つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings 1980
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


River Birds、無料生ライブ配信! 4月3日夜 六本木アビーロードより
六本木アビーロードで活躍中のビートルズ・トリビュート・バンド、River Birds が今夜、公式 YouTube チャンネル にて、2ステージ無料LIVE配信します。今一番注目してるビートルズ・バンドなので楽しみです (^ ^)b


River Birds 無料生ライブ 4月5日(日) 六本木アビーロード
1st 19:30~19:50
2nd 20:15~20:35


・初めての試みのため、状況により時間が前後する場合があります。
・国内の感染拡大状況により、中止になる場合があります。

一度も六本木 ABBEY ROAD にお越しなったことのない方の為にも、なるべく普段のライブの雰囲気を再現して、お送り致します。
YouTubeのコメント機能を利用して、リクエスト、コメントお待ちしております。
そして、いつも2ステージ目に行なっている、お誕生日のコーナーもやります。4月生まれの方、コメントお待ちしております。
ライブは配信後、削除致します。お見逃しなくっ!!
この機会に是非、チャンネル登録をお願い致します!!

River Birds

Thanks! アズミン@River Birds

WINGSFAN AWARDS 2019
ポール・マッカートニー&ウイングス

WINGSFAN AWARDS 2019 ~ Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings Reader's Poll ~
第14回 WINGSFAN AWARDS (ウイングスファン賞)を開催します。WINGSFAN AWARDS とはポール・マッカートニー&ウイングスの偉業を称え、前年(2019年)の元旦から大晦日までの1年間にリリースされたウイングス及びメンバー関連の作品や出来事などの中から WINGSFAN AWARDS 実行委員会が各部門ごとに数点ノミネート、ファン投票により最も優れた作品及び対象者を表彰するものです。投票期間は2020年4月6日23:59まで。受賞発表は4月8日に行なう予定です。奮って投票よろしくお願いします (^ ^)w









年間最優秀 BD & DVD
< 2019年度ノミネート対象作品無し >









Thanks! WINGSFANS

LIVE ピカデリーサーカスがまたやって来る! 大阪・東京公演発表
1999年1月にシングル「Baby! It's all right」でCDデビュー、アルバム「Piccadilly Circus」「Summer of love」のリリース後、活動を休止していたピカデリーサーカスが、デビュー20年を記念して再びステージにやってくる! ブリティッシュフレーバーあふれる鮮やかな“サーカス・ポップス”をぜひ!

Piccadilly Circus

Piccadilly Circus LIVE 2020 ~ピカデリーサーカスがまたやって来る、アレ!アレ!アレ!~
出演 Piccadilly Circus (杉真理(Vo, G) / 松尾清憲(Vo, G) / 伊豆田洋之(Vo, P) / 風祭東(Vo, B) / 橋本哲(G) / 上田雅利(Dr) / 小泉信彦(Key) / 山本圭右(G))

大阪公演
日時 5月25日(月) 開場 18:15 / 開演 19:00
会場 梅田 Banana Hall (大阪市北区堂山町1-21モンテビルB-1 06-6809-3016)
料金 前売 7400円 , 当日 7900円 (税込、全席指定、別途1ドリンク要、未就学児童もチケット要)
主催 BananaHall
企画 ドリームランド
制作 チームアクティブ

チケット
一般発売 4月18日(土)
チケットぴあ Pコード 182-723 0570-02-9999
ローチケ Lコード 53075
e+ イープラス

東京公演
日時 6月2日(火) 開場 18:15 / 開演 19:00
会場 SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (渋谷109並び、渋谷プライムビル6F)
料金 前売 7700円 , 当日 8200円 (税込、全席指定、別途1ドリンク要、未就学児童もチケット要)
主催 SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
企画 ドリームランド
制作 チームアクティブ
協力 GRATEFUL

チケット
一般発売 4月18日(土)
チケットぴあ Pコード 近日発表 0570-02-9999
ローチケ Lコード 71426 0570-084-003
e+ イープラス

・会場での販売はありません
・各ファンクラブの先行予約はありません。プレイガイド先行、一般販売をご利用下さい。

ピカデリーサーカス

Thanks! 伊豆田洋之

NHK‐FM、1年間限定でビートルズ番組オンエア 初回は1964年までの作品特集
ディスカバー・ビートルズ

ディスカバー・ビートルズ 4月5日から毎週日曜 21:00~22:00 NHK-FM
昨年4月から1年間、マイケル・ジャクソンを徹底的に特集したラジオ番組「ディスカバー・マイケル」を放送した NHK-FMが、新年度からシリーズ第2弾 ディスカバー・ビートルズ を放送する。1年間限定でビートルズを特集する。解散から50年を迎える今も史上最高の人気ロックバンドと称されるビートルズ。彼らが生んだ数々の名曲が後世に与えた影響を様々な角度から検証し、新たな魅力を発見する。案内役は小学校5年生の時にビートルズに出会って衝撃を受けたという、ミュージシャンの杉真理(月末回以外)と、マイケル・ジャクソンからビートルズを知ってその魅力にはまったという TRICERATOPS の和田唱(月末回のみ)。絶妙なバランス感覚とマニアックさを兼ね備えた2人が、それぞれの立場からビートルズ の新たな一面に迫る。また、番組ロゴのイラストは最終週を担当する和田の父によるもので、ビートルズなどの洋楽が大好きだった和田誠の作品から番組にふさわしいものを選び、親子で番組を盛り上げる。記念すべき第1回は「シングル・ヒット・セレクション Part1」と題して、1964年までの作品を特集。第2回以降はビートルズのシングルヒットを通じて、彼らの全容を紹介。5月以降、時代を追って様々な角度から彼らの魅力を掘り下げていく。「ビートレスク」のコーナーや「I Love BEATLES!」のコーナーもあり、リスナーからのリクエスト&メッセージも受け付ける。

杉 真理
とにかくビートルズは切り口がすごくあるので、もう1回僕も勉強し直して新しい、何か初めて会ったような気持ちになるようなエピソードや捉え方をしていきたいと思っています。ビートルズの曲は、1曲1曲全部違っていて、同じことを2度やらないのがすごいところなので、それらが世の中のアーティストに与えた影響とか、カバーの聴き比べとか、あまり知られていないエピソードなどを掘り下げていき、おもしろい番組にしますので一緒に楽しみましょう!

和田 唱
友人、西寺郷太が1年間マイケル・ジャクソンを語るという大役を成し遂げた「ディスカバー・マイケル」。その第2弾番組として、今度は大好きな先輩、杉真理さんがビートルズを1年間語る。そして、月の最終週を毎回僕が担当できるという名誉な任務をいただいた! 郷太くん(「ディスカバー・マイケル」案内役の西寺郷太)もそうだが、杉さんは語りのプロフェッショナルでもある。だから基本ラインは杉さんに託し(笑)、僕は不器用ながらもマニアックに、時に横道に逸れながらビートルズ愛を語れたら、と思っている。「ディスカバー・ビートルズ」、1年間よろしくお願いします。
コメントする・

杉真理 , 和田唱

Thanks! NHK-FM


関連Blog
3/29Blog FM ディスカバー・ビートルズ 4月5日放送開始 毎週日曜夜オンエア


米国のアルバム・セールス、新型コロナウイルスの影響で50年以上ぶりの低水準に
Album Sales Hit New Weekly Low in U.S.

新型コロナウイルスのパンデミックは音楽業界にも影響を与え続けており、米国のアルバム・セールスは50年以上ぶりの低水準となっている。新型コロナウイルスの感染拡大によってライヴやツアー、フェスティバルの延期・中止が続いており、新型コロナウイルスの感染拡大によってストリーミングの再生回数が落ちていることも報じられていた。米 Billboard 誌によれば、3月19日週のアルバム・セールスは合算で152万枚で、これは1960年代半ば以来の低水準となっている。オンラインでの販売は行われているものの、都市封鎖と外出制限によってレコード店が閉店していることがフィジカルのアルバム・セールスに影響を与えている。また、Amazon はアナログ盤の出荷をストップしており、生活必需品を優先させている。先日、アルファ・データは3月13日から3月19日の1週間で米国のストリーミングの再生回数が7.6%下落したことを明らかにしている。この週は米国で初めて外出制限が敷かれ、不必要な店舗を閉店した週となっている。一方、フィジカルの販売数を急増させてきた今年のレコード・ストア・デイは新型コロナウイルスの影響で4月18日から6月20日に延期されている。

Thanks! NME Japan

東芝の悲劇は音楽事業からの撤退から始まった...
ビートルズ

音楽事業を切り捨て、原子力事業を推進した結果が1兆円超える損失に。日本を代表する大手電機メーカー「東芝」の顛末記である。東芝は2016年4~12月期の決算報告を11日に発表した。それも監査法人の「適正意見」もつけない上場企業としては異例の発表となった。それによると最終損益は5325億円の赤字となり、2016年12月末には2256億円の債務超過に陥った。2017年3月期の最終損益は1兆100億円もの赤字を見込んでいるという。経営危機を引き起こした要因は、東芝の子会社だった米原子炉技術大手のウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の経営破綻。巨額損失を実態より少なくするようにWH幹部が部下に圧力をかけていたという。現状はどうであれ東芝の原子力事業への投資の失敗が悲劇を及ぼしたわけだ。このニュースを耳にした時、東芝が音楽事業を切り捨てて原子力事業に突っ走った当時のことを思い出した。国策だったのかもしれない。とは言え、結果的には目先の利益しか考えようとしなかった東芝のトップの判断が、今回の悲劇を導いたことは明白だろう。

東芝EMI本社音楽メーカー 東芝EMI の消滅
2006年から2007年にかけてのことだった。「東芝EMIがなくなる」。当時、そんな記事を何度ともなく書いた。十年一昔と言うが、10年の月日が経って、今度は東芝そのものが先行き不透明の瀬戸際に立っているのである。因果なものだ。東芝EMIは1960年に東京芝浦電気(東芝)の音楽ソフト部門が「東芝音楽工業」として分離独立したのがスタートだった。その後、1973年には英国のEMIミュージックが資本参加し、名称を「東芝EMI」とした。当初は共に50%の出資比率だったが、その後、東芝が45%、EMIミュージックは55%という比率になった。この持株に関しては諸説あるが、結果的には東芝というよりEMIミュージック傘下の外資系レコード会社として歴史を刻んできたことになる。言うまでもなく世界のレコード・メーカーは4つあった。その中でEMIミュージックは全世界50都市に拠点を持ち14%のシェアを維持していた。具体的にはユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメントに続いて第3位にランクされていた。国内売上だけをみると、およそ500億から450億円だった。世界的なレーベルだけに所属アーティストも大物揃いだった。ビートルズ、ポール・マッカートニー、デビッド・ボウイ、ミック・ジャガー、レディオ・ヘッド、ピンク・フロイド、ローリング・ストーンズ、ティナ・ターナー、レニー・クラヴィッツ... ドメスティックでは矢沢永吉、松任谷由実、小沢健二、アルフィー、長渕剛、宇多田ヒカル、椎名林檎、矢井田瞳など、合わせると1500組以上にのぼっていた。その他、オフコースやチューリップ、加山雄三、BOØWYなど過去の音源カタログも豊富だった。レーベルには「EMI」「Virgin」の他に「ブルー・ノート」「キャピタル」「クリサリス」「クラシックス」「Parlophone」等があった。名実共に世界を代表するレコード会社として君臨してきた。

音楽事業から原子力事業へ
しかし、「不況に強い産業」と言われ続けてきた音楽産業も1999年をピークにCD売上げが減り続けていく。その一方でデジタル音楽配信が急伸していった。そういった中で2005年に東芝の社長に西田厚聰が就任した(2009年に会長、2014年に相談役、2015年に辞任) 西田はパソコン事業で功績を残した、いわば功労者だった。社長に就任後は事業整理で財務体制の強化を図った。そこで真っ先に結論を出したのが「音楽事業からの撤退」だった。「社長就任と同時に積極的な設備投資に力を入れた」と言う。西田率いる東芝は、所有していた45%の株をEMIミュージックに売却することで合意した(2006年12月)。ところが、その譲渡価格はたったの210億円。この210億円を適正価格と見るかどうかは、もちろん価値観によって違うとは思うが、どう見ても叩き売りだろう。当時、東芝EMIとしての売上げは決して赤字ではなかった。「業界が低迷していく中でも業績は安定していた。当然、利益も上げていた」(当時の幹部) そう言えば、東芝はこの時に〝次世代DVD〟と言われた規格戦略でソニー、松下連合の「ブルーレイ・ディスク(BD)」に敗れ、それまで推し進めていた「HD DVD」の開発・生産からも撤退する羽目にもなっていた。音楽事業を切り捨てる一方で東芝は経営破綻したWHを買収したのである。その金額は54億ドル(日本円で6210億円)だった。社長に就任した途端、西田は原子力事業の推進のために音楽事業を犠牲にしたとも言えなくもない。しかし、それが経営方針だった。「音楽コンテンツ事業は当社グループの他の事業との関連性が低い状況になっている」。冷め切ったようなコメントを発表していたことを思い出す。いずれにしても東芝にとって、それまでの音楽事業は必要ないということだった。振り返ってみれば、日立にしても日本コロムビアを米投資会社のリップルウッドに売却して音楽事業から撤退している(現在の日本コロムビアはIT関連企業のフェイスが主要株主となっている) 一方、東芝から株式を譲渡されたEMIミュージックはどうだったのか? 当時、株式譲渡に関して東芝はEMIミュージック側から「提案された」とは言うが、現実にはEMIも財政難だった。しかし、「日本市場への期待感と同時に、グループ自ら100%の株式を保有することで、世界のリーディング・カンパニーとしてのEMIミュージックを、さらに発展させていこうという思惑があったのではないか」(音楽関係者) もちろん、その根底にあったのは日本の音楽マーケットが米国に次いで2位の市場だったことが大きい。結局、東芝はすんなりと株式を譲渡してしまい、東芝EMIは2007年6月30日に名称を「EMIミュージック」に変更。同時に本社移転が明らかになった。同社の本社は当時、東京・赤坂の溜池の交差点の近くにあった。9階建てビルが2つ。ちょうど首相官邸の隣である。本社ビルは「寺尾ビル」と呼ばれていた。寺尾聡が「ルビーの指環」を大ヒットさせた時に建てたからだ。もう一つは裏側の別館ビルだったが「ユーミン・ビル」と言われていた。文字通り松任谷由実のアルバム・ヒットで建てたという。さらに、本社ビルの1階は宇多田ヒカルの〝功績〟もあって、豪華にリニューアルした。これは「宇多田ロビー」と呼ばれていた。東芝が離れて、100%外資になった途端に〝宇多田ロビー〟のあった〝寺尾ビル〟と〝ユーミン・ビル〟はアッと言う間に売却されてしまい、移転と同時に取り壊されてしまった。今や影も形もない。そんなものだろう。そう言えば、2007年の大晦日の「第58回NHK紅白歌合戦」では寺尾聡が26年ぶりに出場し、「ルビーの指環」を歌っていた。あれは実にタイミングがよかった。因みに寺尾は第1部で歌ったが、視聴率は1部では最高の38.3%だった。話を戻すが、東芝から株式を譲渡されたEMIミュージックは、前述した通り資金難に陥っていて、現実的に経営は大変だった。「EMIグループはデジタル音楽配信の出遅れが経営に響いていたのです。東芝から株式を譲渡された以降、一時は英国の大手投資ファンド、テラフォーマからEMIグループに株の買収を提案したこともあったと言います。その買収金額は24億ポンド。日本円にして5700億円でした。これにEMIグループの負債を合算すると買収金額は日本円では7000億円以上になったそうです」(事情通) 結局、テラファーマとの買収交渉は消滅したが、2012年に音楽出版の「EMI音楽出版」はソニーに、そしてレコード部門をユニバーサルミュージックグループが買収した。レコード部門の買収金額は1463億円だった。西田は、当時のことについて「その時点で最適な経営判断をしたつもり」という一方で「僕は、もう1年以上も前に東芝を退職しているので、東芝とは何も関係がない」とうそぶいている。西田は今でも「原子力事業は非常に長いタイムスパンで考えないといけない」と言うが、創業113年を迎える〝東芝の悲劇〟は音楽事業を切り捨ててまで原子力事業に舵を切った時から始まったとも言えなくもない。そして、あるいは、亡き忌野清志郎の叫びが届いたのかもしれない。

宇多田ヒカル

Thanks! 渡邉裕二@BLOGOS

ムック ザ・ビートルズ 『レット・イット・ビー』 4月27日発売
ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』

ザ・ビートルズ 『レット・イット・ビー』 / 和久井光司 4月27日発売
「LET IT BE」50年目、そしてビートルズ解散50年目に、このアルバムを時代を検証しながら聞き直すための待望の一冊。和久井光司 責任編集、藤本国彦、佐藤良明、藤沢周 他。

サイズ A5版
ページ 200ページ
ISBN  978-4-309-98008-9

和久井光司
1958年生。総合音楽家。スクリーン等を経てソロ活動を開始し、ボブ・ディラン公認カバー集「ディランを唄う」等の作品を持つ。著書に「「at武道館」をつくった男」「放送禁止歌手 山平和彦の生涯」等。

Thanks! 河出書房新社



TV , ラジオ
4/5から毎週日曜 21:00~22:00 ディスカバー・ビートルズ NHK FM

CD
4/15 デニス・デ・ヤング 東26番地:Vol.1 (ジュリアン・レノン参加)
4/22 ポニーのヒサミツ Pのミューザック
4/24 ニール・イネス ハウ・スウィート・トゥ・ビー・アン・イディオット
4/24 アメリカ Heritage II: Demos/Alternate Takes 1971–1976 EU盤
4/29 ビートルズ リボルバー・セッションズ
5/15 ラヴィ・シャンカール ラヴィ・シャンカール・エディション
7/24 フレイミング・パイ <ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション> 5CD+2DVD
年内? ジュリアン・レノン ニューアルバム
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

Blu-ray , DVD
4/22 イエスタデイ 4K Ultra HD + Blu-ray Amazon.co.jp限定(非売品プレスシート + レコードプレーヤー抽選用デジタルシリアルコード付)
4/22 イエスタデイ 4K Ultra HD + Blu-ray + サウンドトラック(アナログ盤) Amazon.co.jp限定(非売品プレスシート + レコードプレーヤー抽選用デジタルシリアルコード付)
4/22 イエスタデイ 4K Ultra HD + Blu-ray
4/22 イエスタデイ Blu-ray + DVD Amazon.co.jp限定(非売品プレスシート + レコードプレーヤー抽選用デジタルシリアルコード付)
4/22 イエスタデイ Blu-ray + DVD
5/8 エセルとアーネスト ふたりの物語 Blu-ray
5/8 エセルとアーネスト ふたりの物語 DVD
7/3 ポール・マッカートニー IN THE WORLD TONIGHT UK盤
年内 ビートルズ レット・イット・ビー

本 , 雑誌 , ムック
4/28 ビートルズ LET IT BE
5/9 ゲット・バック・ネイキッド : ビートルズ幻のレコーディングの真実
9/29 George Harrison: Be Here Now
10/9 John Lennon 1980 : The Final Days in the Life of Beatle John
年内 ポール・マッカートニー逮捕40周年 一体、あれは何だったのか!?(仮)
年内 ツナの缶詰(タッグ・オブ・ウォー図鑑)

イベント
5月? アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ デビュー前のビートルズ
5月? アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ ビートルズがカヴァーした曲
6/13 アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ ビートルズをカヴァーされた曲
7/11 アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ ビートルズの日本公演
7/19 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2020
8/8 アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ ビートルズのアルバム・ジャケット
9/12 アナザー・サイド・オブ・ザ・ビートルズ ビートルズ・チルドレン

アナログ盤
6/20 ジョン・レノン Instant Karma! (2020 Ultimate Mixes) (RECORD STORE DAY 2020 限定盤)
6/20 ポール・マッカートニー McCartney (RECORD STORE DAY 2020 限定盤)
6/20 ラヴィ・シャンカール Chants Of India (RECORD STORE DAY 2020 限定盤)
6/30 ビートルズ Budokan 1966 Act 1 / June 30
7/1 ビートルズ Budokan 1966 Act 2 / July 1
7/24 フレイミング・パイ <ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション>
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

映画
9/4 ビートルズ The Beatles: Get Back
12/8 John Lennon : The Final Year
年内? ザ・クオリーメン

イエスタデイ

           
イエスタデイ

Freshen Up - Paul McCartney

5/23 フランス ノール スタッド・ピエール=モーロワ
5/26 フランス パリ パリ・ラ・デファンス・アリーナ(Uアリーナ)
5/29 オランダ ネイメーヘン ゴッフェルト公園(屋外コンサート会場)
5/31 フランス ボルドー ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドー
6/4 ドイツ ハノーファー AWDアレーナ
6/7 フランス リヨン パルク・オリンピック・リヨン
6/10 イタリア ナポリ プレビシート広場
6/13 イタリア ルッカ Mura Storiche - Lucca Summer Festival
6/17 スペイン バルセロナ エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス
6/21 ベルギー ウェルフテル TWクラシック・フェスティバル