位獲得獲得順位は以下のとおり。

1位 ビートルズ 15枚
2位 ロビー・ウィリアムス 14枚
3位 エルヴィス・プレスリー、ローリング・ストーンズ 13枚
5位 マドンナ、ブルース・スプリングスティーン 12枚
7位 デヴィッド・ボウイ、U2 11枚

Thanks! uDiscoverMusic



TV , ラジオ
3/29 26:05~27:00 ラジオ深夜便 ジョージ・マーティン・ワークス NHK FM
3/29 26:05~27:00 ラジオ深夜便 ジョージ・マーティン・ワークス NHKラジオ第1
3/31 10:55~11:00 らじるの時間 NHK-FM
3/31 10:55~11:00 らじるの時間 NHKラジオ第1
3/31 14:25~14:30 らじるの時間 NHKラジオ第2
3/31 23:55~24:00 らじるの時間 NHK-FM
4/9 13:00 ディスカバー・ビートルズⅡ NHK-FM
4/14 10:00 ディスカバー・ビートルズⅡ NHK-FM

本、雑誌、ムック
3/30 地図でスッと頭に入るイギリス
4/10 名曲!ビートルズ~乃木坂46
5月 ディスカバー・ビートルズ THE BOOK
5/26 初盤道 究極のアナログレコード攻略ガイド オリジナル・ファーストプレスを求めて(仮)
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
3/31 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
3/31 ポール・マッカートニー&ウイングス Live In Melbourne
3/31 ポール・マッカートニー Live In The USA 1993
3/31 ゲイリー・ムーア スティル・ゴット・ザ・ブルーズ (ジョージ・ハリスン参加)
4/7 ジョージ・ハリスン Live Collection
4/19 ウイングス オン・ツアー・ウィズ・ア・リトル・ビット・オブ・ベネルックス 1973
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)
4/21 エミット・ローズ Emitt Rhodes Recordings 1969-1973
4/22 リンゴ・スター Stop and Smell The Roses
4/26 マイク・ヴァイオラ ポール・マッカーシー
5/19 ラー・バンド Clouds Across The Moon – The Rah Band Story Vol.2
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー
年内 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
年内 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
年内 ヨーコ・オノ スターピース
年内? ローリング・ストーンズ (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加?)

グッズ
3/31まで ザ・ビートルズ「リボルバー」Tシャツ・プレゼント
8月 BE@RBRICK The Beatles "REVOLVER"

イベント
3/31まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/7~9 レコードフェスタ大阪
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/9 14:00 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念 ~デビュー前後のビートルズ~
4/15 14:00 AUTOMOBILE COUNCIL 2023 60年代はクルマと音楽の黄金時代~ブレッド&バター
4/15 16:00 AUTOMOBILE COUNCIL 2023 立川直樹 選曲 (ビートルズ他)
4/21 19:00 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー エディション 出版記念 ロック落語会
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 14:00 NHK文化センター青山教室 特別講座 語り尽くしの「THE BEATLES」
4/23 14:30 ビートルズを楽しむ
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19 18:00 MUSIC LIFE トークショウ in OSAKA
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
5/28 Mojomo ビートルズデイ 2023
6/3 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/7~16 藤本国彦と行くビートルズゆかりの地への旅 ロンドン・リバプール・ハンブルグ
6/10 12:00 ポール・マッカートニー研究会 梅の部対談 Vol.3 祝!赤盤・青盤発売50周年
6/11 12:00 ポール・マッカートニー研究会 梅の部対談 Vol.3 祝!赤盤・青盤発売50周年
6/24 ウクライナ支援コンサート (ポール・マッカートニー出演?)
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm
夏 Fender Flagship Tokyo

アナログ盤
4/7 イースト・オブ・エデン Snafu (ジェフ・ブリットン参加)
4/14 マイク・ヴァイオラ Paul McCarthy
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)
4/22 ウイングス Red Rose Speedway 50周年記念限定盤
4/22 ジョン・レノン Gimme Some Truth 10インチEPボックス
4/22 リンゴ・スター Stop and Smell The Roses
4/22 エディー・マネー The Covers (ビートルズ曲収録)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー
年内 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
年内 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
年内 ヨーコ・オノ スターピース

映画
4/11 Little Richard:I Am Everything (ポール・マッカートニー出演)
4/16 19:00 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
4/21 Little Richard:I Am Everything (ポール・マッカートニー出演)
年内? Man on the Run
年内? Daytime Revolution (ジョン・レノン&オノ・ヨーコ出演)

Web配信
4/21 Little Richard:I Am Everything (ポール・マッカートニー出演)

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
4/26 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド DVD