つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings 1980 Japan Tour
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、家族にしか聴かせたことがないクリスマス・アルバムがあると語る
_110115676_maac1_976bbc.jpg

ポール・マッカートニーは年に1度クリスマスに集まる時に「家族にしか」聴かせたことがないクリスマス・アルバムをレコーディングしたことがあると明かした。「何年か前に、あまり良いクリスマスのアルバムが無いなっていうふうに思ったことがあってね。そういうわけで、スタジオで何年かかけて作業をして、自分で1枚を作ったんだ」とポール・マッカートニーは英 BBC Radio 4 の番組 World at One on に出演して語っている。ポールは司会のサラ・モンタギューに対して「クリスマス・アルバムのデモをリリースする予定はない」とした上で、自身の子供や孫たちの間ではお気に入りのアルバムになっていると明かしている。「子供たちは気に入ってくれていてね。彼らは何年にもわたって聴いてくれているんだ。今では孫たちも僕のクリスマス・アルバムを聴かされているよ」と彼は語っている。又、ポールは同じインタビューの中で、来年ヘッドライナーを務めるグラストンベリー・フェスティバルのステージにどのように臨もうとしているかについても言及しており、自身をオリンピックに出場するアスリートになぞらえている。ポールはグラストンベリー・フェスティバルに先駆けて「入念な準備」をするために10公演をこなすつもりだと語っている。「事前に何レースかこなすことなくオリンピックに臨むようなアスリートはいないわけでね。考え方として、グラストンベリー・フェスティバルに出演する頃には、あくまでもギグの1つだっていうことを思えているようになりたいんだ。もちろん、そうにはならないんだろうけどさ。とても特別なものだからね」とポール・マッカートニーは語っている。ポールが出演したラジオ番組は12日13:00(英国時間)より放送された。こちら で聴けます。

Thanks! NME Japan

芸能人の薬物騒動で思い出す 1980年のポール・マッカートニー
37f4c4f6-d9f2-4dfd-b24d-c920c43608d8.jpg

いつの時代も世間を騒がせる、芸能人の薬物騒動。最近も有名女優が逮捕され、ワイドショーはその話題で持ちきりとなりました。一方で昭和の時代にも、海外の超大物が大麻所持で摘発されたことがあります。それが今回ご紹介する、1980年に起こったポール・マッカートニーの事件です。1980年、ポール・マッカートニーがウイングスの日本公演のために来日。成田空港に到着するものの、大麻219グラムを所持していたため、麻薬取締法違反の現行犯で逮捕。翌17日にウイングスの全公演中止を発表。事件が発生したのは1980年1月16日のこと。当時ポールが組んでいたバンド、ウイングスが来日公演のため成田空港を訪れた際、税関で大麻所持を指摘され、麻薬取締法違反の現行犯で逮捕されてしまいました。所持していた大麻が“219グラム”というとんでもない量であることも話題に。その結果、日本武道館などで予定されていたライブツアー「Wings Japan Tour 1980」は全て中止となり、バンドとしての活動も休止状態に陥ってしまいました。そして翌1981年、メンバーのデニー・レインがバンドを脱退したことで、ウイングスは自然消滅となりました。1970年のビートルズ解散から、大麻所持による逮捕前夜までの、ポールの足取りを少し掘り下げてみたいと思います。1970年4月10日、ポールはビートルズからの脱退を宣言しました。これによりビートルズは事実上解散。その直後にファースト・ソロ・アルバム「マッカートニー」を発表し、ミュージシャンとしての再スタートを切りました。翌1971年には、妻のリンダ及び元ムーディー・ブルースのデニー・レインを中心にロックバンド「ウイングス」を結成。以降、「マイ・ラヴ」「心のラブソング」「幸せのノック」といったヒットを立て続けに飛ばしました。これは、ポール以外のビートルズの元メンバーのソロ活動が70年代半ばに低調になっていたのとは対照的であり、「ウイングスのステージを聴きに来たファンが「ビートルズって何?」と言った」という噂があるほどに、ビートルズの元メンバーという肩書からの脱却に成功していたと言えます。1977年9月には、長男のジェイムズが誕生。リンダの産休中に「夢の旅人」を発表しており、この曲は全英シングルチャートで9週連続1位となる大ヒットとなりました。そして、1979年にはパンクやニュー・ウェイブなどから影響を受けたアルバム「バック・トゥ・ジ・エッグ」を発表。1980年の初の来日公演に向けて準備万端だったのですが、前述の通り大麻騒動を引き起こしてしまいました。結果的に、「バック・トゥ・ジ・エッグ」はウイングスのラストアルバムとなっています。大麻騒動により活動の停滞を余儀なくされたポールですが、ジョージ・マーティンをプロデューサーに迎え、ニューアルバムの制作に取り掛かりました。しかし、そんな中1980年12月8日に発生したのが「ジョン・レノン射殺事件」です。突然のジョンの訃報に、ポールの精神的なショックは非常に大きく、アルバムの制作は休止状態に。それ以後、ウイングスは活動を再開することなく、前述のデニー・レインの脱退により事実上の解散となりました。ポールの大麻、そしてジョンの死去と、ビートルズ関係者にとって「最悪」の年となった1980年。その後のポールですが、ウイングスの消滅後はソロ活動を再開、1982年にはジョンの死去により制作を休止していたアルバム「タッグ・オブ・ウォー」をソロ名義で発表しました。その後も精力的な活動を続けたポールですが、日本においては大麻の一件で入管のブラックリストに登録されたため、入国は不可能に。しかし1989年、日本における公式ファンクラブ「ビートルズ・シネ・クラブ」が行った署名活動により、日本への入国が特別に許可されたことで、それ以降は日本での公演が可能となりました。日本のファンからの支援の下、翌1990年3月には、1966年のビートルズ公演以来24年ぶりとなる待望の来日公演が実現。その後も定期的に来日しており、2015年の公演「Out There! Japan Tour 2015」においては、49年ぶりとなる日本武道館でのライブを実現させました。そして2017年には「One On One Tour 2017」、2018年には「FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018」で東京ドームなどを使用したツアーを開催しています。近年、積極的に日本を訪れているポール。今後も精力的な活動が期待されます!

Thanks! ガジェット通信

CD フェイマス・グルーピーズ リハーシング・ザ・マルチヴァース 1月29日発売
超ハイレベルなポール・マッカートニー・フォロワー、フェイマス・グルーピーズのアルバム リハーシング・ザ・マルチヴァース が帯ライナー付国内盤仕様で、1月29日に発売されます。本作収録の「Wings」が気になります (^ ^)w

Rehearsing The Multiverse - Famous Groupies

リハーシング・ザ・マルチヴァース / フェイマス・グルーピーズ 1月29日発売
知られざる超ハイレベルなポール・マッカートニー・フォロワー現る! フェイマス・グルーピーズの CD が初リリース!! ビートリッシュを標榜するバンドやアーティストは数多くあれど、ここまで「ポール」にフォーカスした男がいただろうか? 「レッド・ローズ・スピードウェイ」を模したアルバム・ジャケットも相当素晴らしいが、中身はそれ以上に素晴らしい。Kirkcaldy McKenzie なる英グラスゴー出身の人物によるソロ・プロジェクトかと思われますが、ポールの「らしい」部分を集約した曲ばかり。強力にドライヴするR&R、愛らしいフォーキー小品、ウイングス風のバンドサウンドまで、ポール好きなら思わず「あるある~」と笑みがこぼれるサウンド満載です。声も似てるしサウンドの再現度も相当なもん。エミット・ローズにも聴かせてあげたい才能が21世紀に誕生しました♪

Don't Bury Me
Wouldn't That Be Lovely?
We All Fall Down
Tonight
Be There My Love
Argentines & Trampolines
Fordlandia (Ford's Folly)
The Traveller
Rehearsing The Multiverse
Love Will Find A Way
Wings
Coney Island Lily
No Matter What (It's Only Love)
She Can'S Say No
Let It Go
What A Day
Turrah

Thanks! ORENGE RECORDS


関連Blog
11/14のBlog CD フェイマス・グルーピーズ Rehearsing The Multiverse 12月下旬米国発売


志村けん、ビートルズTシャツを着て、美女と麻布十番へ
20191212-00000004-friday-000-1-view.jpg

11月中旬、六本木の雑居ビルから出てきたのは、ベースボールキャップにビートルズのロゴの入ったTシャツを着た志村けんを発見。大勢の見送りを受けながら、キャデラックの後部座席に乗り込む。実は、志村が車に乗る直前には、マスクをつけた小島瑠璃子似の若い美女が後部座席に乗り込んでいた。バカ殿の隣には、やはり“腰元”ならぬ美女が似合うようだ。「9月には、志村けんが倒れて緊急搬送されたと、一部週刊誌が報じました。芸能界は騒然としましたが、2週間後にはいつも通りガールズバー通いを再開させていたようです。“夜遊び”にかけるパワーは、まさに昭和の大物芸能人ですね」(スポーツ紙記者) 志村と美女を乗せたキャデラックは、彼の“庭”である麻布十番へ。行きつけのガールズバーへ出陣かと思われたが、商店街にある昭和な雰囲気が漂う喫茶店の前に車を横付け。志村と美女は店の中に入っていく。すでに喫茶店には5~6人の関係者が待っており、そこに2人は合流。真剣な表情で打ち合わせを行っていた。これからも美女を連れて飲み歩くカッコイイ姿を見せ続けてもらいたいものだ。

Thanks! FRIDAY

40年前の今日 ウイングス日本公演発表!

Thanks! fabmcc



イベント
12/14 50年目の『アビイ・ロード』と『レット・イット・ビー』 39年目のジョン・レノン
12/15まで 写真展 ROCK THE BEST 長谷部 宏
12/29 ポール・マッカートニー研究会 Vol.9 ウイングスUKツアー/カンボジア難民救済コンサート40周年記念忘年会
12/31まで 前田健人・牧本雅弘(Masahiro Makimoto)共同企画 ビートルズ・アンケート
1/11 50年目の『アビイ・ロード』と『レット・イット・ビー』 ゲット・バック・セッション [Part.1]
1/16 ウイングス祭りトークイベント ポール・マッカートニー逮捕40周年 一体あれは何だったのか!?
2/8 50年目の『アビイ・ロード』と『レット・イット・ビー』 ゲット・バック・セッション [Part.2]
3/14 50年目の『アビイ・ロード』と『レット・イット・ビー』 「ゲット・バック」と「レット・イット・ビー」
4/5 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2020

本 , 雑誌 , ムック
12/17 大人のロック! プレイリストで聴くビートルズ(仮)
2020年? ジミー・マッカロック伝記本

TV , ラジオ
12/17 23:00~24:00 Song To Soul サムシング ビートルズ BS-TBS

CD
12/31まで ザ・ビートルズ ”イエスタデイ” カタログ・キャンペーン
2020年? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

Blu-ray , DVD
1/8 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! DVD
2020年春? ビートルズ レット・イット・ビー

アナログ盤
2020年 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

映画
2020年? ザ・クオリーメン
2020年? タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)

Freshen Up - Paul McCartney

2020年
5月23日 フランス ノール スタッド・ピエール=モーロワ
5月26日 フランス パリ パリ・ラ・デファンス・アリーナ(Uアリーナ)
5月29日 オランダ ネイメーヘン ゴッフェルト公園(屋外コンサート会場)
5月31日 フランス ボルドー ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドー
6月 4日 ドイツ ハノーファー AWDアレーナ
6月 7日 フランス リヨン パルク・オリンピック・リヨン
6月10日 イタリア ナポリ プレビシート広場
6月13日 イタリア ルッカ Mura Storiche - Lucca Summer Festival
6月17日 スペイン バルセロナ エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス
6月21日 ベルギー ウェルフテル TWクラシック・フェスティバル
6月27日 英国 グラストンベリー・フェスティバル

to be continued ...

ハード・デイズ・ナイト

上映中
東京 アップリンク渋谷
東京 アップリンク吉祥寺
新潟 高田世界館

12月14日(土)~12月30日(月)
愛知 名古屋シネマテーク

12月16日(月)~12月19日(木)
東京 立川シネマシティ

12月21日(土)~
神奈川 横浜シネマリン
富山 ほとり座
大阪 第七藝術劇場

12月21日(土)~31日(火)
茨城 あまや座

12月22日(日)~1月11日(土) ※ 12/23、12/30~1/2 休映
沖縄 ゆいロードシアター

12月27日(金)~1月10日(金)
京都 京都みなみ会館

2020年 1月4日(土)~10日(金)
静岡 シネマイーラ

1月11日(土)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、22日(水)、24日(金) 6夜限定レイトショー
宮崎 宮崎キネマ館

1月11日(土)~24日(金)
兵庫 神戸ビレッジセンター

1月25日(土)~2月7日(金)
栃木 宇都宮ヒカリ座

エセルとアーネスト ふたりの物語

上映中
北海道 札幌シアターキノ

12月14日(土)~12月27日(金)
埼玉 川越スカラ座

12月14日(土)~12月29日(日)
群馬 前橋シネマハウス

12月20日(金)~12月26日(木)
岡山 シネマクレール丸の内

12月21日(土)~
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ

12月21日(土)~1月10日(金)
東京 ユジク阿佐ヶ谷

12月23日(月)~1月10日(金)
長野 上田映劇

12月28日(土)~1月3日(金)
静岡 CINEMAe_ra

12月28日(土)~1月16日(木) ※ 休館 1/1~1/2
京都 出町座

1月4日(土)~1月10日(金)
神奈川 川崎市アートセンター アルテリオ映像館
福井 福井メトロ劇場

1月11日(土)~1月17日(金)
北海道 シネマ・トーラス

1月11日(土)~1月31日(金)
東京 下北沢トリウッド

1月18日(土)~1月31日(金)
栃木 宇都宮ヒカリ座

1月31日(金)~2月6日(木)
宮城 チネ・ラヴィータ

2月16日(日)~3月7日(土)
神奈川 CINEMA AGMIO

近日公開
兵庫 神戸元町映画館