1. ジョージ・ハリスンについての19のコメント

    ジョージ・ハリスンについての19のコメント

    ビートルズのメンバーとして、ジョージ・ハリスンの歴史上におけるポジションは確保されている。さらにビートルズ後のキャリアでは、さらにソングライティングのスキルを磨き、「All Things Must Pass」などの名作ソロ・アルバムや、スーパーグループのトラヴェリング・ウィルべリーズとの活動を通じて、ジョージ・ハリスンはこの地球上を歩いた最も音楽的才能のある人物だということは証明されているだろう。「ジョージは音楽とい...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  2. 松本隆、作詞でリスペクトしていたのはジョン・レノンだけ

    松本隆、作詞でリスペクトしていたのはジョン・レノンだけ

    京都に縁のある作詞家・松本隆がゲストをお迎えし対談するトークイベント。第2回のゲストは松本の古い音楽友達である久保田麻琴。京都で生まれた伝説的バンド、裸のラリーズの元ベーシストであり、久保田麻琴と夕焼け楽団を率いた。トークでは楽曲や映像を交えつつ、久保田がドラムと作詞という松本の2つの才能を語り、松本は久保田のライフワークである日本の伝承芸能・伝承歌の収集と研究に共感と敬意を寄せた。久保田麻琴と夕焼...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  3. リンゴ・スター親子、豪華アーティストによるチャリティ・シングルに参加

    リンゴ・スター親子、豪華アーティストによるチャリティ・シングルに参加

    マーク・ノップラーは60人以上のロック・アイコンを起用して、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのためのチャリティ・シングル Going Home:Theme of the Local Hero をリリースすることを発表している。3月15日にリリースされる同曲にはブルース・スプリングスティーン、ブライアン・メイ、ロニー・ウッド、スラッシュらがチャリティのために参加している。この曲はバート・ランカスター出演の映画「ローカル・ヒーロー」のた...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  4. スチュアート・サトクリフによる絵画、詩、ジョン・レノンを題材とした小説が売りに出される

    スチュアート・サトクリフによる絵画、詩、ジョン・レノンを題材とした小説が売りに出される

    ビートルズのオリジナル・メンバーの一人で、1962年に亡くなったスチュアート・サトクリフの遺産管理団体がサトクリフが遺したアート作品、詩、小説、写真、手紙等のコレクションの新しいオーナーを探しているという。Artnet によると、これらの品はサトクリフの妹ポーリンがビートルズとは別にアーティストとしての兄を知って欲しいと、何十年もかけ集めてきたもので、彼女が2019年に亡くなってからは Stuart Sutcliffe Estate を...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  5. ジョン、ポール、「ヘイ・ジュード」、ヨーコ、愛についてジュリアン・レノン語る

    ジョン、ポール、「ヘイ・ジュード」、ヨーコ、愛についてジュリアン・レノン語る

    ジョン・レノンの愛息ジュリアンのためにつくられた楽曲「Hey Jude」。それから54年を経て、そのジュリアン・レノンが2022年にリリースしたアルバムのタイトルは「Jude」だった。1984年、ジュリアン・レノンのアルバム「ヴァロッテ」がリリースされた日、私(ライアン・ダゴスティーノ)は兄と芝刈りで稼いだお小遣いを出し合い、米コネチカット州ウェスト・ハートフォードのレコードショップ「レコード・エクスプレス」まで自転車...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  6. ロニー・ウッド、自身のアートで約9000万円の収入 ジョン・レノンも描く

    ロニー・ウッド、自身のアートで約9000万円の収入 ジョン・レノンも描く

    2023年、ロニー・ウッドは自身のアートで約50万ポンド(約9000万円)以上を稼いだようだ。ローリング・ストーンズのギタリストであるロニー・ウッドは長年にわたって、絵を描き、彫刻を制作し、その展覧会では批評家の称賛を浴びてきていることでも知られているが、英 Sunday Mirror 紙が入手した企業登記局であるカンパニーズ・ハウスに提出された書類には、2022年の収入が143万7277ポンド(約2億6300万円)だった一方で、2023年...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  7. 英ロンドンでジョン・レノンとツーショットを撮れるベンチ

    英ロンドンでジョン・レノンとツーショットを撮れるベンチ

    英国音楽史上において、大いなる金字塔を残したビートルズ。解散後50年以上が経った今も、彼らの音楽は世界中の人々に愛され続けていますよね。その中心となったのは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーと言って過言ではありません。とくにジョン・レノンは日本人前衛アーティストであるオノヨーコとの結婚から、のちに移住した米ニューヨークで凶弾に倒れた最期まで、ビートルズ解散後の人生も彼の音楽と同じくらい忘れられ...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  8. ジュリアン・レノン、ショーン・レノンとの不仲説について語る

    ジュリアン・レノン、ショーン・レノンとの不仲説について語る

    ジュリアン・レノンは新たなインタビューで弟のショーン・レノンとの間に確執があると噂されていることについて「まったくのデタラメ」だと語っている。ジュリアン・レノンは2021年に「ザ・ビートルズ:Get Back」のプレミア上映に弟のショーン・レノンと共に出席したことについて振り返っている。「ショーン・レノンはものすごいプレッシャーを抱えていた。そして、僕は特に行きたいわけでもなかったんだ。でも、ショーン・レノン...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  9. ジュリアン・レノン、ショーンとの不仲説 デマもいいとこ。喧嘩したことない

    ジュリアン・レノン、ショーンとの不仲説 デマもいいとこ。喧嘩したことない

    ジュリアン・レノンは、度々、彼と異母弟のショーンは不仲だとの記事を目にするが、実のところ、二人は喧嘩したことがないそうだ。ジュリアンは Esquire のインタビューで、「面白いことに、年中、特に英国のメディアは「レノンの息子たちが揉めている」とか何とか言ってるけど、僕らは人生で一度も喧嘩したことがない。デマもいいとこだ。僕は、僕らがただ笑っているとこや、バカなことしてる幸せな写真をいっぱい投稿してきた。...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  10. モーリーの考察 ジョン・レノンもセックス・ピストルズも歌えない「ヤバい時代」の正体

    モーリーの考察 ジョン・レノンもセックス・ピストルズも歌えない「ヤバい時代」の正体

    週刊プレイボーイで「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、"普通の人"が扇動や陰謀論にのみ込まれるようになってしまった理由を考察する。今やジョン・レノンが反戦ソングを歌っても「相対化」され、セックス・ピストルズが反体制を叫べば本当の「扇動」になってしまう。特に最近のアメリカを見ていると、そんな時代になりつつあると強く感じます。例えばパレスチナを念頭に「人々...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  11. ジョン・レノンのグラミー賞トロフィーがオークションに出品

    ジョン・レノンのグラミー賞トロフィーがオークションに出品

    ジョン・レノンに授与されたグラミー賞のトロフィーが50万ドル(約7300万円)の落札予想価格をつけた。1980年に銃撃され帰らぬ人となったジョンだが、1972年にポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスンと共に「レコーディング分野での多大な貢献」が認められ、グラミー賞特別功労賞理事会賞を受賞、そのトロフィーが音楽関係の記念品を専門とするオークションハウス Gotta Have Rock and Roll に出品された。同...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る
  12. ジョン・レノン銃撃犯、現場で目撃者に謝罪していた 夜を台無しにしてしまって申し訳ない

    ジョン・レノン銃撃犯、現場で目撃者に謝罪していた 夜を台無しにしてしまって申し訳ない

    ジョン・レノンを銃撃した犯人が、殺害の目撃者に対して謝罪していたことが分かった。1980年12月8日、当時40歳だったレノンはニューヨークの自宅マンションの外で熱狂的なファン、マーク・デイヴィッド・チャップマンによって射殺された。アップルTV+の新しいドキュメンタリーではマークが目撃者の夜を「台無し」にしたことを謝ったという証言が含まれている。3部構成の ジョン・レノン:審理なき殺人事件 で目撃者の1人は語った...

    ビートルズ・メンバー関連 このカテゴリ一覧を見る