つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


第65回グラミー賞 過去3年間で最高の全米視聴率を記録
Grammy Awards

5日(現地時間)に開催された第65回グラミー賞授賞式が全米において過去3年間で最大の視聴者数を記録したことがテレビ視聴率速報で明らかになった。米ハリウッド・リポーターによると、米 CBS と Paramount+が発表した全米視聴率速報は1240万人の視聴者が2023年のグラミー賞授賞式を視聴したことを示している(最終的な数字は7日(現地時間)に発表される)。昨年のグラミー賞授賞式の視聴者数は959万人だったことから、今年のグラミー賞授賞式視聴者数は前年比で30%増加し、パンデミック前の2020年1月に1869万人が視聴したグラミー賞授賞式以来の最高視聴率となった。また、Paramaount+によると、具体的な数字は米ハリウッド・リポーターに共有しなかったが、今年のグラミー賞授賞式は同プラットフォームにおいて史上最大のライブ・ストリーミング・オーディエンスを集めた模様。今年のグラミー賞授賞式はトレバー・ノアが3度目の司会者を務め、主要4部門が4組のアーティストに授与された。ハリー・スタイルズの「ハリーズ・ハウス」が年間最優秀アルバム、リゾの「アバウト・ダム・タイム」が年間最優秀レコード、ボニー・レイットの「ジャスト・ライク・ザット」が年間最優秀楽曲、そしてジャズ・シンガーのサマラ・ジョイが最優秀新人賞に輝いた。授賞式はバッド・バニーの幸福感に満ちた「El Apagón」と「Después de la Playa」でスタートし、クエストラヴのキュレーションによりクイーン・ラティファからグロリラまで多くのアーティストが参加したヒップホップ50周年のセレブレーション、サム・スミスとキム・ペトラスによる最優秀ボップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)を獲得した「アンホーリー」の深紅に染まったパフォーマンスなどが印象的なハイライトとなった。

Thanks! Billboard Japan

ポール・マッカートニー&リンゴ・スター、イベントで再会しハグ&ノリノリダンス
2日(現地時間)、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが米ロサンゼルスで行われたイベントで再会し、ハグをしてノリノリでダンスする動画が公開されて話題になっている。ポール・マッカートニーの娘のファッションブランド「ステラ マッカートニー」と大手スポーツ用品ブランドのアディダスとのコラボレーションを祝うパーティーに出席したリンゴ・スターが「この美しい日はますます良くなっている」と綴って、会場でポール・マッカートニーと再会した際の動画をツイッターに投稿した。動画ではリンゴの姿を見たポールが寄りかかってハグをし、1976年のディスコヒット曲に合わせて踊る様子が映っている。パーティーにはジュリアン・レノンの姿もあったという。


Thanks! 日刊スポーツ

ポール・マッカートニー、夫の役割は思いやりがありロマンチックでいること
Paul McCartney

ポール・マッカートニーは、妻に対し思いやりがありロマンチックな夫であろうとしているそうだ。バレンタイン・デーが近づき、公式サイト に寄せられた「父、夫としての自分の役割をどう考えているか?」との質問をポールに投げかけると、ポールは「父であることと、夫であることは全く別ものだと僕は思うよ。父でいることに関して言えば、僕は常に子供たちにちょっとしたアドバイスを与えようとしてきた。彼らがそれを必要としているように見えるときはね。でも、それは主に彼らがもっと若かった時だ。彼らは今、大人になり、彼らが僕にアドバイスをくれる! 近頃では彼らはそれほどアドバイスを必要としていない。でも、もし何か問題があるなら、僕のところに来てくれたらすごく嬉しいよ。それが父親でいるってことだね。彼らを助けるためにそこにいる。そして一緒に楽しむってことかな。僕らは目一杯楽しんでるよ。今では一緒に飲むこともできるし。夫となると...僕は妻ナンシーに優しくありたい。思いやりがありロマンチックでいようとしている。バレンタイン・デーはやり過ぎちゃうんだ! カードは1枚だけじゃなく、部屋中に隠してる。時々、日をまたぐこともある。馬鹿げてる。楽しむ言い訳があると、僕はやり過ぎるんだ! クリスマスにはツリーのライト、豆電球に夢中になる。完全にやり過ぎだ」と答えている。そして、父であるのと同じように、妻が頼れる夫でいたいという。ポールは5人の子供の父親で、ナンシーとは2011年に結婚。翌年リリースしたアルバム「Kisses On The Bottom」に収録された「My Valentine」はナンシーを想い、作られた。


Thanks! Ako Suzuki

アルバムデビュー60周年 ポールが初期ビートルズの曲作りなどを語った新発掘インタビュー
Please Please Me - The Beatles

まさにビートルズが世界中のリアルアイドルだった1965年2~3月、2本目の主演映画「ヘルプ! 4人はアイドル」を撮影中のバハマ諸島でポール・マッカートニーに敢行したインタビューが発掘された。今年はデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」がリリースされてから実に60周年を迎えるわけだが、このインタビューでは同作に始まる初期ビートルズの溌溂とした姿が浮き彫りにされている。訊き手の一人はリバプール時代からの知り合いで、モンタレー・ポップ・フェス開催に貢献したり、後にアップル・コアの役員となるデレク・テイラーだ。「5人目のビートルズ」というニックネームをもらった何人かのうちの一人でもある。そんな仲間だからこそ、ポールも安心してジョン・レノンとの作詞/作曲のスタイル、特に「プリーズ・プリーズ・ミー」収録の名曲「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」をはじめとする初期の曲作りのやりとりや、バハマにやってくる直前に映画用の楽曲をレコーディングしてきた様子などについて詳しく話してくれている。また、休暇でチュニジアに行った体験やツアーで米国に行ったときの様子なども率直に語ってる。ポールは当時、まだ23歳(!) 自分たちでも思ってもいなかったところにまで到達した人気に少し戸惑いながらも、しっかりとその立場で話す姿が初々しい。 (大鷹俊一)

ロッキング・オン 2023年3月号

ロッキング・オン 2023年3月号 2月7日発売

MANESKIN
本当の革命はここからはじまる ― ポストコロナの野性アルバム「ラッシュ!」
「ロックンロールは不滅だ」と火を付け、世界的ロックアイコンの道を爆進するマネスキン。デジタルで埋めつくされた音楽シーンの中で、本能と野性のロックを爆発させるマネスキンとは何者なのか? 新作「ラッシュ!」を紐解き、ロッキング・オン初の表紙巻頭特集でその正体に迫る! 両面ポスターもついてくる!

追悼 JEFF BECK
58年間ロックファンを魅了し続けたエレキギターの化身。ジェフ・ベックよ、永遠に

PINK FLOYD VS KING CRIMSON
「狂気」VS「太陽と戦慄」 ― プログレッシブロック究極の名盤、50周年記念徹底解剖

RINA SAWAYAMA
誰もが愛とリスペクトに包まれた圧巻の凱旋ツアーファイナル。ヘヴィでサイバーでポップなステージを完全レポート

MY CHEMICAL ROMANCE
2023年3月、いよいよマイケミに会える! 00年代、異形のロックで世界に反逆した彼らはなぜ解散し、そして今蘇ったのか? ジェラルドが語った物語

MACHINE GUN KELLY
メインストリームで大旋風! 新時代のロックスター=マシン・ガン・ケリー。その誕生と成功、そして葛藤に迫る決定的ドキュメント!

気になるあいつ COMING NEXT:100 GECS
新世代ハイパーポップの旗手100 ゲックス。その革新性と功績を徹底解説!

気になるあいつ COMING NEXT:PRETTY SICK
インディ期待の新星Pretty Sick登場! スマパン愛、そしてロックンロール論を語り尽くす

U2
U2はなぜ40曲もの過去曲を新たにレコーディングしたのか? ― 「ソングス・オブ・サレンダー」事前論考

THE BEATLES
デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」から60年! ポールが初期ビートルズを語った決定版インタビュー


IGGY POP
チャド・スミス、ダフ・マッケイガン、デイヴ・ナヴァロら超豪華ミュージシャン参加! 不屈のタフネスがもたらした新境地「エヴリ・ルーザー」をイギーが語る

BELLE AND SEBASTIAN
グラスゴーが誇るエバーグリーンポップの伝道師:ベルセバ。様々な音色のカラーパレットたる新作に込めた想いを訊いた!

ALBUM REVIEWS
今月もインヘイラーとサム・スミスの新作をはじめ、寒さに負けない熱い作品群を徹底紹介!

[CHARACTER OF THE MONTH]
NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS

[HEADLINE]
DAVID CROSBY、MADONNA、MUSIC FESTIVAL 2023、GORILLAZ、INHALER、BOB DYLAN、YOUNG FATHERS

Thanks! ロッキング・オン

ステラ マッカートニーが環境再生型コットンのシャツを発売
Snog a log

今春、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)はブランド初の環境再生型農業で栽培されたコットンを用いたシャツを発売する。2019年からパートナーシップを組むトルコの素材メーカー、ソクタス社が栽培したコットンを採用した。ステラ マッカートニーはソクタス社とパートナーシップを組み、環境再生型農業への移行をサポート。5ヘクタールだった環境再生型農場は、2022年には30ヘクタール以上に拡大した。ソクタス社は土地の拡大を継続すると同時に地域の農家たちにもこの方法を伝え広めていくという。ソクタス社が2022年以降に収穫したコットンは regenagri 認証を取得している。この認証は土地の健全性とそこに住む人々の豊かさを確保することを目的としたプログラムで、土壌の健全性から生物多様性、温室効果ガス排出量までを網羅する。また、炭素クレジット市場や環境関連の補助金を通じて、農場に追加資金のルートを提供する。また、今回用いたコットンは農地からの調達、繊維や生地の製造、製品化までのトレーサビリティを確立しており、作物が栽培された土地の座標値まで正確に把握しているという。ステラ マッカートニーは国連欧州経済委員会(UNECW)と協働し、ブロックチェーン技術を用いた環境再生型農業の試験的な開発を進めている。ステラ マッカートニーは「現在のファッションにおいて環境再生型農業は必要不可欠」と確信し、業界で最も多く使用される繊維のひとつであるコットンから導入を開始した。「未来のファッションには地球や生物多様性から奪うのではなく、多様な生態系と野生生物へ還元する方法を用いて素材を作り出すことが必要である」とし、「再生可能な天然素材の調達方法を採用することでラグジュアリーなクオリティ、肌触り、耐久性を維持すると同時に、環境負荷を最小限に抑え、低減する」と発表した。

Thanks! WWD



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ