つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ユニバーサル・ミュージックCEO、2008年の火災で音源を焼失したことについて言及
ルシアン・グレンジ

ユニバーサル・ミュージック・グループのCEOであるルシアン・グレンジは2008年にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた火災で多くの音源が焼失してしまったことについて、従業員やアーティストに宛てて記した手紙を公開した。火災は2008年6月1日(現地時間)に発生したもので、およそ24時間後に消し止められたこの火災によって映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のセットを含む多くのセットが損害を受けている。この火災ではユニバーサル・ミュージック・グループがマスター音源を保管していた倉庫(ビルディング6197)にも火の手がおよんでいる。米ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ユニバーサル・ミュージック・グループは当時「紛れもない音楽の偉大なる遺産」の多くを失ったといい、その中にはニルヴァーナやR.E.M.、サウンドガーデン、ベック、ジャネット・ジャクソン、エミネム、ナイン・インチ・ネイルズら多くのアーティストの未公開音源も含まれていたとされている。2011年にユニバーサル・ミュージックのCEOに就任したルシアン・グレンジは従業員に宛てた手紙の中で、「報道の内容やそれに起因する推測の多くについて誤りであるとする我々のチームからの当初の報告に少なからず安堵しました」と述べている。しかしながら、彼は火災による損失が膨大であったことも示唆している。「既にリリースされている音源はこれからも永遠に生き続けますが、多くのアーカイヴ音源を失ったことはあまりに痛ましいことです」とルシアン・グレンジは述べている。ルシアン・グレンジはアーティストのリクエストに応えるための特別チームを編成したことを明かした上で、「我々の産業が拠って立つ豊かな文化的遺産を保存していくという点でリーダーになっていく努力を倍加させていきます」と述べ、「繰り返しになりますが、この手紙はアーカイヴの音源やビデオを焼失した痛みを取り除くことにはなりません。しかし、私たちがどれほどこのことを重大に捉えているのかということを皆さんに知っていただきたかったのです」と手紙を締めくくっている。ルシアン・グレンジがユニバーサル・ミュージック・グループの従業員に宛てて記した手紙の全文は以下のとおり。

同僚の皆様へ

これまでに、ほとんどの皆さんが2008年にNBCのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた火災によってレコーディング音源や映像、関連のマテリアルが焼失してしまったという記事をお読みになったと思います。

火災は10年以上前のものではありますが、報道の内容やそれに起因する推測の多くについて誤りであるとする我々のチームからの当初の報告に少なからず安堵はしました。しかし、失われたアーカイヴ音源がたとえたった一つだったとしても、胸が張り裂ける思いであることには間違いありません。

17歳の頃、ウェールズにあるロックフィールド・スタジオまで、完成させた直後の2インチのマルチトラック音源と、4分の1インチのブームタウン・ラッツのマスター音源を取りに行ったことがあります。音源が磁気エネルギーで壊れてしまわないよう、マスタリングするスタジオまでは地下鉄で移動しないように何度も注意されたことを今でも覚えています。私はその時に初めてこういったものの重要性を理解し、注意して取り扱う必要があることを学びました。

上記はちょっとした逸話です。みなさんの1人1人におかれても、ここで働くことになった経緯や理由にまつわる物語がおありでしょう。しかしながら、私たちがこのビジネスで働いているのは、音楽への愛というただ一つの理由に尽きます。アーティストやソングライターの方々は、私たちを彼らの今日や将来的な芸術作品のための執事として頼りにしているのです。

それこそが、2008年の火災で多くのマテリアルが焼失してしまったという事実が私たち全員の心に響いている唯一の理由です。既にリリースされている音源はこれからも永遠に生き続けますが、多くのアーカイヴ音源を失ったことはあまりに痛ましいことです。今回の報道によって推測が生まれることになりましたが、アーティストやソングライターの方々が、自分たちの推測が合っているのか分からないという状況はあってはならないものです。

ここで明白にさせてください。私たちはアーティストにすべてを明かす義務があります。アーティストに返答する義務があるのです。

そして、私を初めとしたこの会社の執行役員にその責任があると思っています。

もしもアーティストからアーカイヴ音源に関する質問がきた場合には、レコーディング・スタジオ&アーカイヴ・マネージメント部門でシニア・バイス・プレジデントを務めるパット・クラウスに連絡を取ってもらうよう早急に伝えてください。パット・クラウスはこの数日の間に、アーティストに対して可能な限りの早急な返答ができるよう、そのようなリクエストに応じる特別チームを編成しています。

最後に:

ユニバーサル・ミュージック・グループでは1800年代の後期のものに始まる、合計で何百万にものぼる世界で最も偉大な音源や映像、アートワークのコレクションを有しています。当社は世界各国にあるこれらの宝を保存・保護するために、そのためのテクノロジーやインフラの整備、専門家の確保に膨大な投資をしています。我々のアーカイヴやカタログの担当者たちはこれらのアーカイヴを保護して次の世代に繋げるために、必死の努力をしています。「所有している」という事実は、我々の産業が拠って立つ豊かな文化的遺産を保存していくという点でリーダーになっていく努力を倍加させていきます。

繰り返しになりますが、この手紙はアーカイヴの音源やビデオを焼失した痛みを取り除くことにはなりません。しかし、私たちがどれほど重大に捉えているのかということを皆さんに知っていただきたかったのです。

ルシアン

Thanks! NME Japan


関連Blog
6/13のBlog オノ・ヨーコ、2008年の火災で音源が消失していたことが明らかに


YouTube とユニバーサルが提携 1000本以上のMVをリマスターする取り組みを発表
YouTube & Universal Music

この度、YouTube Music とユニバーサル・ミュージック・グループがタッグを組み、これまでに公開されていた1000曲以上の名作・傑作ミュージック・ビデオにリマスターを施し、皆さんのお気に入りのミュージック・ビデオがアップグレードされて蘇ることになった。第一弾として6月19日(現地時間)に、ニルヴァーナ、ビリー・アイドル、ビースティ・ボーイズ、スパイス・ガールズ、ボーイズIIメン、ジョージ・ストレイト、ジャネット・ジャクソン、レディー・ガガ、ライオネル・リッチー、マルーン5、ミートローフ、ノー・ダウト、グウェンス・テファニー、スモーキー・ロビンソン、ザ・キラーズ、トム・ペティ他100曲以上のミュージック・ビデオが高品質プレミアム・オーディオのHD(高精細度ビデオ)として公開された。(全てのビデオはURLは変更せずに画質が向上。上記アーティスト名をクリックするとリマスターされたHDのMVがご覧になれます) YouTube でレーベル部門のグローバル・ヘッドを務めるスティーブン・ブライアンは「この度、ユニバーサル・ミュージック・グループと提携し、世界中の音楽ファンの皆様による名作・傑作ミュージック・ビデオの鑑賞体験をまたひと味違うものへと変えるこの取り組みに参加できることを大変光栄に思っています。新たなビデオの品質は本当に素晴らしいものです。私たちの目指すゴールは、本物の芸術作品であるミュージック・ビデオの数々を、アーティストがその制作に費やした労力に見合った、そしてまた音楽ファンの皆様が望んでいる高い品質水準を満たすものしていくことです」と語っている。この取り組みの一環として、今後両社は毎週新たなミュージック・ビデオに入念なリマスターと品質改善を施し、2020年の終わりまでに推定1000作品がその作業を完了する予定だ。YouTube がメディアとして開設された当時に公開されたミュージック・ビデオは、もともとブラウン管テレビ用に制作されたものやVHSテープから転換された不鮮明な映像と聴こえにくいオーディオを使用した作品が多かった。オジリナル・バージョンと新たにリマスターされたビデオを見比べるために、ニューヨーク・タイムズ紙は、このリマスターによってどれだけの品質が改善されたのかを実証するビフォーアフターを視覚化した記事を公開した。「くすんだ色が取り除かれて、映像がこれまでよりずっと活き活きと蘇りました。この取り組みは、高品質が当たり前の現代に反して、過去のミュージック・ビデオに若々しく蘇るチャンスを与えているんです。アップグレードされた映像の中の私は、永遠にあの頃のままですから、そんな素晴らしいことはありません」とビリー・アイドルはニューヨーク・タイムズ紙に語っている。ミュージック・ビデオ全盛期を代表するアーティストであるビリー・アイドルのミュージック・ビデオは「White Wedding」「Rebel Yell」「Dancing With Myself」を含む全6作が第一弾のアップグレードの対象となっている。


Thanks! udiscovermusic.jp

臨時増刊号 1980年代のポール・マッカートニー 9月26日発売
月刊ザ・ビートルズ臨時増刊号「1980年代のポール・マッカートニー」が9月26日に発売されます。1980年代のポール・マッカートニーはポール・マッカートニー研究会でも研究成果の書籍化の話があるので興味深々。今、注目の一冊です。

月刊ザ・ビートルズ 2019年7月号

Thanks! TBC

MUSIC LIFEが見た! The Beatles Show 大阪・名古屋公演限定、入場者全員特典あり
大阪・名古屋限定の特典ポストカード3枚セット、コースター2枚セット

29日は、53年前にビートルズが日本にやって来た来日記念日。そして、今年も、来日記念WEEKに合わせて、ビートルズを常に追い続けた音楽雑誌ミュージック・ライフの元編集長である星加ルミ子氏の協力のもと制作される MUSIC LIFEが見た! The Beatles Show が開催されます。内容は、ミュージック・ライフの取材記事のスライド上映と選抜メンバーによるトリビュート・バンド(The Beatles Tribute Special Unit)の生演奏によって、ビートルズのデビュー期から解散まで、その軌跡をリアルに再現します。このイベントの入場者全員に特典として、ミュージック・ライフ・コースター2枚セットがプレゼントされますが、さらに大阪公演と名古屋公演限定で追加特典として、ミュージック・ライフ・ポストカード3枚セットがプレゼントされます。ポストカードの表紙を飾るのは、ビートルズが初表紙となった1964年4月号、星加編集長が日本人初取材を行った1965年8月号、「フール・オン・ザ・ヒル」のレコーディング取材に成功した1967年11月と、どれもビートルズ・ファンにとっては特別に思い入れの強いメモリアル号です。ビートルズ・ファンは、お見逃しなく!

大阪公演
日 時 6月20日(木) 開場 18:00、開演 19:30
会 場 大阪 umeda TRAD (大阪市北区堂山町16-3 06-7897-2450)
ゲスト 加美幸伸(FM COCOLO)、藤本国彦(ビートルズ研究家)
バンド The Beatles Tribute Special Unit
映像特別出演 星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)
料 金 前売 3500円、当日 4000円 (全席自由、別途ドリンク代要)
問合せ 大阪ウドー音楽事務所 (06-6341-4506)
主 催 FM COCOLO、シンコーミュージック・エンタテイメント
制 作 大阪ウドー音楽事務所、LEGEND OF ROCK
来場者全員特典 ミュージック・ライフ・コースター、ポストカード

名古屋公演
日 時 6月21日(金) 開場 18:00、開演 19:00
会 場 名古屋 SPADE BOX (名古屋市中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館B1F)
ゲスト 藤本国彦(ビートルズ研究家)
バンド The Beatles Tribute Special Unit
映像特別出演 星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)
料 金 前売 4000円、当日 4500円 (全席自由、別途ドリンク代要)
主 催 MUSIC LIFE CLUB/LEGEND OF ROCK
来場者全員特典 ミュージック・ライフ・コースター、ポストカード

東京公演
日 時 7月1日(月) 開場 18:00、開演 19:30
場 所 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE (東京都渋谷区道玄坂2丁目2-14-8 O-EASTビル)
料 金 前売 3500円、当日 4000円 (全席自由、別途ドリンク代要)
ゲスト 星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)、藤本国彦(ビートルズ研究家)
司 会 松本和也 (元NHKアナウンサー)
バンド The Beatles Tribute Special Unit
主 催 MUSIC LIFE CLUB/LEGEND OF ROCK
来場者全員特典 ミュージック・ライフ・コースター

MUSIC LIFEが見た!The Beatles Show

Thanks! MUSIC LIFE CLUB

ビートルズの居ない世界描く映画「イエスタデイ」 英国で試写会開催
イエスタデイ

18日夕(英国時間)、今秋日本公開となる映画「イエスタデイ」の英ロンドン・プレミア・イベントが開催された。アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作「イエスタデイ」。「もしも自分以外にビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がビートルズの名曲に彩られ展開していく壮大なドラマとなっている。プレミアイベントには、エド・シーラン、ダニー・ボイル(監督)、リチャード・カーティス(脚本)、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノンらが登壇。エド・シーランは、主人公ジャックは自身がモデルになっていると聞き、「嬉しかったよ! 彼がサフォーク出身だというのが気に入ったんだ。僕をモデルにしてくれたことは光栄だよ」と笑顔を見せる。「かなり以前に、リチャードからこのような題材の映画の脚本を書いていると聞いていた。それからある日、ダニーと共にディナーに招待されたんだけど、そこで色々な質問攻めにあって、なぜそんなに聞かれるのだろうと不思議に思っていたんだよ! それから依頼があったんだ」とオファーがあった経緯も明かされた。今までで一番の大役を演じることについて、「自分自身を演じるのでもっと単純だと思っていたけど、少し違っていたよ。実際のコンサートでも撮影したんだけど、楽しかったよ!」と語り、撮影を振り返った。また、エドと共演したヒメーシュは「劇中でジャックが弾くギターを選びに行く時、エドはアドバイスをしてくれたよ」とエドの優しさが垣間みえるエピソードを語り、「エドが彼自身でいてくれることが僕にとってのアドバイスだった。とても気さくで、あんなに大スターでいながら、それでも尚、高潔でいることが出来るのだと教わったよ」とジャックを演じるうえで、エド本人が参考になったと明かしている。そして、本作にとって大切な存在である“ビートルズ”については、カーティスは「ビートルズは芸術的なものとして、僕の人生において最も大切なことであり続けた。僕の映画を振り返ってみると、それらは皆、喜び、愛、若さといったビートルズが支持してきたことについてだった。57年間もずっとビートルズ・ファンだったんだ。死ぬまでずっとビートルズ・ファンで有り続けたいね」とその想いを明かす。ボイル監督は「僕にとってはとても大切な存在だ。僕は彼らの出身地から20マイルほどのところで育ったんだ。生き方、仕事、経済、自己表現といった意味で、ポップカルチャーに火をつけたという彼らの偉業を通して僕たちは今を生きている。歴史的な意味で、彼らは文字通り一夜にして世界を変え、その恩恵を通して僕たちは今生きているんだ」と語った。又、ヒメーシュは「彼らは世界中の文化に大きく貢献した。特別なバンドだと思うし、特別であり続ける」、リリーは「彼らの音楽は私にとって、特に本作を終えた今、とても大きな意味を持つわ。彼らの人物像、彼らが象徴するものを讃えるのだと思う。ビートルズの喜びとスピリットを本作に感じて頂ければと願っているわ」とコメント。そして、エド・シーランは「僕の人生には常にビートルズがあった。初めてビートルズの曲を演奏したのがいつ頃だったかは思い出せないが、常にそこにあった気がする。子供の頃に言葉を学んでいくのと同じで、小さい頃はビートルズの曲を覚えたものだったよ。ビートルズなら間違いなしだ。この作品はリチャードが脚本を、ダニーが監督を手がけ、ビートルズの曲があるわけだから、間違いないよ!」と、それぞれ“ビートルズ愛”を語り、改めて彼らの存在の大きさを感じるプレミアとなった。カーティスは「日本の皆さんへ、僕のファンでいてくれるのならそれは過ちだが(笑) ビートルズが好きなら、それは世界で最も素晴らしいことだ。本作を観て頂ければきっと気に入ってくれると思う。楽しんでくださいね」と日本に向けてメッセージを送った。最後、「みんながどういう反応なのかを見るのが楽しみだ。だから一人では観ずに、皆と一緒に楽しもうと思っている」と作品への期待を膨らませ、ファンサービスを行いながら本プレミアのスクリーニングへ足を運んだエド。インスタグラムでは興奮した様子で、「今、プレミアで「イエスタデイ」を観たよ。凄くよかった!!」とコメントし、大絶賛した。なお、ダニー・ボイル監督によると、リンゴ・スターとジョージ・ハリスン未亡人はこの映画を見て、支援する内容のメモをくれたとのことで、ポール・マッカートニーに関しては「ポールは見てないと思うが、予告編は見ていて「これはうまくいきそうだ」と話した」とのこと。

イエスタデイ 10月11日 日本公開 , 6月26日 英国公開
監督 ダニー・ボイル
脚本 リチャード・カーティス
製作 ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮 ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演 ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン (本人役)
配給宣伝 東宝東和


イエスタデイ

イエスタデイ

イエスタデイ

イエスタデイ

イエスタデイ

イエスタデイ

Thanks! Billboard Japan , ロイター



イベント
6/21 19:30 MUSIC LIFEが見た! The Beatles Show 名古屋
6/22~23 BACKBEAT 神奈川
6/23まで ザ★昭和大図鑑【後編】
7/1 19:30 MUSIC LIFEが見た! The Beatles Show 東京
7/7 12:00 リンゴ・スター ピース&ラブ・サリュート
7/7 12:00 リンゴ・スター ピース&ラブ・アフター・パーティ
7/13 13:00 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】ポール・マッカートニー Part 4 : 1978-1980
7/24 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2019
8/3~10 アビイ・ロード50周年記念ビートルズ・ツアー
8/10 13:00 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】リンゴ・スター Part 1 : 1972-1974
9/14 13:00 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】リンゴ・スター Part 2 : 1972-1974

CD
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 2SHM-CD+Blu-ray+DVD 日本盤
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 2SHM-CD 日本盤
7/5 マイク・マクギア Mcgear : Remastered EU盤
7/10 マイク・マクギア マクギア
7/12 ウイングス・オーヴァー・アメリカ
7/12 バック・イン・ザ・U.S.S.R.
7/12 ポール・イズ・ライヴ ~ ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!!
7/12 アメーバ・ギグ
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

アナログ盤
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 3LP 日本盤
7/12 ウイングス・オーヴァー・アメリカ
7/12 バック・イン・ザ・U.S.S.R.
7/12 ポール・イズ・ライヴ ~ ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!!
7/12 アメーバ・ギグ
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース

Blu-ray , DVD
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 Blu-ray (4k Edition) EU盤
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 DVD (4k Edition) EU盤
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 Blu-ray (4k Edition) 日本盤
6/28 ロックンロール・サーカス50周年盤 DVD (4k Edition) 日本盤
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ビートルズ レット・イット・ビー

本 , 雑誌 , ムック
7/25 証言!ビートルズとスーパースターたち
9/5 絵本 Hey Grandude!
年内 ジミー・マッカロック伝記本

映画
9/28 エセルとアーネスト (ポール・マッカートニー楽曲使用)
10月 Yesterday
秋 タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

Paul McCartney Archive Collection

ウイングス・オーヴァー・アメリカウイングス・オーヴァー・アメリカ
SHM-CD (国内盤 紙ジャケ)
CD (輸入盤)
LP (国内盤 カラー、完全生産限定盤、英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付)
LP (輸入盤 カラー、完全生産限定盤)
LP (国内盤 黒)
LP (輸入盤 黒)

バック・イン・ザ・U.S.S.R.バック・イン・ザ・U.S.S.R.
SHM-CD (国内盤 紙ジャケ)
CD (輸入盤)
LP (国内盤 カラー、完全生産限定盤、英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付)
LP (輸入盤 カラー、完全生産限定盤)
LP (国内盤 黒)
LP (輸入盤 黒)

ポール・イズ・ライヴ ~ ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!!ポール・イズ・ライヴ ~ ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!!
SHM-CD (国内盤 紙ジャケ)
CD (輸入盤)
LP (国内盤 カラー、完全生産限定盤、英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付)
LP (輸入盤 カラー、完全生産限定盤)
LP (国内盤 黒)
LP (輸入盤 黒)

アメーバ・ギグアメーバ・ギグ
SHM-CD (国内盤 紙ジャケ)
CD (輸入盤)
LP (国内盤 カラー、完全生産限定盤、英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付、「カミング・アップ」サウンドチェック音源収録)
LP (輸入盤 カラー、完全生産限定盤、「カミング・アップ」サウンドチェック音源収録)
LP (国内盤 黒、「カミング・アップ」サウンドチェック音源収録)
LP (輸入盤 黒、「カミング・アップ」サウンドチェック音源収録)

Live Albums Coloured Vinyl Bundle (輸入盤、完全生産限定盤、「カミング・アップ」サウンドチェック音源収録)

Wide Prairie - Linda McCartney

LP (国内盤 カラー(白/青)、完全生産限定盤)
LP (輸入盤 カラー(白/青)、完全生産限定盤) Sold Out
LP (国内盤 黒)
LP (輸入盤 黒)

Freshen Up - Paul McCartney

6/22 米国 サンディエゴ Petco Park
6/26 米国 アリゾナ Talking Stick Resort Arena
6/28 米国 ラスベガス T Mobile Arena
6/29 米国 ラスベガス T Mobile Arena
7/6 カナダ バンクーバー BC Place
7/10 米国 サンノゼ SAP Centre
7/13 米国 ロサンゼルス Dodgers Stadium
2020/6 英国 Glastonbury Festival

Ringo Starr And His All Starr Band

8/1 カナダ ウィンザー Caesar's Windsor
8/3 米国 ハイランドパーク Ravinia (with Beach Boys)
8/4 米国 ハイランドパーク Ravinia (with Beach Boys)
8/6 米国 ダーラム Durham PAC
8/7 米国 ナッシュビル Ryman Auditorium
8/8 米国 ナッシュビル Ryman Auditorium
8/10 米国 ヴィーナ Wolf Trap
8/11 米国 ヴィーナ Wolf Trap
8/13 米国 ロアノーク Berglund Center Coliseum
8/14 米国 フィラデルフィア The Met Philadelphia
8/16 米国 ニューヨーク Bethel Woods Music and Culture Festival
8/20 米国 シャンペーン State Farm Center
8/22 米国 プライヤー・レイク Mystic Lake Casino
8/23 米国 カウンシルブラフス Harrah's Council Bluffs Casino
8/25 米国 サンタフェ Santa Fe Opera House
8/26 米国 フェニックス Celebrity Theatre
8/28 米国 オークランド Paramount Theatre
8/30 米国 リンカン Thunder Valley Casino Resort
8/31 米国 パソロブレス Vina Robles Amphitheatre
9/1 米国 ロサンゼルス Greek Theatre