つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


生野乃良の ”このブートを買え!”
4月25日から30日にかけて行われたポール・マッカートニー日本公演のブートCDが東京・西新宿界隈を中心に、先週あたりから順次発売されています。今回はコレクターの間でも評判が高く、「さすが!プロの仕事は違う!」との声を聞きます。そこで、どのブートがお薦めか、「ブート&西新宿のことなら、この人!」と私が信頼しているブート・コレクター、生野乃良(いくの ないら)に「ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」のお薦めブートCDを紹介して頂きます。なお、まだIEMマトリクスの本命が発売されていないので、現時点では純粋なオーディエンス録音の中での批評になっています。

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

ポールマッカートニーの来日公演が終わってから早3週間が経とうとしている。
公演終了直後、いや、公演中にも YouTube には動画がupされ、公演のフル映像やフル音源も YouTube だけではなくミュージック・サイトやトレントサイトなどにも間もなく公開された。
名も知らぬ心優しい録音者、撮影者がネット上に公開してくれたものだけでも十分に楽しめるのも確かであり、敢えて西新宿や通販のブートCDやDVDに手を出さなくてもネット上を探せば入手は可能、でもやはり形で残したい、更に高音質のものを手元に...という方も多いかと思う。ポール日本公演のブートCDは今まさに大盛況!
ブートCDはまず早さを優先して安価で大量生産が可能なCD-Rが店頭に並び、制作費も期間も掛かるプレスCDに関しては、音源的にも質の高いものを厳選してリリースするパターンが定着している。
今回のポール日本公演に関してはCD-Rでさえも高音質なものが続出しているため、プレスCDでリリースされるものに関してはどれを選んでもガッカリさせらるものはないだろう。
今回は現在店頭に並んでいるものの中からプレスCDでかつ音質的にもオススメできるものをいくつか紹介したい。

ライトハウス
この店舗から発売されているポール来日公演のブートは数種類存在するが、その中でもこのプレスCDを購入すれば間違いない。特に東京ドーム3公演は同一の録音者が全てフロントロウで好条件のもと収録したとのことで、それを証明するだけの素晴らしいオーディエンス録音である。

PAUL McCARTNEY - BUDOKAN 2017 (2CD)
Live at Budokan, Tokyo, Japan 25th April 2017 TRULY PERFECT/ULTIMATE SOUND (from Original Masters)


PAUL McCARTNEY - TOKYO DOME 2017 1ST NIGHT (3CD)
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017 ULTIMATE SOUND (from Original Masters)


PAUL McCARTNEY - TOKYO DOME 2017 2ND NIGHT (2CD)
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 ULTIMATE SOUND (from Original Masters)


PAUL McCARTNEY - TOKYO DOME 2017 3RD NIGHT (3CD)
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017


ライトハウス


ブラインドフェイス
この店舗からもポールの来日公演は数種発売されているが、その中でも EVSD & XAVEL レーベルはIEMマトリクス(イヤモニとオーディエンス録音のMIX)音源を収録した豪華ボックスセットの発売が予定されており、これまでの実績からもそれが決定打になることはほぼ間違いない。そうは言っても現在発売されているオーディエンス録音盤も決して侮れず、特に武道館公演は素晴らしい。ボーナス・トラック2曲が追ってリリースが予定されている豪華ボックス・セットの期待を更に膨らませる。東京ドーム3公演に関しても武道館同様レーベルの期待を裏切らないフロントロウ&ハイエンド無指向性マイク録音の高音質。更にサウンドチェックまで収録しているのが嬉しいところ。

Paul McCartney (2CD) 「One On One at BUDOKAN –Omnidirectional Source-」
EMPRESS VALLEY SUPREME DISK (Sound Produced by XAVEL) EVSD-954/955


Paul McCartney - One On One at Tokyo Dome 1st Night -Omnidirectional Source- (3CD) [EVSD-956/957/958]

Paul McCartney - One On One at Tokyo Dome 2nd Night -Omnidirectional Source- (3CD) [EVSD-959/960/961]

Paul McCartney - One On One at Tokyo Dome 3rd Night -Omnidirectional Source- (3CD) [EVSD-962/963/964]

ブラインドフェイス


その他、Piccadilly CircusSee No Evil Records も統一デザインで4公演全てを発売している。
どちらも実績のある安心買いのレーベルであり、サウンドチェックも収録している。
こちらの2レーベルも ライトハウス で購入可能です。

Piccadilly Circus

See No Evil Records

by. 生野乃良

ブートレグ ポール・マッカートニー
ストレンジラブ・レコーズ

Thanks! ストレンジラブ・レコーズ

ブートCD OVER BIRMINGHAM 1975 発売中
OVER BIRMINGHAM 1975 / WINGS (Birmingham Hippodrome, UK, September 13, 1975) 6月5日発売RELA LIVEMASTERS レーベルからポール・マッカートニー&ウイングスの1975年短期英国内ツアーの初登場ライブ音源が限定リリースされました。英国バーミンガムで行なわれたステージをほぼ完全収録しています。このツアーからはプレ・リハーサル・コンサートの断片音源を除くと唯一の既発音源である9月10日の BRISTL 公演盤を聴いても分るように非常に厳しいオーディエンスによるカセット・テープ音源しかないと言われていましたが、今回登場したのは近年のデジタル録音には遠く及ばないもののかなり良好な音質で収録されたものです。冒頭部分と終盤にテープの劣化と思われる音質低下やわずかな音飛び部分があるもののこのツアー音源では最高ランクと言われています。コンサート内容はデニー・レインの地元ということもあってかメンバーは前半はリラックス・モード。小さめのステージ規模のためか観客も少なく、前半はライブ・ハウスのようにステージと観客席が声の掛け合いが聞かれます。後半はかなりエネルギッシュなステージへと進化していくのですが、この後に敢行されるオーストラリア、欧州、米国ツアーとはセットリストは少しだけ異なりますがコンサートの雰囲気はまるで別物です。BLACK BIRD 演奏中にはホワイトアルバムで聞かれるSEの鳥の鳴き声をある観客が見事に口笛(指笛?)で再現披露して喝采を浴び、ポールにも称えられたりしていますがご陽気にあれこれとステージに叫ぶ声がよく響き通り、少し耳障りでもあるのですが YESTERDAY が始まると誰一人声を上げることなく、静まり返って聞き入っているナイスなオーディエンス達でもあります。今回も紙ジャケ、アナログミニチュア黒盤仕様で100セット限定ですのでお見逃しなく。2CD-R 4200円。

OVER BIRMINGHAM 1975 - WINGSDisc 1
Venus And Mars / Rock Show
Jet
Let Me Roll It
Spirits Of Ancient Egypt
Little Woman Love / C Moon
Maybe I'm Amazed
Lady Madonna
The Long And Winding Road
Live And Let Die
Picasso's Last Words
Richard Cory
Bluebird
I've Just Seen A Face / Blackbird
Yesterday

Disc 2
You Gave Me The Answer
Magneto And Titanium Man
Go Now
Call Me Back Again
My Love
Listen To What The Man Said
Letting Go
Junior's Farm
Medicine Jar
Band On The Run
Hi Hi Hi
Soily

Thanks! JUNK HEADZ

ブートCD VIVA JOINT 2009 5月8日発売
4月19日に米ラスベガスにある Hard Rock Hotel の The Joint で行われたポール・マッカートニーのステージを完全収録したブートCD「VIVA JOINT 2009」が5月8日に発売されます。

VIVA JOINT 2009 / Paul McCartney 5月8日発売
VIVA JOINT 2009 - Paul McCartney

2009年4月19日ラスベガスのハードロックホテル内の会場にて行なわれた単独ステージを高音質完全収録。灼熱のラスベガスをさらに熱くする2時間半に渡るフルステージを余すところなく完全収録しています。2008年はわずか4公演のみしかコンサートが行なわれませんでしたが2009年は早くもこれが3度目のステージ。しかし、前2回ともイベント出演とあってこのラスベガス公演が初の単独ステージになります。会場はカジノに隣接するハードロックホテル内のキャパがわずか3000人あまりの新しい会場。この会場のこけら落としとしてポールに白羽の矢が立ったのです。その特別なステージを開演前に会場内に流れているSEからエンディングまで完全収録。音質内容ともに2009年のポールを代表する音源となること間違いありません。注目すべき聴きどころも多数。「Highway」と「Sing The Changes」の2曲はファイアーマン名義でリリースされたニューアルバム「エレクトリック・アーギュメンツ」からの曲。ファイアーマンと聞いてとっつきにくい印象があるかもしれませんがこのニューアルバムは前2作と異なり“歌モノ”なので、ポールのニューアルバムとして聞いても違和感がなく、しかも実験的なサウンドに歌が乗るというファンにはたまらない楽曲群。このアルバムからライヴで採り上げるなどとは誰が想像したでしょうか。普段のポールらしからぬへビィなサウンドに仕上がっており、かなり完成度の高い演奏となっています。また、最大の聴きどころが「Paperback Writer」です。この曲は1993年“THE NEW WORLD TOUR”においてもセットリストに組み込まれ、天井からテキストを印刷した布が下りてくる演出を覚えている方も多いでしょう。しかし、それから16年後の2009年、このバンドで初めて演奏する曲とあってアレンジはがらりと変わり、超タイトでアップテンポなアレンジに仕上がっていて、めちゃくちゃかっこいいバージョンになっています。今回のハイライトはまさにこの「Paperback Writer」であるといっても過言ではありません。その他、昨年始めてステージで披露されて驚かされた「A Day In The Life ~ Give Peace A Chance」のメドレー、ウイングスの「Mrs. Vanderbilt」などもセットリストに組み込まれ、コーチェラではカットされた「I Saw Her Standing There」も復活しています。まさに40年以上に渡るキャリアの集大成となっています。2009年最新ライヴを高音質完全収録。美しいピクチャー・ディスクによる永久保存のがっちりプレス盤。数万人を集めたコーチェラわずか2日後、3000人あまりの小さい会場で行なわれたラスベガスはハードロックホテルにおける単独フルステージをお楽しみください。 2CD 6000円

Disc 1
Opening SE
Drive My Car
Jet
Only Mama Knows
Flaming Pie
Got To Get You Into My Life
Let Me Roll It ~ Foxy Lady
Highway
Baby Face
The Long And Winding Road
My Love
Blackbird
Here Today
Dance Tonight
Calico Skies
Mrs.Vanderbilt
Eleanor Rigby
Sing The Changes

Disc 2
Band On The Run
Back In The U.S.S.R.
Something
I Got A Feeling
Paperback Writer
A Day In The Life ~ Give Peace A Chance
Let It Be
Live And Let Die
Hey Jude
Can't Buy Me Love
Lady Madonna
I Saw Her Standing There
Yesterday
Helter Skelter
Get Back
Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band (reprise) ~ The End

Thanks! ワンダーラスト

ブートCD THE COACHELLA VALLEY MUSIC & ARTS FESTIVAL 5月9日発売
4月17日に米カリフォルニアで行われたコーチェラ・フェスティバルでのポール・マッカートニーのステージを完全収録したブートCD「THE COACHELLA VALLEY MUSIC & ARTS FESTIVAL」が5月9日に発売されます。

THE COACHELLA VALLEY MUSIC & ARTS FESTIVAL / Paul McCartney 5月9日発売
THE COACHELLA VALLEY MUSIC & ARTS FESTIVAL - Paul McCartney

2009年4月17日カリフォルニアはインディオの屋外会場で行なわれたコーチェラ・フェスティバルの初日、オオトリで登場したポール・マッカートニーの2時間半に渡るコンサートを高音質オーディエンスにて完全収録。さらに加えて前半だけですがサウンドボード音源をカップリングした3枚組になります。歴史は浅いながらも毎年豪華アーティストが出演して話題となるコーチェラ・フェスですが今回のメインはやはり初日17日のトリで登場したポール・マッカートニーでしょう。時間が押して当初の予定より遅れて始まったコンサートでしたが数万人規模の屋外大会場の聴衆の前できっちり2時間半にわたるフル・セットのステージを披露してくれました。まずディスク1とディスク2はオープニングからエンディングまで高音質オーディエンス録音にてこの日のコンサートを完全収録。今年初めてのフル・ステージは気合充分、大観衆を前にしての素晴らしいステージ。ウリとなる聴きどころは2003年リバプール以来となる「Honey Hush」。ロックン・ロールのカバー・アルバム「RUN DEVIL RUN」収録の同曲はゲット・バック・セッションでも演奏された名曲。ポールのロックンロール・ヴォイスが堪能できる素晴らしいテイクです。そしてファイアーマン名義のアルバム「エレクトリック・アーギュメンツ」から「Highway」と「Sing The Changes」の2曲。あまりファンには評判のよろしくないファイアーマンですが、このライヴバージョンを聴くと認識が一変すること間違いありません。さらにこの日を特別なものとしているのは、この日が最初の妻リンダの11回目の命日だということです。リンダのために書かれた名曲「My Love」には言葉少なながらも感動的なMCが加えられ、言葉を震わせつつリンダに捧げる旨を告げると客席からは暖かい喝采が湧き上がります。実に感動的な瞬間。亡きリンダに、そして会場にいるすべての人の愛する人のために、この曲は永遠にポールのステージのセット・リストから外れることはないだろうと感じさせるエモーショナルな歌唱に胸をうたれることでしょう。何よりこの日は曲ごとに細かくMCを入れているのが印象的でポール自身も心に期するところがあったのではないでしょうか。この日は「I Saw Her Standing There」がセットリストから外れ、「Birthday」が加えられたのも興味深いところです。「A Day In The Life ~ Give Peace A Chance」のメドレー、ウイングスの「Mrs. Vanderbilt」などを含む、40年以上に渡るキャリアの集大成です。ディスク3は前半のみながら極上のステレオサウンドボードでこの日のコンサートを収録しています。きれいにセパレートしたスレテオ・サウンドボード音源で、中でも初演テイクとなる貴重な新曲「Highway」のライヴバージョンがサウンドボードで収録されているのが価値を高めています。ポールの最新ライヴを高音質オーディエンス音源で完全収録。さらに前半のみながらサウンドボード音源も同時収録の3枚組。数万人の大観衆を前にした2時間半にわたるフルステージを存分にお楽しみください。美しいピクチャーディスク仕様による永久保存のがっちりプレス盤。 3CD 6000円

Disc 1
Jet
Drive My Car
Only Mama Knows
Flaming Pie
Got To Get You Into My Life
Let Me Roll It
Honey Hush
Highway
The Long And Winding Road
My Love
Blackbird
Here Today
Dance Tonight
Calico Skies
Mrs.Vanderbilt
Eleanor Rigby
Sing The Changes
Band On The Run

Disc 2
Back In The U.S.S.R.
Something
I Got A Feeling
Paperback Writer
A Day In The Life ~ Give Peace A Chance
Let It Be
Live And Let Die
Hey Jude
Birthday
Can't Buy Me Love
Lady Madonna
Yesterday
Helter Skelter
Get Back
Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band (reprise) ~ The End

Disc 3
Jet
Drive My Car
Only Mama Knows
Flaming Pie
Got To Get You Into My Life
Let Me Roll It
Honey Hush
Highway
The Long And Winding Road
My Love
Blackbird
Here Today
Sing The Changes

Thanks! ワンダーラスト



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ