つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Flaming Pie
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ムック MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ 7月9日発売
ビートルズ現役時代の大半にフォーカスをあてたムック MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ が7月9日に発売されます。 最新情報を追記しました。

MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ

MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ 7月9日発売
「MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語」「ML ザ・ビートルズ 1980年代の蘇生」「ML 1990年代のビートルズ」といった“ディケイド”シリーズの第4弾。今回は最も重要な1960年代のビートルズ現役時代の活動にスポットを当て、新しい視点=武道館公演後の日本におけるビートルズ、タイムリーな話題=ビートルズ解散考、初心者にまず押さえてほしい歴史=ビートルズ重大事件200という3つの視点で描きます。

新作映画『ゲット・バック』は4つの「ビートルズ史」を新たな視点で繋げるか
Photo & Words

[PART 1] 武道館後、日本のビートルズ
日本でのビートルズ受容史を紐解く鍵は星加ルミ子と『ミュージック・ライフ』
1966年7月~12月 日本公演の余韻が続くなか、初の解散騒動に揺れる
1967年 サウンド革命が浸透するなか、宇宙中継で広く注目を浴びる
1968年 新しいビートルズ文化が流入するなか、1万人のファンが再び武道館を埋める
1969年 日本の政治状況にも寄り添い、愛と平和のメッセージを送る
1970年 「レット・イット・ビー」が大ヒット。ビートルズ文化模索の旅が始まる

[PART 2] ビートルズ解散考
解散論1 「50年前に見えていたビートルズ解散の景色」
解散論2 「音楽的要因から考えるビートルズ解散」
解散論3 「メンバーにとって解散はいつだったのか」
時代の証言 星加ルミ子/川原伸司/伊藤銀次/杉真理/島泰子/横倉絹枝/伊豆田洋之/ピーター・ホンマ/黒田敦子/井元真美/小川修身/松田ようこ

ビートルズは解散の時期に何を着ていたのか

[PART 3] 1960年代の重大事件200と年譜
1960年 ビートルズ誕生とハンブルク武者修行
1961年 キャバーンを拠点にリバプールの頂点に
1962年 リンゴの加入とレコード・デビュー
1963年 イギリス制覇とビートルマニア現象
1964年 ビートルズ旋風はアメリカそして世界へ
1965年 世界のアイドルとしての栄光と苦悩
1966年 レコーディング革命と日本公演、ツアーの終焉
1967年 サイケデリック時代と愛のメッセージ
1968年 アップルの夢と真っ白なアルバム
1969年 屋上コンサートと『アビイ・ロード』
1970年 ビートルズ解散と『レット・イット・ビー』

関連情報

シンコー・ミュージック・ムック「MUSIC LIFE」では、結成から現在までの60年間におよぶ「ザ・ビートルズ史」を10年ごとのディケード・ヒストリーとして展開してきました。これまでの「1970年代ビートルズ物語」「ザ・ビートルズ 1980年代の蘇生」「1990年代のビートルズ」に続き、今回はいよいよ「1960年代のビートルズ」。最新研究の成果を踏まえ、「1960年代ビートルズ重大事件200」「武道館後、日本のビートルズ」「ビートルズ解散考」の3テーマで、現役時代のビートルズに迫ります。

Part 1 は、これまでビートルズ史の空白になっていた「武道館後、日本のビートルズ」。当時の新聞雑誌記事などからビートルズ受容の大きな流れを整理しつつ、ビートルズと日本の架け橋だった星加ルミ子さんの回想、星加さんが編集長を務めていた60年代当時の「ミュージック・ライフ」の記事、現役時代からの熱いファンのみなさんの思い出、コレクターのみなさんに提供していただいた貴重な資料などで検証作業を進めながら、1966年7月から70年12月までの日本でのビートルズ受容史を、著者の体験も交えながら、初めて歴史の流れのなかで描きました。武道館公演後、一時期下火になっていたかに見えたビートルズ人気が、67年の宇宙中継番組「アワ・ワールド」で盛り返し、68年の武道館やテレビでの「マジカル・ミステリー・ツアー」公開による新たなファンの熱狂を経て、70年の「レット・イット・ビー」と映画「レット・イット・ビー」の大ヒットで、ビートルズ人気が最後のピークを迎え、日本のビートルズ現役時代は完結します。

Part 2 は新作映画「ゲット・バック」の製作で再び注目が集まっているビートルズ解散に新たな光を当て直した「ビートルズ解散考」。今なお霧に包まれたままの「ビートルズ解散」を、メンバーの発言や古くからのファンの声をもとに再検証。50年前に解散はいかに報道され当時のファンはそれをいかに捉えていたのか。メンバー自身の音楽作りに対する考えはいかに変化しそれが解散にどのように繋がっていったのか。ビートルズのメンバー自身はそれぞれ解散をどのように認識していたのか。さらに、古くからのファンが解散期のビートルズの作品や活動をどのようにとらえ、それが今日までにいかに変化してきたのかを、「時代の証言」として紹介します。

Part 3 は現役時代の歴史に正面から切り込んだ「1960年代の重大事件200と年譜」。ビートルズに関する最新研究をふまえて、ビートルズ結成の1960年から解散の70年までの現役時代のビートルズ史を彩った200の重要な事件をピックアップして詳細な年譜とイギリスで発売されたオリジナル作品ともに解説している。ビートルズの歴史の全体像をまず確認したい方は、こちらを読んでからパート1、パート2に進んでください。

そして、「ビートルズは解散の時期に何を着ていたか~「アビイ・ロード」のジャケット写真が象徴する4人のファッション」では、一見バラバラに見える解散期のファッションの意外に共通性が潜んでいたことが明かされます。好評の「音が紡ぐ物語」はアルバム「レット・イット・ビー」から3曲。様々な角度から眺める現役時代のビートルズをお楽しみ下さい。

サイズ B5版
ページ 144ページ
編 集 フロム・ビー
ISBN  978-4-401-64940-2

Thanks! シンコーミュージック

その時『ミュージック・ライフ』は 第5回 1966年7月3日 4人は次の公演地フィリピンへ
月曜からお送りして来た短期集中連載“ビートルズが日本にいた五日間”も本日が最終回。「54年前の今日、日本滞在中のビートルズは」と「その時『ミュージック・ライフ』は」というテーマに絞って非常にコンパクトにまとめて参りましたが、実際にはファンだけでなく一般メディアも含めた世間の狂騒振りや、厳戒な警備体制などもあった上でのものなので、相当に緊迫した五日間だったと思います。そして最終日・7月3日。ビートルズは次の公演地、フィリピンはマニラに向け旅立ち、猛烈な五日間も幕を閉じることになります。

ミュージック・ライフ 1966年8月号

1966年7月3日(日) 離日
10時13分、羽田からマニラへ向けて日航731便「鎌倉」に搭乗。10時38分過ぎ出発、離陸。当時のミュージックライフ(1966年8月号)は手を振り搭乗するメンバーが表紙を飾っている。滞在時の様子は、表紙に踊る文字通りの「本誌カメラがスクープ! ビートルズ居室の全貌!!」として、この号にまとめられた。早朝にホテル内で土産物を購入、10時前にはホテルをチェックアウト。到着時同様警察の先導のもと羽田へ移動。搭乗後間も無く離陸し、日本を発った。

以下はここでは余談となりますが、ビートルズはこの後、香港経由でフィリピンへ向かいます。マニラのリサール・メモリアル・スタジアムで、午後と夜の2公演。その後、彼らはイメルダ・マルコス大統領夫人主催のパーティに招かれます。しかし、事前に断りを入れていたにもかかわらず、間に立っていた現地プロモーターがそれを夫人側に伝えておらず、ビートルズ・サイドは濡れ衣を着せられメディアを通じてまで非難されるという憂き目に。結果、一般市民からも不興を買い、興行の収入も取り上げられた上に出国も妨害され、災難だらけのフィリピン・ツアーとなったのでした。この時のことは本人たちも、後々「散々な経験」として振り返っています。その後は米国へ渡り、同年8月の終わりまで全米ツアーが続きます。しかし、これを最後に彼らはライヴ活動に終止符を打ち、以後解散まで興行としてのライヴ演奏を行なうことはありませんでした。

ということでお送りして来ました、全5回のビートルズ来日週間特集。まさに狂騒の五日間でした。これももう54年前のこととなるのです。

Thanks! MUSIC LIFE CLUB

和久井光司×サエキけんぞう×藤本国彦 ビートルズ LET IT BE 大バカ話会 第2弾 本日配信
ビートルズ大バカ話会

和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.63(振替公演) THE BEATLES LET IT BE Core Talk Session
出 演 和久井光司、サエキけんぞう、藤本国彦
ゲスト 白木哲也
日 時 7月3日(金) 19:00 開場 , 19:30 開演
会 場 CLUB CITTA' 川崎 アティック (クラブチッタ2F)
サイト 無料生配信 , 投げ銭
その他 会場観覧(限定15名)は予約者のみ。info@clubcitta-attic.com で受付中。料金は3000円(ドリンク代別)。

文藝別冊「ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』~解散から半世紀」の主要執筆陣によるトーク・ショウ第2弾 ビートルズ LET IT BE 大バカ話会 が7月3日(金)19:30より、YouTube で配信されます。発売前から Amazon 音楽本チャート1位、わずか1ヶ月で増刷となった文藝別冊「ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』~解散から50年」の主要執筆陣による”ヒット御礼トーク・ショウ”を開催! ゲット・バック・セッションから生まれた最後のアルバムと、それが後の音楽/文化に与えた影響を、下世話なネタも含めて徹底的に語り尽くす、充実(爆笑)の2時間30分! チャンネル登録していただけば、あとからでも無料でご覧になれます。コロナ対策で客席を半分に減らしておりますので、全国の皆さま、投げ銭をお願い致します。


Thanks! 和久井光司


関連Blog
6/28のBlog 和久井光司×サエキけんぞう×藤本国彦 ビートルズ LET IT BE 大バカ話会 第2弾 7月3日配信
6/26のBlog オンラインイベント ビートルズ大バカ話会 7月3日無料生配信&会場観覧限定15名
5/10のBlog 和久井光司×サエキけんぞう×藤本国彦 ビートルズ LET IT BE 大バカ話会 5月10日配信


モンティ・パイソンの SPAMALOT 再演決定!
モンティ・パイソンの SPAMALOT

2021年1月から2月にかけて、福田雄一演出のミュージカル モンティ・パイソンの SPAMALOT の再演が決定した。本作は“コメディ界のビートルズ”と称される英国の人気コメディ・グループ、モンティ・パイソンの大ヒット映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」を元に作られたミュージカル作品。出演に山田孝之、賀来賢人らを迎え、6年ぶり3度目の上演が実現する。モンティ・パイソンのメンバーであるエリック・アイドルが脚本と作詞を担当し、全世界で上演されている本作には、ヨーロッパの有名な物語「アーサー王と円卓の騎士」をモチーフにした爆笑ギャグ満載のほか、数々の人気ブロードウェイ・ミュージカルのパロディがちりばめられている。名シーンや“いわゆるミュージカル”らしい大げさな歌、台詞、ストーリー展開を容赦なくいじり倒すほか、あらゆるタブーまでもギャグに変換。その奇抜なセンスに注目が集まり、2005年ブロードウェイ初演時には、トニー賞14部門ノミネート、そして最優秀ミュージカル賞含む3部門を受賞した。日本では2012年に初演、2015年に再演されている。今回、主演のアーサー王役を演じるのは山田。賀来は2012年の初演時にはガラハッド卿役を演じていたが、今回ランスロット卿役に挑戦する。山田と賀来が共演するのは、これが初。

モンティ・パイソンの SPAMALOT featuring SPAM
東京公演 2021年1月18日(月)~2月14日(日) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
大阪公演 2021年2月18日(木)~2月21日(日) オリックス劇場
福岡公演 2021年2月26日(金)~2月28日(日) 福岡市民会館大ホール


Thanks! エンタステージ


関連Blog
2011/8/30のBlog エリック・アイドル初来日 モンティ・パイソンのスパマロット製作発表


ブライアン・エプスタインの伝記映画が制作中
Midas Man - Brian Epstein

オジー・オズボーン、レディー・ガガ、マドンナ、メタリカ、U2、マルーン5ら数多くのミュージック・ビデオを手掛け、ポール・マッカートニーの「Live Kisses」でグラミーを受賞したスウェーデン出身の映像作家ジョナス・アカーランドが、ビートルズのマネージャーだったブライアン・エプスタインの映画「Midas Man」を監督することが決まった。米エンタメ情報サイト Variety によると、制作会社の Trevor Beattie Films らプロデューサー達は映画について「成功の喜び、とてつもないリスクに対するプレッシャーや満たされない欲望を描く情緒的でウィットに富んだ感動的な物語になる」とコメント、アカーランドについては「彼はロックンロールの心を持ち、音楽と音楽業界を理解している」とコメントしている。アカーランドは「ブライアン・エプスタインの物語には僕が求めているもの全てがある。彼は誰も知らなかった道を知っており、他の誰も見ていなかったことを見ていたように思う。僕はそこが好きなんだ。彼のビジョンは驚異的で、それまで存在していなかったカルチャーを創り出した」「ブライアンの心の中を見て回るような映画になる。僕は彼を蘇らせたい」と話している。アカーランドは最近ではオジー・オズボーンの「Under The Graveyard」のミュージック・ビデオを監督。オジーと妻シャロンの物語をショート・フィルムのように描いた。マドンナの「The Confessions Tour」とポール・マッカートニーの「Live Kisses」で2度グラミー賞最優秀音楽映画を、同じくマドンナの「Ray Of Light」で最優秀ミュージック・ビデオを受賞している。長編映画ではホラー・スリラー「Lords Of Chaos」「ポーラー 狙われた暗殺者」などを監督している。

Thanks! Ako Suzuki



Web配信
7/3 19:30 和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.63(振替公演) THE BEATLES LET IT BE Core Talk Session
7/8 9:00 Ringo's Big Birthday Show (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター出演)
7/24 16:00~18:00 「ゲット・バック・ネイキッド~1969年、ビートルズが揺れた22日間」刊行記念トークライブ Vol.3

TV , ラジオ
7/5 23:00~24:00 SUNSTAR 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし (星加ルミ子出演) TBSラジオ

イベント
7/7 19:00 リンゴ・スター傘寿祝い記念 ~ 川柳つくしロック落語会
7/19 16:00 風祭東&藤本国彦が選ぶ ビートルズ私的ベスト10!!
7/19 18:15 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2020
8/18 19:00 Piccadilly Circus LIVE 2020 ~ピカデリーサーカスがまたやって来る、アレ!アレ!アレ!~ 大阪公演
8/21 19:00 Piccadilly Circus LIVE 2020 ~ピカデリーサーカスがまたやって来る、アレ!アレ!アレ!~ 東京公演
10/9~1/11 DOUBLE FANTASY - John & Yoko 東京展
11/27 Record Store Day Black Friday 2020
12/31まで 企画展 (ビートルズ、ジョン・レノン)
2021/5~6 リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド 北米ツアー

本 , 雑誌 , ムック
7/9 MUSIC LIFE 1960年代のビートルズ
9/29 George Harrison: Be Here Now
10/8 John & Yoko Plastic Ono Band
10/9 John Lennon 1980 : The Final Days in the Life of Beatle John
年内 ポール・マッカートニー逮捕40周年 一体、あれは何だったのか!?(仮)
年内 ツナの缶詰(タッグ・オブ・ウォー図鑑)

デジタル配信
7/17 ポール・マッカートニー EP「ビューティフル・ナイト」

CD
7/29 ビートルズ サージェント・ペパーズ・セッションズ
7/31 ポール・マッカートニー フレイミング・パイ 5CD+2DVD+4LP
7/31 ポール・マッカートニー フレイミング・パイ 5CD+2DVD
7/31 ポール・マッカートニー フレイミング・パイ 2CD
7/29 フェイマス・グルーピーズ リハーシング・ザ・マルチヴァース・エクスパンデッド・エディション
9/4 AngelHeaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T.Rex (ジュリアン&ショーン・レノン参加) 2CD+2LP(白)+2LP(黒) UK盤
9/4 AngelHeaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T.Rex (ジュリアン&ショーン・レノン参加) 2CD+2LP(白) UK盤
9/4 AngelHeaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T.Rex (ジュリアン&ショーン・レノン参加) 2CD UK盤
10/8? ジョン・レノン ジョンの魂 50周年記念盤
年内? ジュリアン・レノン ニューアルバム
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

アナログ盤
7/31 ポール・マッカートニー フレイミング・パイ 3LP
7/31 ポール・マッカートニー フレイミング・パイ 2LP
8/29 ジョン・レノン Instant Karma! (2020 Ultimate Mixes) (Record Store Day 2020 限定盤)
8/29 ポール・マッカートニー McCartney (Record Store Day 2020 限定盤)
8/29 ラヴィ・シャンカール Chants Of India (Record Store Day 2020 限定盤)
9/4 AngelHeaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T.Rex (ジュリアン&ショーン・レノン参加) 2LP(白) UK盤
9/4 AngelHeaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T.Rex (ジュリアン&ショーン・レノン参加) 2LP(黒) UK盤
10/8? ジョン・レノン ジョンの魂 50周年記念盤
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

映画
12/8 John Lennon : The Final Year
年内? ザ・クオリーメン
2021/8/27 ビートルズ The Beatles: Get Back
2021年? ビートルズ Let It Be (完全復元版)

フレイミング・パイ

国内盤
5CD+2DVD+4LP コレクターズ・エディション 【UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤】
5CD+2DVD デラックス・エディション
2CD スペシャル・エディション
3LP 【直輸入盤仕様】
2LP 【直輸入盤仕様】

輸入盤
5CD+2DVD+4LP Collector's Edition
5CD+2DVD Deluxe Edition
2CD
3LP
2LP