つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


第9回 ミートフリーマンデー・ナイト 7月20日開催
第9回 ミートフリーマンデー・ナイト

第9回 ミートフリーマンデー・ナイト
日 時 7月20日(土) 18:00~20:00
会 場 nu dish (03-6263-2320 東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1F)
費 用 2000円 (おなか満足ヴィーガンプレート付き)
主 催 ミートフリーマンデー・オールジャパン事務局
後 援 日本ベジタリアン協会、アニマルライツセンター、ベジプロジェクトジャパン、ヒューメインリーグジャパン、グリーンカルチャー、SEE THE SUN、ニッコクトラスト(英国MFMサイト掲載企業)
申込方法 mfm.all.japan@gmail.com より事前登録の上、当日お支払いください。メールには「参加希望」と明記した上で、氏名と連絡先(メールや携帯など)をお書きください。
その他 定員(約70名)となり次第、締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください。

ポール・マッカートニーや英国MFM本部にも認められている日本で唯一のベジ&音楽イベント、ミートフリーマンデー・ナイト。第9回目となる今回は7月20日(土)18:00より、今話題のヴィーガン・レストラン nu dish(@銀座) で開催します。ポールが提唱しているミートフリーマンデー(週一ベジ)関連イベントとして、毎回、ビートルズ&ウイングス・ナンバーのライヴ演奏や美味しいヴィーガン料理をお供に、ベジ・ノンベジ関係なく楽しく交流していますので、皆さん、ぜひお気軽にご参加ください。一緒にミート・フリー・マンデー10周年をお祝いしましょう。

Thanks! ミートフリーマンデーオールジャパン Meat Free Monday All Japan

WINGSFAN日記 もうすぐ1000万アクセス
WINGSFAN今晩中に達成しそうな勢い。キリ番(10000000番)ゲットした方、エビデンスを添えて こちら までメール連絡下さい。何か見繕ってプレゼントします (^ ^)w

23:30前くらいに無事1000万アクセス達成しました。ご愛顧頂きありがとうございます。
さらなる精進を重ね、1億アクセス目指して頑張ります!

2019.7.18 梅市椎策@wingsfan

CD+DVD アラン・パーソンズ ザ・シークレット 7月24日発売
ウイングスのレコーディング・エンジニアを務めたことでも有名なアラン・パーソンズの新作 ザ・シークレット が7月24日に発売されます。

ザ・シークレット - アラン・パーソンズ

ザ・シークレット / アラン・パーソンズ 7月24日発売
1960年代からエンジニアとして、ビートルズの「アビイ・ロード」、ピンク・フロイドの「原子心母」「狂気」などロックの歴史を自らの手で創って来た伝説的アーティスト、アラン・パーソンズが未来に向けて発信するロック作品だ! 歴史的な名盤にエンジニアとして関わり、その名を残してきた伝説的なアーティスト、アラン・パーソンズのソロ名義によるニュー・アルバム。現在の音楽シーンのトップで活躍する大勢のミュージシャン達をゲストに迎えてレコーディングしたポップ・フィーリングを存分に感じさせるロック・アルバム。透明感に溢れる美しい楽曲は色あせること無く永久の輝きを放つ! ビートルズ、ウイングス、ピンク・フロイドなどのエンジニア、アレンジャー、プロデューサーを務めてきたアラン・パーソンズのニュー・ソロ・アルバム。楽曲ごとにアラン・パーソンズの人脈をフルに活かした多彩なゲストを迎えてレコーディングしており、ロック、ポップス、AOR、プログレッシヴ・ロックなどジャンルの枠に留まらない一流の楽曲を書き上げている。日本盤ボーナストラック1曲収録

Disc 1 CD
ザ・ソーサラーズ・アプレンティス
ミラクル
アズ・ライツ・フォール
ワン・ノート・シンフォニー
サムタイムズ
ソワレ・ファンタスティーク
フライ・トゥ・ミー
レクイエム
イヤーズ・オブ ~ グローリー
ザ・ライム・ライト・フェイズ・アウェイ
アイ・キャント・ゲット・ゼア・フロム・ヒア
アズ・ライツ・フォール(アコースティック・ヴァージョン) (日本盤ボーナス・トラック)


Disc 2 DVD HI RES Audio Disc
The Sorcerer's Apprentice (instrumental)
Miracle (lead vocal : Jason Mraz)
As Lights Fall (lead vocal : Alan Parsons)
One Note Symphony (lead vocal : Todd Cooper)
Sometimes (lead vocal : Lou Gramm)
Soirée Fantastique (lead vocal : Todd Cooper, Alan Parsons)
Fly To Me (lead vocal : Mark Mikel)
Requiem (lead vocal : Todd Cooper)
Years Of Glory (lead vocal : PJ Olsson)
The Limelight Fades Away (lead vocal : Jordan Huffman)
I Can't Get There From Here (lead vocal : Jared Mahone)
As Lights Fall (acoustic version) (lead vocal : Alan Parsons)


RECORDING MEMBERS
VOCAL : ジェイソン・ムラーズ、アラン・パーソンズルー・グラム、マーク・マイケル、P.J.オルソン、ジョーダン・ハフマン、ジャレッド・マホーン
GUITAR : スティーヴ・ハケット、ジェフ・コールマン、ダン・トレイシー、トニー・ロサッチ
BASS : ネイサン・イースト、ガイ・エレズ、ジェフ・ピーターソン
DRUM : ヴィニー・カリウタ、ダニー・トンプソン、カール・ソーレンセン
KEYBOARDS : トム・ブルックス、デイヴィド・ルッソ
ADDITIONAL KEYBOARDS : アラン・パーソンズ

PRODUCED BY アラン・パーソンズ
STUDIO
・ParSonics, Santa Barbara, California, Capitol Studios, Hollywood, California
・Eagle Wind Sound, Winter Park, Colorado
・Old Hickory Recording Company, Nashville, Tennessee
・Capricorn Sound Works, Nashville. Tennessee
・Luminous Sound, Dallas, Texas
・The Studios at Linden Oaks, Rochester, New York

RECORDED BY アラン・パーソンズ、Dave Donnelly
MIXED BY Dave Donnelly
MASTERED BY Dave Donnelly

Thanks! キングレコード

ポール・マッカートニー、「素晴らしき哉、人生」をミュージカルに
maxresdefault.jpg

ポール・マッカートニーは音楽家としての長いキャリアを重ねる中で、これまで映画音楽、オラトリオ(宗教楽曲)、詩集、児童書、そして100曲以上のヒットシングルを発表してきた。そして77歳になった今、次の初挑戦に乗り出した。舞台のミュージカルだ。ポールはフランク・キャプラ監督による名作映画「素晴らしき哉、人生」のミュージカル版を手がけている。人生に絶望して自殺しようとする男を守護天使が救う物語だ。映画が公開された1946年に4歳だったポールは「誰でも共感できる普遍的な物語」だと話している。プロデューサーのビル・ケンライトによると、ミュージカルの初日は2020年後半の予定。これまでにケンライトはロンドン・ウエストエンドでヒットした「Blood Brothers」や英国を全国ツアーで巡業しているミュージカル「ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート」などを手がけた。映画「ビリー・エリオット」(2000年)の脚本とその舞台ミュージカル版の戯曲や、最近ではエルトン・ジョンの半生を描いた映画「ロケットマン」の脚本を執筆したリー・ホールが「素晴らしき哉、人生」の戯曲を担当する。楽曲の歌詞もポールと一緒に手がける。ミュージカル「ビリー・エリオット」でオリヴィエ賞やトニー賞を受賞したホールは「自分が一番好きな映画が「素晴らしき哉、人生」だ。すべてが詰まっている。笑いとペーソス、そして貴重な人間性で、何世代にもわたって観る人の心を動かしてきた」と作品を語った。「この作品を舞台化する機会を与えられるのは、それだけでとてつもなく光栄なことなのに、それをポール・マッカートニーと一緒にやるなんて、もうあり得ないほどだ。ポールはウイットにあふれて、感情表現は素直で、メロディーはあまりに素晴らしい。おかげで、この名作の物語に、まったく新しい深みと広がりをもたらしている。自分こそ守護天使に見守られているんじゃないかと思う」。映画「素晴らしき哉、人生」がミュージカル化されるのは今回が初めてではない。1986年にはシェルドン・ハーニック(「屋根の上のバイオリン弾き」)の歌詞とジョー・ラポーソ(「セサミ・ストリート」の「Cはクッキー」など)の楽曲によるバージョンがミシガン大学で初演された。しかし、フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン作の短編小説「The Greatest Gift」が原作のため、作品の権利関係について大いにもめ、初日が繰り返し延期された。商業的興行がようやく始まったのは1991年になってのことだったが、作曲者のラポーソはすでに癌で死去していた。2006年にはニューヨークのオフ・ブロードウェーでリバイバル上演されたものの、劇評の賛否は割れ、米紙ニューヨーク・タイムズは映画のあらすじ改変を批判し、「ずしんと感動する要素がない」と書いた。「かつては素晴らしき人生だったのに」というのが、同紙の劇評家アニータ・ゲイツの判定だった。最近ではキース・ファーガソンとブルース・グリアーの戯曲・楽曲コンビによるバージョンが、今も米国内を巡業して学校や教会で上演されている。マッカートニー版を企画するプロデューサーのケンライトは、先行の米国版が形になるはるか前から「素晴らしき哉、人生」をミュージカルにしたいと考えていたのだと話す。プロデューサーとして出発した直後にすでに、キャプラ監督に手紙を書いてミュージカル化の許可を求めたほどだという。「素晴らしく素敵な手書きの返事」が監督から届いたものの、答えは「ノー」だった。しかしそれから数十年後に「いきなり」ミュージカル化の権利をオファーされたので、ポールに楽曲を書かないかと打診してみた。「こういうことは大体そうだが、これも一通のメールから始まったんだ。ミュージカルを書きたいと思ったことは実際あまりないんだが、ビルと一緒にリー・ホールと会って軽く話をしてみたら、これは面白いし楽しいかもしれないと思い始めた」とポールは言う。ポールが最初に用意したデモ・テープは「予想を超えるものだった。聴いていると、思ってもみなかったところに運ばれる。最初は素朴に聞こえるが、実はそうじゃない。それがポールの天才だ」とケンライトは言う。ジェイムズ・ステュアートとドナ・リード主演の映画は、劇場公開された時点では決してヒット作ではなかった。しかしその後、クリスマス時期になるとテレビ放映され、米国国民に広く愛されるようになった。米国映画協会は「米国映画ベスト100」に選んでいる。ポールの音楽はシルク・ド・ソレイユがビートルズの曲をフィーチャーした「LOVE」をはじめ、これまでも様々な舞台作品で使われている。ポールはミュージカル映画「ヤァ!ブロード・ストリート」も手がけているが、1984年の公開されると批評家の酷評に見舞われた。

Thanks! BBC

ポール・マッカートニー、初めてミュージカルの音楽を制作中
Paul-McCartney-Its-a-Wonderful-Life.jpg

17日(現地時間)、1946年に公開された映画「It's a Wonderful Life (素晴らしき哉、人生!)」がミュージカル化され、ポール・マッカートニーが音楽と作詞を担当することが発表された。彼がミュージカルのために作曲するのはこれが初めてだが、既に7曲ほど書き終えたという。ポールは音楽だけでなく、「リトル・ダンサー」、エルトン・ジョンのバイオグラフィ映画「ロケットマン」、年内公開予定の「キャッツ」などを手掛けてきた英国人の脚本家リー・ホールと、ミュージカルでは台詞や語り部ともなる歌詞も共作している模様。今作のプロデューサー、ビル・ケンライトはポールと同郷かつ彼が通っていた Liverpool Institute High School の後輩で、3年前にポールにこの話をもちかけ、その2年後突然、ポールからメールが届き、オープニング・ソングのアイディアを聞かされたという。ビル・ケンライトは「デモをかけてみて、リーと僕は同意見だった。僕らのヒーローはミュージカル・シアター・ライターだった!」とコメントしている。ポールは「多くの事柄と同じように、これも1通のEメールで始まった。ビルから興味があるかって訊かれた。それまでミュージカルの作曲に特に惹かれたことはなかったが、ビルと一緒にリー・ホールと会い、話をしてみて、これは興味深く楽しいものになるかもしれないって考え始めていた。「It's a Wonderful Life」は僕らみんなが共感できるユニバーサルな物語だ」と話している。現在、制作の最終段階に入っており、ミュージカルは2020年後半に上演予定。

Thanks! Ako Suzuki and more

レコード復権、若者掴む 10年で生産枚数11倍に
日本経済新聞

CDに取って代わられたアナログレコードの人気が本格的に回復してきた。一時は消滅寸前に追い込まれたが、生産枚数は過去10年で11倍の約111万枚に回復。著名アーティストがあえて新曲をレコードで出す例も。ノスタルジーを求める従来のファンに加え、大きなジャケットのデザイン性などに魅せられた若い世代に裾野が広がっているようだ。6月中旬の平日午後。タワーレコード新宿店(東京・新宿)のレコード専門店フロアで、お目当ての1枚を熱心に探す客の姿があった。東京都武蔵野市のアニメーター、内田直人は数年前から本格的にレコードを買い始め、平均で月10枚ほど購入しているという。子供の頃はレコードに触れたことも聴いたこともなかった。「音楽はスマートフォンで聴くものと思っていた。サブスクリプション(定額制サービス)もあるが、(音楽を)『モノ』で持っていたい」と魅力を語る。「レコードで音楽を聞く時間はぜいたく」と話すのはさいたま市の女性会社員(36)。好きなアーティストが新曲をレコードで売り出したのをきっかけに再生機を買った。週に数回レコードに刻まれた溝に針を落とし、アナログの音色に耳を傾けているという。タワレコが同社初のレコード専門店「タワーヴァイナルシンジュク」を新宿店10階にオープンしたのは今年3月。レコード専門店として日本最大級となる約560平方メートルの売り場に中古4万枚、新品3万枚をそろえた。オープン以来1日平均約2千人が訪れ、青木太一店長は「若い人と外国人の来店者が増えている」と手応えを語る。日本レコード協会によると、1976年に約2億枚あった国内のレコード生産数は、82年に発売されたCDに取って代わられ、2009年に約10万枚にまで落ち込んだ。だが、その後は一転して回復。17年に16年ぶりに100万枚を突破し、18年は約111万枚となった。back number や Perfume などレコードを出す人気アーティストが増え、新曲をレコードのみで発売するアーティストも登場。逆にインターネットの音楽配信に脅かされているCDアルバムは下降線で、18年までの10年間で35%減った。レコードの人気回復は一時的な流行なのか。青木店長は「昔はファッションとしてレコードを買っていたが、今は手間をかけることを楽しんでいる人が多い。人気は落ちないのではないか」と予想する。本格回復をにらみ、関連業界の動きも活発化している。ソニー・ミュージックエンタテインメントは18年、レコードの自社生産を29年ぶりに再開。同社担当者は「レコードを新鮮にとらえる若者層に市場が拡大している」と話す。生産設備は当時と同じだが、クリーンな作業環境と検品の精度向上で、ノイズの少ない高音質を実現したという。パナソニックも16年に「テクニクス」ブランドのターンテーブルを復活。8年ぶりの新製品は国内向けの300台が30分で完売した。18年に27年ぶりにターンテーブルを発売したヤマハ担当者は「若い世代は大きなジャケット目当ての人もいる。飾ると写真映えするのではないか」とSNS(交流サイト)時代の人気の背景を分析していた。

日本経済新聞

CDは苦戦 売り場縮小
アナログレコードの人気が本格的に回復する一方で、CDアルバムはインターネットの音楽配信に脅かされている。100年以上にわたって音楽文化を発信してきた東京・銀座の有名店もCD売り場の縮小を決めた。銀座4丁目交差点近くにある山野楽器銀座本店は8月からCD売り場を4分の1程度に大幅縮小する。地下1階と地上1、2階というメインの3フロアでCDを扱ってきたが、今後は4階の一部に集約する。同店の担当者は「CDの販売状況が厳しく、売り場面積を減らして効率的な販売を目指す」と説明する。今後は楽器販売と大人向け音楽教室に力を入れていくという。CD売り場の縮小を知った顧客からは惜しむ声が寄せられているという。音楽評論家の五十嵐正は「音質を高める技術は上がっているが、音楽配信の時代になり、コンパクトが売りであるCDのモノとしての価値は薄れた」と指摘している。

Thanks! 日本経済新聞

映画「イエスタデイ」 エド・シーランがダメ出しされる予告編と日本版ポスター公開
2019071808121419a.jpeg

「スラムドッグ$ミリオネア」で第81回アカデミー賞監督賞を受賞したダニー・ボイルと「フォー・ウェディング」で第67回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたリチャード・カーティスがタッグを組んだ映画 イエスタデイ (10月11日公開)。このたび、奇想天外な物語が展開する本作の予告映像と日本限定オリジナル・ポスター・ビジュアルが公開された。英国の小さな海辺の町に住む売れないシンガーソングライターのジャックは、幼なじみで親友のエリーから受ける献身的な支えの甲斐もなく、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな折に起きた世界規模の停電のせいで、ジャックは交通事故に遭ってしまう。昏睡状態から目覚めたジャックは、世界屈指のロックバンド、ビートルズが存在していなかったことになっていると気づく...もしも、自分以外にビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら...というユニークな設定の物語がビートルズの名曲とともに展開していく本作には、主人公のジャック役としてテレビドラマで活躍を見せるヒメーシュ・パテル、エリー役に「シンデレラ」や「高慢と偏見とゾンビ」のリリー・ジェームズら若手俳優陣が出演。さらに、世界的ミュージシャンのエド・シーランも共演するなど、大きな話題を集めている。日本での公開に先駆け、6月28日から北米で公開を迎えた本作は、評論家のレビューを集計するサイトRotten Tomatoesにて観客の支持率89%を叩き出し、さらに、The Guardian や EMPIRE、The Telegraph といった海外の人気雑誌内の批評でも4つ星の評価を獲得、1館あたりの興収アベレージで6535ドルという好成績を記録している。到着した予告映像では、突然発生した世界規模の停電によって、売れないミュージシャンのジャックが交通事故を起こす場面からはじまる。昏睡状態から目覚めたジャックは友達や家族、そしてエリーの前でビートルズの「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」を披露するも、「誰の曲?」と誰もビートルズを知らない世界であることに困惑する。ジャックがビートルズの楽曲たちを自分のオリジナルソングとして発表すると、徐々に注目を浴びるようになり、世界的ミュージシャンとしてスターダムを駆け上がっていく。しかし、ずっとそばにいたエリーから「住む世界が違う」と告げられ、2人の関係にずれが生じはじめる...巨匠ダニー・ボイルの演出とロマンティック・コメディの名手であるリチャード・カーティスの物語に合わせ、誰もが一度は耳にしたことのあるビートルズの名曲たちが鳴り響く本作。“かつて存在した”ビートルズのように、大きな存在になっていくジャックは、はたしてどのような答えを出すのか、今から公開が待ち遠しい。

イエスタデイ 10月11日公開
昨日まで、地球上の誰もがビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ...ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった! ジャックは英国の小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが...

監督 ダニー・ボイル
脚本 リチャード・カーティス
製作 ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮 ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演 ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン(本人役)
配給宣伝 東宝東和
サイト yesterdaymovie.jp
Twitter twitter.com/YesterdayJP #映画イエスタデイ
Facebook www.facebook.com/YesterdayJP


Thanks! Movie Walker



イベント
7/20 18:00 第9回 ミートフリーマンデー・ナイト
7/23 19:00 ビートルズとミュージック・ライフ 星加ルミ子トークショー そして横浜ロック・ストーリー
7/24 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2019
7/28まで 世界の巨匠が撮り下ろしたロック★スター達の写真展 & POP ART展
8/3~10 アビイ・ロード50周年記念ビートルズ・ツアー
8/4 13:00 真夏のウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Paul McCartney & Wings~ アンプラグド
8/10 13:00 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】リンゴ・スター Part 1 : 1972-1974
8/25 Fool On The Holiday
9/14 13:00 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】リンゴ・スター Part 2 : 1972-1974
9/29 ビートルズ、ラスト・レコーディングの全貌
10/5 Roppongi 旧防衛庁前伝説 Cavern Club 同窓会
10/24 Guitar Hotel 開業 米国

CD
7/24 マイク・マクギア マクギア 2CD+DVD
7/24 ウッドストック50周年記念スペシャル・ボックス
7/24 アラン・パーソンズ ザ・シークレット CD+DVD
7/24 ビートルズ フォー・セール・セッションズ
8/7 エルトン・ジョン ダイアモンズ~グレイテスト・ヒッツ(限定盤)
8/30 シェリル・クロウ スレッズ
9/27 アビイ・ロード50周年盤
10/5 ポール・マッカートニー Hey Grandude! UK盤
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

本 , 雑誌 , ムック
7/25 証言!ビートルズとスーパースターたち
8/29 絵本 エセルとアーネスト ふたりの物語
9/5 絵本 Hey Grandude!
9/26 1980年代のポール・マッカートニー
10/31 Glastonbury 50: The Official Story of Glastonbury Festival 英国
年内 ジミー・マッカロック伝記本

アナログ盤
8/2 リンダ・マッカートニー ワイド・プレイリー
9/27 アビイ・ロード50周年盤
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

TV , ラジオ
8/5 21:30~23:00 軽音楽をあなたに 2019 (DJ 水野美紀)
8/6 21:30~23:00 軽音楽をあなたに 2019 (DJ 山本さゆり)
8/7 21:30~23:00 軽音楽をあなたに 2019 (DJ 滝真子)
8/8 21:30~23:00 軽音楽をあなたに 2019 (DJ 水野美紀、山本さゆり、滝真子)
8/9 21:30~23:00 軽音楽をあなたに 2019 (DJ 水野美紀、山本さゆり、滝真子)

映画
8/9 カーライル ニューヨークが恋したホテル
9/21 アルツハイマーと僕 ~グレン・キャンベル音楽の奇跡~ (ポール・マッカートニー出演)
9/28 エセルとアーネスト (ポール・マッカートニー楽曲使用)
10/11 イエスタデイ
秋 タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ザ・クオリーメン

Blu-ray , DVD
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ビートルズ レット・イット・ビー

Wide Prairie - Linda McCartney

LP (国内盤 カラー(白/青)、完全生産限定盤)
LP (輸入盤 カラー(白/青)、完全生産限定盤) Sold Out
LP (国内盤 黒)
LP (輸入盤 黒)

Ringo Starr And His All Starr Band

8/1 カナダ ウィンザー Caesar's Windsor
8/3 米国 ハイランドパーク Ravinia (with Beach Boys)
8/4 米国 ハイランドパーク Ravinia (with Beach Boys)
8/6 米国 ダーラム Durham PAC
8/7 米国 ナッシュビル Ryman Auditorium
8/8 米国 ナッシュビル Ryman Auditorium
8/10 米国 ヴィーナ Wolf Trap
8/11 米国 ヴィーナ Wolf Trap
8/13 米国 ロアノーク Berglund Center Coliseum
8/14 米国 フィラデルフィア The Met Philadelphia
8/16 米国 ニューヨーク Bethel Woods Music and Culture Festival
8/20 米国 シャンペーン State Farm Center
8/22 米国 プライヤー・レイク Mystic Lake Casino
8/23 米国 カウンシルブラフス Harrah's Council Bluffs Casino
8/25 米国 サンタフェ Santa Fe Opera House
8/26 米国 フェニックス Celebrity Theatre
8/28 米国 オークランド Paramount Theatre
8/30 米国 リンカン Thunder Valley Casino Resort
8/31 米国 パソロブレス Vina Robles Amphitheatre
9/1 米国 ロサンゼルス Greek Theatre

It Was 50 Years Ago Today

9/21 米国 ニュー・ジャージー州アトランティック・シティ Golden Nugget
9/28 米国 オハイオ州アクロン Akron Civic Theatre
9/29 米国 バージニア州ダンビル Norton Center
10/1 米国 イリノイ州セント・チャールズ Arcadia Theater
10/2 米国 ウィスコンシン州ミルウォーキー Pabst Theater
10/5 米国 マサチューセッツ州ビバリー Cabot Theater
10/6 米国 ニューハンプシャー州コンコード Capitol Center For The Arts
10/7 米国 メイン州オロノ Collins Center For The Arts
10/8 米国 コネチカット州リッジフィールド Ridgefield Playhouse
10/10 米国 ニューヨーク州スタテンアイランド St. George Theater
10/11 米国 マサチューセッツ州ボストン Berklee PAC
10/12 米国 ニューヨーク州ウェストベリー Theatre @ Westbury
10/13 米国 ニュージャージー州モリスタウン Mayo PAC
10/15 米国 ペンシルベニア州グレンサイド Keswick Theatre
10/17 米国 ニュージャージー州レッド・バンク Count Basie Theater
10/18 米国 コネチカット州ニューロンドン Garde Arts Center
10/20 米国 ワシントンD.C. Warner Theatre