つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


クオリーメンが集まっていたジョン・レノン母の家が4400万円で落札される
26日(英国時間)、ジョン・レノンの母ジュリアが1950年から亡くなる1958年まで暮らしていた家がオークションに出品され、27万9500ポンド(約4400万円)で落札された。ジョンはこの時期、ミミ伯母さん一家と生活していたためここには住んでいなかったが、ザ・クオリーメンの練習をよく行っていたそうだ。英リバプールの南西部 Blomfield Road 1番地にあるこの家でジュリアさんは夫の John 'Bobby' Dykins とジョンの異父妹である Julia、Jacqueline と暮らしていた。Julia は著書「Imagine This:Growing Up with My Brother John Lennon」の中で、この家について「母が未来のビートルズと分かち合っていた滑稽なバスルーム・ジャム・セッションのことは絶対に忘れることがない。Blomfield Road の小さな家のあのバスルームは多分、英国で最も小さなものの一つ。ジョンとポール(・マッカートニー)、ピート・ショットン、アイヴァン・ヴォーン、母、それにおそらく取り巻きらがその中で座る場所を取り合うのを見るのは、まるでコメディだった」と綴っている。オークションを主催した Omega Auctions によると、英国からの入札者がビートルズの大ファンである娘のために落札したという。

The home of John Lennon's mother


John & Julia Lennon

Thanks! Ako Suzuki

リンゴ・スター、秋の北米ツアー中
Ringo Starr & His All Starr Band 2022

すっかり忘れてた!というかノー・マークでした(笑) 今年6月、メンバー2名が新型コロナウイルス陽性診断を受けたことにより延期となったリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの北米ツアーの振替公演が、5日より開催されています。振替公演を含む今秋の北米ツアー日程は以下のとおり。当初発表されたツアー日程に9月28日の加トロント公演が追加されています。

9月
5日 Lenox MA - Tanglewood (6月17日分振替公演)
6日 Baltimore MD – The Lyric (6月14日分振替公演)
7日 Baltimore MD – The Lyric (6月15日分振替公演)
9日 Easton, PA – State Theater (6月11日分振替公演)
10日 Pittsburgh PA – PPG Arena (6月18日分振替公演)
11日 Philadelphia, PA – The Met (6月19日分振替公演)
15日 St Augustine, FL – The Amp (6月24日分振替公演)
16日 Clearwater FL– Ruth Eckerd Hall (6月26日分振替公演)
17日 Hollywood FL – Hard Rock (6月25日分振替公演)
19日 Atlanta, GA – Cobb Center Performing Arts Center (6月22日分振替公演)
20日 Richmond, VA – Virginia Credit Union Live (6月21日分振替公演)
22日 Providence, RI – PPAC (6月12日分振替公演)
23日 Bridgeport, CT - Hartford Healthcare Amp
24日 Atlantic City, NJ - Hard Rock Etess Arena
26日 Montreal, Quebec - Place Bell
27日 Kingston, Ontario - Leon's Centre
28日 Toronto, Ontario - Massey Hall
30日 Mt Pleasant, MI - Soaring Eagle Casino

10月
1日 New Buffalo, Mi - Four Winds Casino
2日 Prior Lake, MN - Mystic Lake Casino
4日 Winnipeg, Manitoba - Canada Life Centre
5日 Saskatoon, Saskatchewan - Sasktel Centre
6日 Lethbridge, Alberta - Enmax Centre
8日 Abbotsford, BC - Abbotsford Centre
9日 Penticton, BC - South Okanagon Events Centre
11日 Seattle, WA - Benaroya Hall
12日 Portland, OR - Arlene Schnitzer Hall
14日 San Jose, CA - San Jose Civic Center
15日 Paso Robles, CA - Vina Robles Amp
16日 Los Angeles, CA - Greek Theater
19日 Mexico City, MX - Auditorio Nacional
20日 Mexico City, MX - Auditorio Nacional

Ringo Starr & His All Starr Band

今秋のツアー初日(米タングルウッド公演)のセットリストは以下のとおりです。

Ringo Starr & His All Starr Band Setlist Koussevitzky Music Shed, Lenox, MA, USA 2022, 15th All Star Band

Thanks! Ringo Starr


関連Blog
6/14のBlog リンゴ・スター、北米ツアーを秋まで延期


ジョンレノンが利用した軽井沢・万平ホテル、現況最後の特別宿泊プランを10月1日発売
万平ホテル

登録有形文化財・アルプス館客室に宿泊、特製ディナーがセットのプレミアムプラン! 長野県・軽井沢町にある万平ホテルが、創業130周年記念事業の大規模改修・改築工事の前、最後に現況のホテル空間を心ゆくまで楽しめる特別宿泊プラン、アルプス館 プレミアムプラン を10月1日(土)に発売する。万平ホテルは避暑地・軽井沢とともに一世紀を超える歴史を歩み続けるクラシックホテルで、1894年(明治27年)の創業から今年で128年を迎えた。特別宿泊プラン「アルプス館 プレミアムプラン」は登録有形文化財アルプス館客室での滞在を、同館内「メインダイニングルーム」での特製ディナーなどの特典とともに満喫できる。同プランの料金は3万7400円(2名1室利用時の1名料金、税・サ込)から。同ホテルでは創業から現在に至るまでジョン・レノン、ヨーコ・オノ、ショーンをはじめ、多くの人に愛されてきたレガシーを未来に継承する想いを込めて、同宿泊プランを第一弾とする特別企画「Legacy to our Future」を10月1日(土)から営業休止前の2023年1月2日(月)までの期間、展開する。「アルプス館」のクラシックな空間と料理が人気のアルプス館1階「メインダイニングルーム」でシェフ特製の夕食と朝食が楽しめて、ホテル特製のフォトブック「アルプス館物語」もギフトとして付いてくるプレミアムプラン。万平ホテルが未来に継承したいレガシーを身近で感じたい。

アルプス館物語

Thanks! 万平ホテル

MV リンゴ・スター ワールド・ゴー・ラウンド

16日(現地時間)、リンゴ・スターの最新作「EP3」の収録曲、ワールド・ゴー・ラウンド のミュージックビデオが公開されました。この曲はTOTOのスティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズが作詞作曲したもので、リンゴのボーカル/ドラム/パーカッションと、ルカサーのギター、ウィリアムズのキーボードがフィーチャーされ、ウィリアムズはバックボーカルとしても参加しています。

Thanks! Ringo Starr

11年ぶりのジュリアンのアルバム「Jude」 世の中の平和と心の平穏を希求し続ける姿勢そのままに
Jude - Julian Lennon

ビートルズの1968年の名曲にして最大のヒット曲でもある「ヘイ・ジュード」。ポール・マッカートニーが、当時ジョン・レノンとシンシアの離別により苦悩していた、彼らの息子ジュリアンを励ますために書いた楽曲だが、そのジュリアンが11年ぶりにリリースしたアルバムのタイトルはそのものずばりの「Jude」。ジュリアンは「ヘイ・ジュード」には「愛憎半ばする感情」を抱いてきたという。「ポールがあの曲を書いて、これから起こりそうな出来事に希望を持たせてくれたことには感謝している。でも一方では、あの時に実際に起こった離婚のことを暗く思い起こさせるものだった」とジュリアンはシリウスXMのラジオ番組で語った。Smashing Interviews Magazine によると「アルバム・タイトルを「Jude」としたのはまさに一人前の大人になったということだよ...父が母と僕のもとを去って行って、それ以来、父と会うことはまずかなわなかった。本当に本当につらい時期だった。母が教えてくれたのだけれど、僕は狂ったように泣いたり叫んだりして「パパはどこに行ったの?」と言っていたのだという」。だが、自らアルバムを Jude と名付けたということは「全てを理解できたということなのだ。それを甘受し、自分自身と折り合いをつけたということなのだ」とジュリアンは語った。アルバム・ジャケットは1974年に撮影されたというジュリアンの写真が使われている。アルバムの内容は、父であるジョンが生涯訴えた世の中の平和を希求する声に満ちている。今年春にニュー・アルバムのリリースが公にされたが、2月下旬のロシアによるウクライナ侵攻によって始まった新たな戦争の影響も色濃く出ている。「私たちは平和を祈る。ぜひともそうしなければならない」と歌われる「ブレス」。「ウィズ・エブリィ・リトル・モーメント」では「瞬間ごと、雨粒が降る度、太陽の光が射す度、わからないのかい、戦争が終わったということが」、「勇気、小さくとも勇気を持とう」という歌詞も登場する。同曲のオフィシャル・ビデオは、花を持った兵士や花を地上にまく戦闘機が登場するなど極めてメッセージ色の強い内容となっている。世の中の平和とともに、ジュリアンが希求し続けているのが内なる平和すなわち心の平穏である。ジュリアンは両親の離婚のみならず、近年も他のビートルズ・ファミリーとの微妙な関係などに悩まされてきたことが背景にあり、2011年に発表された前作「エブリシング・チェンジズ」にはそれが強く反映されていた。ニュー・アルバムでも「ラッキー・ワンズ」や「セイブ・ミー」、「フリーダム」といった楽曲にはジュリアンのそうした気持ちが映し出されているように思える。新作のサウンドはストリングによるアレンジが多く施され、ピアノも多用されていることもあり、アルバム全体が内省的で穏やかなトーンに包まれている。声高に叫ぶことはないが、静けさに込められたメッセージが聞くものの心に響いてくる。アルバムの作品群は「鏡の中を覗いているような感じだけれど、深く、意味があり、そして感動的で、多くの問題について論じているものだ」とジュリアン自身が AARP で語った。アルバム発売は11年ぶりとなったが、その間にジュリアンは何をしていたのだろう。写真家としての活動、ドキュメンタリーの撮影、自ら設立した「ホワイト・フェザー・ファウンデーション」を通じた環境保護、人道支援などの慈善活動、子どもたちに環境問題に関心を持ってもらおうという狙いの絵本シリーズの刊行など忙しくしていたという。ジュリアンが自分の過去と折り合いがつけられたとする一つには、法的な改名に踏み切ったことが挙げられよう。2020年、ジュリアンは正式に「ジョン・チャールズ・ジュリアン・レノン」から「ジュリアン・チャールズ・ジョン・レノン」に改名した。ジュリアンというのはミドル・ネームだったのだ。だから空港で飛行機に搭乗する際に名前が呼ばれるが、いつも「ジョン・レノン」と呼ばれることになってしまい、騒ぎになっていたとジュリアン。「ジョンとジュリアンを入れ替えただけなのだけど。それだけなのだが、僕にとっては全く別の世界なのだよ、本当にね」。もう一つ、ジュリアンが「脱皮」したといえるのは、父ジョンの1971年の名作「イマジン」を初めて公の場で演奏したことだ。ウクライナへの人道支援を呼びかけるSNS運動の「Stand up for Ukraine」に参加し、エクストリームのヌーノ・ベッテンコートのアコースティック・ギターによる伴奏により、キャンドルに囲まれた部屋で「イマジン」を歌った。「僕はいままで「イマジン」を歌うのは世界の終りの時だけだと言ってきました」とジュリアン。「しかし、ウクライナでの戦争は想像もできないような悲劇でした。人間として、アーティストとして私にできる最大限の方法で応じなければいけないと思ったのです」。「彼(父)の歌詞は世界の平和を願う僕たちの気持ちを反映しているものだ。この曲の中で、僕たちは愛と連帯感が現実となる空間へと、ほんの一瞬であれ連れていってくれるのです・この曲は、僕たちみなが願っているトンネルの先の光を映し出している」。


Thanks! OVO/桑原亘之介



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ