つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


外務省外交史料館に眠っていたジョン・レノン夫妻が綴った54年前の手紙
ジョン・レノン夫妻が原爆記録映画の公開を求めて佐藤栄作首相に宛てた文書 - 外交史料館

1969年、ジョン・レノンがオノ・ヨーコと共に、当時の佐藤栄作首相に宛てた「手紙」がこのほど、東京都港区にある外務省外交史料館で見つかった。日本国内の公開に限られていた原爆投下直後の被爆地の様子を記録した映画に関して、海外での公開を日本政府に要請していた。「広島と長崎で起きた(核兵器の)残虐な行為が繰り返されないことを願う」 文面からは2人の平和に対する切なる思いが伝わってきた。

平和の発信 日本人の責任
原爆被害の実態調査を目的とした映画「広島・長崎における原子爆弾の影響」の撮影作業は、終戦直後の1945年9月から始まった。理化学研究所の科学者や映画会社などが参加し、爆心地の推定作業や医療活動、人体への影響がフィルムに収められた。ただ翌年に米国側が接収し、「Effects of the Atomic Bombs On Hiroshima And Nagasaki」のタイトルで保管されていた。日米間の交渉の末、1967年11月に日本側に約3時間にわたる複製版が返還され、「幻の原爆映画」の公開に期待が寄せられた。しかし被爆者の個人特定を避けるなどの配慮から行われた映像編集に対し「悲惨さが伝わらない」といった批判が相次ぎ、反発した市民らによる「ノーカット運動」が起こった。外交史料館に所蔵されていた公文書などによると、ヨーコは1969年12月6日未明、ロンドンから国際電話で、当時の文部省にテレビ放送向けに編集されていない完成版フィルムの貸し出しを要請。しかし「海外への貸し出しは行わない」と断られた。同17日には、レノン夫妻のそれぞれのサインと似顔絵風のイラストと合わせて、佐藤首相宛てに文書を送付。「不確実な世界の観点から、ノーカット版フィルムはとても重要」と再度貸し出しを求め「緊急を要しており、広島と長崎で起きた残虐な出来事を世界に伝えることは日本人の責任です」と主張。最後に「日本国外での公開する許可を与えて下さい」と丁寧な言葉で締めた。それに対し、1970年1月に佐藤首相の秘書官だった小杉照夫の名前で「日本政府の方針で、国外での公開目的でフィルムは貸し出せない」と拒否する返信を作成していたことも判明した。ただ実際に送ったかどうかは今回の公文書に記されていなかった。

難航したフィルムの返還交渉
原爆記録映画を調べている広島大原爆放射線医科学研究所の久保田明子によると、1967年に日米間で何度も行われた映画フィルムの返還交渉は米側が神経をとがらせていたため難航したという。同5月の交渉に関する外交文書には「空軍省が強硬に反対している」との記載があった。米側は冷戦に加えてベトナム戦争や沖縄返還問題による反米感情を踏まえ「悪意ある宣伝への利用」を警戒していた。最終的に日本側が、広島の原爆資料館の陳列物に比べ「凄惨さは少ない」と説得し、1967年11月に複製フィルムが戻った。久保田は「米側は日本に映画公開の可否判断を任せようとした。公開でマイナスの影響が出た場合、自らに(責任が)及ばないようにしたのではないか」と指摘する。

次に欲しいものは
ビートルズ研究家の藤本国彦は、レノンはビートルズとして活動していた1966年にオノ・ヨーコと出会った頃から「楽曲が変化していった」と語る。ヨーコへの思いや社会的メッセージを発言するようになり「同年の日本公演の記者会見で、お金や名誉を手に入れて次に欲しいものを聞かれ、「平和」と答えたのが象徴的だ」と説明する。1969年3月の結婚後、レノンは反戦活動「ベッドイン」や楽曲「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」「平和を我等に」「イマジン」など平和への訴えをさらに強めていったという。藤本によると、レノンは当時、「喜んでピエロになる」と語るなど、スターの立場を平和活動に生かそうとしていた。原爆記録映画の公開要請は「知名度がある自分たちが映画の公開に関われば、原爆に注目が集まるのを分かっていたからだろう」と解説する。佐藤首相に公開を求めた話は関係者の間で知られていたが「実際にサイン入り文書が残っていたのは知られておらず、貴重な資料だ」と話した。

殺す理由も、死ぬ理由も、宗教もない
今年5月のG7広島サミット開催に対し、岸田文雄首相は「核兵器のない世界に向けた力強いメッセージを発信できるよう議論を深めていきたい」と意気込む。しかし、ウクライナに侵攻したロシアが核兵器で威嚇を続け、核使用の可能性も現実味を持って語られる中で、日本政府は国家安保戦略に明記した反撃能力(敵基地攻撃能力)保有など防衛力の抜本的強化や防衛費の大幅増額方針を決めた。日本政府は広島サミットで各国首脳による原爆資料館の視察などを検討している。言葉だけでなく、原爆の惨状に目を向けさせる行動が求められている。レノンの楽曲「イマジン」の歌詞にこんな一節がある。「想像してごらん 国なんてないと 難しいことではないさ 殺す理由も死ぬ理由もない そして宗教もない 想像してみて すべての人々が ただ平和に暮らしていることを」 半世紀がたち、レノンの平和を求める思いは日本政府に伝わっているだろうか。

ジョン・レノン夫妻の平和活動を巡る主な経過
1966年 6月 ビートルズ来日。レノンは欲しいものは「平和」と発言
1969年 3月 2人が結婚。ベッドの上で反戦を訴える「ベッドイン」運動を実施
1969年 7月 「平和を我等に」を発売
1969年12月 佐藤栄作首相に原爆記録映画の海外公開を要請
1971年 9月 「イマジン」を発売
1980年12月 レノン、米ニューヨークの自宅前で射殺される

Thanks! 共同通信


関連Blog
1/1のBlog ジョン・レノン&ヨーコ・オノ、幻の原爆映画の海外公開を佐藤首相に訴えていた


ジョン・レノンを撮り続けた写真家、ジョンとヨーコのセックスのふりが最高の一枚
John Lennon & Yoko Ono in bed, New York City, 1980

写真家アラン・タネンバウムが、ジョン・レノンとオノ・ヨーコとの出会いから、彼が「最高の経験」だったという2人の撮影現場の裏話までを英 The Guardian 紙に語った。ジョン・レノンと初めて会ったのは1975年、米ニューヨークでテレビ中継されたイベントの楽屋だった。当時、私は SoHo Weekly News 紙の写真部員だった。5年後もまだそこに在籍していた私は、ジョンとヨーコの新しいアルバム「ダブル・ファンタジー」の発売に先立って、オノ・ヨーコにインタビューすることにした。当時ジョンとヨーコは隠遁生活を送っていて、そのあいだに息子のショーンをもうけていた。ヨーコとは個人的に面識がなかったけれども、ずっとアーティストとしてとても尊敬していたし、もちろんジョンの大ファンだった。最初にヨーコとお近づきになれば、夫とも引き合わせてくれると思ったからでもある。1980年11月20日、ヨーコはトライベッカ地区の私のスタジオにやってきて撮影に臨んだ。カメラを前にして固くなっていたが、緊張がほぐれてくると、サングラスと革のジャケットを脱ぎ、最後はジーンズのジッパーに手をあてがってかわいいポーズをとってくれた。そして翌日、彼女とジョンが住む高級アパートのダコタ・ハウスで撮影を続けることに合意してくれたのだ。私は近くで朝食をとり、そのへんを歩き回った。そしてタイミングを見計らって「ジョンとショーンも入れた写真も撮っていいだろうか」とヨーコに訊いてみると「ショーンはだめ。でも、ジョンには電話してみるわ」と許可をもらった。こうして対面したジョンは気さくだった。失礼にならないよう気遣ってくれただけなのかもしれないが、1975年のイベントで私と会ったことを覚えていると言ってくれた。3人でセントラルパークに行き、ジョンとヨーコのお気に入りのエリア──のちにジョンを偲ぶ記念碑が建てられて「ストロベリー・フィールズ」と名付けられることになるあたりを歩いた。5日後、シングル盤「スターティング・オーヴァー」のミュージックビデオの撮影に加わらないかと電話があった。セントラルパークを散策するジョンとヨーコを撮ったあと、西71丁目にある2人のもうひとつのお気に入り、「カフェ・ラ・フォルトゥナ」でコーヒーを飲みながら話をした。それから2人のリムジンでソーホーにあるスペローネ・ウェストウォーター・ギャラリーに向かった。この時点で、私は2人から信頼されているのをはっきり感じとった。2人も私と行動を共にするのが心地良さそうだった。ギャラリーの中は夫妻の寝室のように仕立てられていて、ベネチアンブラインドから外の光が差し込んでいた。前半は2人の普段着姿を撮影し、そのあとは服を脱いで、愛し合う仕草をするというものだった。多くのスタッフは退出するように言われたが、私はそのまま残って静かに写真を撮っていた。2人の交歓は流れるように自然で、傍目でもそれとわかるほど互いへの愛が感じられた。ジョンがヨーコの上に体を合わせているこのショットは、高まった緊張が緩んだ表情を撮った一枚になる。ジョンはヨーコにしきりにキスしようとしたが、ヨーコは顎をどんどん上げていった。するとジョンが冗談を言って、場が一気に和んだ。一番大笑いしていたのがヨーコで、2人が笑い合っている瞬間を撮ったのがこの写真だ。数日後、ダコタ・ハウスでコンタクトプリントを眺めていたジョンが口を開いた。「どれもみんな素晴らしい! 君の写真のどこが気に入ったかわかる? ヨーコの美しさをばっちり捉えているところだよ」。

ジョンはミックステープを握っていた
1980年12月8日、ジョンが暗殺された日に担当編集者から電話が入った。そしてジョンが撃たれたと聞かされた。衝撃を受けた。その日の夜、病院と警察署の撮影を終えて、ダコタ・ハウスの前で集まった人々と一緒に明け方までそこで立ち尽くして祈っていた。数日後、ヨーコからダコタにきてほしいと連絡があった。訪問すると、彼女はベッドのなかだった。部屋は残された者の悲しみでいっぱいだった。彼女は「とにかく何かしていないと気が済まない」と言った。ヨーコと私は、シングル「ウォーキング・オン・シン・アイス」の企画で一緒に仕事をした。それはヨーコがジョンと共作した最後の曲だった。ジョンは殺害されたとき、最終ミックスのテープを握っていた。私はニューヨーク州北部の凍った貯水池を撮影したが、写真は予定されていたレコードジャケットではなく、ビデオクリップの静止画として使用された。ヨーコとはその後何年も連絡を取り合った。彼女の誕生日パーティーに参加したり、共同でプロジェクトに取り組んだりした。ヨーコは、私の著書「ジョン&ヨーコ/ニューヨークの愛の物語」(未邦訳)の序文まで書いてくれた。最後に会ったのは、4年前だったと思う。


人生最高のアドバイスは
私が写真家になったのは、昔からテクノロジーとアートが好きだったから。写真は、この2つの分野の融合物だ。美術と映画制作を学んでいたから、60年代に35ミリカメラを持ったときは、独学で写真家になったようなものだった。人間への好奇心とジャーナリズムへの関心も私を突き動かしていた。1973年、28歳のときに得たソーホー・ウィークリーニュースの仕事は、私に大きな転機をもたらした。この仕事のおかげで、ニューヨークで開催されるコンサートやその舞台裏、伝説のナイトクラブ「スタジオ54」でのナイトライフといった音楽シーンに触れることができた。ザ・クラッシュ、ニコ、アンディ・ウォーホル、パティ・スミス、デボラ・ハリー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、デヴィッド・ボウイと、ニューヨークの音楽シーンに登場するほとんどの人と出会い、写真を撮ってきた。こうした心躍る経験があるから、今日も私はこの仕事を続けている。

Allan Tannnenbaum

Thanks! クーリエ・ジャポン

ジョン・レノン、禁止用語連発し、コンサートから追放の過去
Elton John , Tony King & John Lennon

ジョン・レノンがフランキー・ヴァリのコンサートで卑猥な言葉をまくし立て追い出されたことがあるという。1970年半ばに妻オノ・ヨーコと一時的に別居した「失われた週末」時代のことで、ジョンと同コンサートに行った元アップル・レコードのボス、トニー・キングが The Guardian 紙のインタビューで当時を振り返っている。フォー・シーズンズのフロントマンとして知られたフランキーのコンサートで「お前の性器を見せやがれ」と叫び始めたジョン・レノンを会場から連れ出さなければならなかったと話したトニー、他にもデヴィッド・ボウイと一緒にコカインを吸っていたジョン・レノンをトイレの個室から出したエピソードも明かした。一方でジョンと初めて会うため、米ロサンゼルスに向かうまでは緊張していたものの、いざ仕事を一緒にしてみると素晴らしい経験だったと続けていた。「1960年代にジョンを知り、その頃の彼は本当に尖っていたんだ。私は彼に怯えていたよ。辛辣なリバプールの人間と会うためにロサンゼルスに行ったわけだけど、実際に会うと、本当に穏やかで、傷つきやすい人間がいた。信じられなかったね」。今回、アンディ・ウォーホルのマリリン・モンローのプリントが飾ってあるロンドンの自宅でインタビューを受けたトニー、そのプリントの裏には「トニーへ愛を込めて。君の問題児の一人より。ジョン」と綴られている。同作品は当時、音楽プロデューサーのフィル・スペクターとの口論後、お酒を飲みながら怒り心頭だったジョンからもらったプレゼントで、ジョンは滞在していた家に戻り、中のものを破壊したそうだ。壊された窓やレコードを発見したトニーはヤシの木を根こそぎにしようとしていたジョンを取り押さえたことを回想していた。更に仕事のミーティングを始める前にヨーコからマジックマッシュルームを勧められたことをトニーは明かしてもいた。「ランチの途中で飛んだんだ。私は飛行機に乗っていた。ヨーコがテーブルに寄り添ってきて、「これ(マジックマッシュルーム)いいわよ」って囁いてきたんだ」。

Thanks! よろず~

元仏大統領夫人、メーガンをオノ・ヨーコになぞらえる。
Carla Bruni-Sarkozy

10日(現地時間)、カーラ・ブルーニ=サルコジが1枚のモンタージュ写真をインタグラムに投稿(現在投稿は削除)。写真の中で英国王室とメーガン夫人の関係を、ビートルズとオノ・ヨーコの関係になぞらえた。10日に発売されたハリー王子の回顧録『Spare』は王室に関する暴露的な内容が事細かに記載されていることから話題沸騰中だ。英国内の反応は当然のことながら激しく、ハリー王子の発言に対して、誰もが言いたい放題。フランスでもそうなのかどうか、いずれにせよ、カーラ・ブルーニはインスタグラムにおもしろモンタージュ写真を投稿し、メーガン夫人をオノ・ヨーコ、すなわちビートルズのメンバーだったジョン・レノンの未亡人で、バンド解散の原因とされたアーティストと関連づけた。「愛こそはすべて」とビートルズの名曲のタイトル通りのキャプションをつけて、カーラ・ブルーニが投稿したモンタージュ写真は、ハリー王子が妻の手を握っている写真のメーガン夫人の顔をオノ・ヨーコの顔に置き換えたもの。「ちょっと遊んだだけ」ともキャプションにはあった。この写真に対し、75万3000人のフォロワーはすぐに反応。彼女のユーモアに対しては賛否両論が巻き起こった。「真実ほど耳に痛いものはないね」と面白がる人もいれば、「こんな無神経な投稿をよくできるものだ」と憤慨し、どちらの女性も殺害予告を受けたことや1980年のジョン・レノンの暗殺事件を引き合いに出した人もいた。

Thanks! フィガロジャポン

ジョン・レノンにちなんで名付けられた水星のクレーター
レノン・クレーター

画像はNASA(米国航空宇宙局)の水星探査機メッセンジャーがとらえたもので、水星表面にある「レノン・クレーター」が映っています。画像は2012年1月13日に撮影されました。クレーター名はジョン・レノンにちなんだもので、比較的最近の2013年12月にIAU(国際天文学連合)によって承認されました。レノン・クレーターの直径は約95kmで、水星の南半球にあります(クレーターの中心は南緯35.82度、東経40.72度)。水星のクレーターには、世界各地の音楽家や画家、作家など芸術家の名前が付けられています。水星のクレーターの中には、日本人にちなんで名付けられたものも30個あります。

Thanks! アストロピクス



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

TV , ラジオ
2/5 23:00~23:30 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/6 10:00~10:50 夜のプレイリスト ヘルプ!特集 NHK FM
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ