つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


WINGSFAN日記 あなたに会えてよかった
安倍晋三元内閣総理大臣 献花台 - 2022.9.27 日本武道館周辺

昨日(9/27)、安倍晋三元内閣総理大臣の国葬に合わせて献花させて頂きました。今となっては良い想い出ですが、安倍さんとは17年前に東京・立川で行われたシンポジウムで一緒に登壇させて頂きました。当時ブログに書きましたが、立川市長を始め、市議会議員、商工会議所など各種団体のお歴々、海千山千の自治会関係者などなど、立川パレスホテルの大広間に集まった1000人くらいの視線(関心)をスピーチ冒頭で掴んだまま、笑わせたり、感心させたりして、あっという間に会場内の方々が安倍さんの世界に引き込まれる様子を、私は安倍さんの2メートルくらい斜め後ろの席から見させて頂きました。壇上で安倍さんの後ろ姿と会場を交互に見ていましたが、スピーチが始まってすぐに場内の空気が変わったあの瞬間の感覚が今でも忘れられません。当時は安倍さんが1回目の総理になる少し前で、内閣関連の役職から離れ、党内実績を積んでいる時でしたが、既に只者では無かったです。安倍さん、お会い出来て、一緒に登壇させて頂けて本当に良かったです。ありがとうございました。どうか安らかにお休みください。

つれづれなるままにWINGSFAN - 2005.6.16

献花 - 2022.9.27 三田花店

安倍元首相国葬 一般向け献花の大行列、途切れぬ弔慰 受付延長2万3000人
27日、7月8日に銃撃され67歳で死去した安倍晋三元首相の国葬が東京・日本武道館で執り行われた。政府発表によると国内外から4183人が参列。首相経験者の国葬は戦後2例目で、吉田茂元首相以来55年ぶりとなった。警察は最大約2万人を投入して厳戒態勢。会場近くに設けられた一般向けの献花台には午前中から夜まで長蛇の列が続き、約2万3000人が訪れた。厳戒態勢の首都を、安倍氏の遺骨を乗せた柩車が自宅から日本武道館に向けてゆっくりと進んだ。喪服姿の昭恵さんは遺骨を抱いて後部座席に座り、出発時には外に向けて頭を下げた。東京・富ケ谷の自宅前の道路では午前から検問が始まり、SPなど約50人の警察官が警戒。近くの大通りにも警察車両約30台が並び、周辺の植え込みなどを細かくチェックした。13:30前に旗を付けた柩車が出発すると、見送りに立つ海上自衛隊の儀仗隊の号令が響いた。一般車両を通行止めにした首都高速道路を経て、車は防衛省に向かうためJR四ツ谷駅前へ。ここでも多くの警察官が配置され、交通を規制。東京・市谷の防衛省では広場に自衛官ら数百人以上が整列し、車を見送った。日本武道館周辺の靖国通りは、九段下交差点から九段坂上までの約450メートルが車両通行止め。歩行者も北の丸公園に面した側は通行できない状態だった。車が会場に到着した14:00頃には武道館にほど近い九段坂公園に設けられた一般向け献花台に長蛇の列ができていた。都心で最高気温29度の秋晴れの下、一般献花は10:00の開始予定を約30分早めた。列は献花台から約2キロ離れたJR四ツ谷駅付近で折り返すなどして続き、一時は6キロ以上に。記者が九段坂公園から列の最後尾まで歩くと、万歩計は約8500歩に達していた。一般献花に並んだ年齢層は学生から高齢層まで幅広く、海外からの観光客や携帯で生配信しながら歩く若者の姿も見受けられた。沿道の生花店は大盛況で、四ツ谷駅近くの店では1時間早めて店を開けたという。受け付け終了予定だった16:00になっても訪れる人が相次ぎ、19:30頃に終了。関係者によると約2万3000人が足を運んだ。厳戒警備でものものしい雰囲気に包まれたが、大きなトラブルはなかった。

献花台への待ちルート - 2022.9.27

昨日(9/27)献花の列に並んだ者として、その場に居て体験したことを書き留めます。
・私が列の最後尾に並んでから献花するまでに通ったルート(待ち行列のルート)は上掲画像のとおり。(クリックすると大きな画像が表示されます) 私の時は国立劇場前の横断歩道で折り返して献花台に向かったが、今朝のTV番組 ZIP! によると三宅坂JCTを超え、国会前交差点まで列が続いていたとのことなので上掲記事内の「6キロ以上に」はほぼ正しい。
・13:15に半蔵門駅地下構内で列の最後尾に並び、献花台で献花し終えたのが18:15だった。
・JR四谷駅前交差点で折り返した際(16:00頃)、警官より「4時間待ち」と告げられた。その後の進むペースが速くなり、結果的に2時間待ちで済んだ。
・16:30過ぎには並ぶ人もあまり増えず、待機列最後尾は麹町駅の地上出口辺りまでとなる。(事前にアナウンスされていた献花台設置時間の関係からか?)
・献花台に訪れた人数を約2万3000人としているが、これは献花時間帯の途中で発表された人数値なので、実際はもっと多い。YouTube などに待ち行列の映像があるので数えるか、推定値を算出すれば誰でも判ると思う。
・待ち行列中の画像や情報は Facebook にアップしてるので合わせてご覧下さい。

Thanks! 安倍さん

エリザベス女王の国葬でビートルズ曲流れるかも?
ユニオンジャック

「エリザベス女王の棺が最後の住まい、ロンドンのバッキンガム宮殿に到着しました。沿道には夜にも関わらず、また雨の中、多くの市民が集まりました。そしてその人々の手にはキャンドルの代わりに携帯電話のライトが灯されていました」とMCの谷原章介。14日の めざまし8 は速報として、最後の長旅を終えた女王が集まった多くの人びとの拍手と歓声に包まれながら宮殿の中に入っていく様子を映像で伝えた。番組によると、棺を乗せた透明な車は「市民が棺を良く見えるように」と生前の女王が設計に関わったもの。棺を乗せた車が通る際は道の車は道路脇に停車するが、ハザードランプを点灯させ、哀悼の意を示すドライバーもいた。宮殿近くで出迎えた市民の女性は「5時間半から6時間、ずっと同じ場所で待っていたけど、女王を見られたのでその価値はもちろんあった」と話していた。19日に執り行われる国葬は、どのようなお別れの場になるのだろうか。英国王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子は「大変ユーモアのある、おちゃめな、人を楽しませることが大好きな方でしたので、お葬儀の時にも何か。準備する時間が十分ありましたので、何かあるのではないと思った時に、女王は意外とビートルズではないかしらと。そんな風な曲が流れるのではないかと。何か女王ならではの仕掛けを期待しているところです」と話した。過去に女王の前で演奏したり、勲章を授与されたりするなど、ゆかりのあるビートルズ。彼らの曲は国葬で流されるのだろうか。

谷原 : ロンドンの空軍基地から移動されている間、対向車の車も全部止まって、みなさん車から降りて見送りしている姿が印象的でした。
永島優美アナ : 英国の市民のみなさんにとっては時間も雨も関係ないという。改めて愛された女王だったんだと感じますね。
若狭勝(弁護士) : 「死して名を残す」という言葉がありますが、女王の場合は生前から世界に名を馳せていた。それがまさしく本物だったということが、今回の英国のみなさんの悼む気持ちに表れています。

めざまし8

Thanks! J-CASTニュース

エリザベス女王の訃報を受け、ポール・マッカートニーが追悼文を発表
先日亡くなった英国女王エリザベス2世に感動的な追悼文をポール・マッカートニーが 公式サイト で公開した。

Her Majesty Queen Elizabeth II

エリザベス女王陛下のご逝去という悲しい出来事に際し、私のよみがえった記憶を皆さんと共有したいと思います。エリザベス二世の在位期間中、ずっと生きていられたことを光栄に思っています。10歳の時、リバプールのエッセイコンテストに応募して、英国王室についてのエッセイで部門賞を受賞したことがあります。1953年に女王が戴冠された時、リバプールのスピークにある私たちの街の誰もがついにテレビを手に入れ、戴冠式を白黒の画面でじっくりと眺めました。振り返ってみると、私は女王陛下に8、9回お会いし、そのたびに、ユーモアのセンスと偉大な威厳を兼ね備えた女王陛下に感銘を受け、そのことを光栄に思っています。まず、1965年10月26日にビートルズがMBEを授与された時です。私たちは脇に連れて行かれて、正しい儀礼方法を教えられたのを覚えています。陛下に近づく方法と、陛下から話しかけられない限り話しかけてはいけないと言われたのです。リバプールの4人の若者にとって、それは“わあ、すごい!”という体験でした。

The Beatles getting their MBEat Buckingham Palace, 26th October 1965

次に私たちがお会いできたのは、それから数年後の1982年12月13日、ロイヤル・アルバート・ホールでのことでした。リンダと私が参加した「An Evening for Conservation」というイベントでのことです。このイベントではビートルズの楽曲をオーケストラで再演することもあり、そのことについて女王陛下とおしゃべりをしたことを覚えています。また、リンダは私をフィリップ王子に再び紹介し、フィリップ王子は60年代に私たちが会ったことを覚えていると言ってくれました。

Paul and Linda McCartney meeting Queen Elizabeth at 'An Evening for Conservation' at the Royal Albert Hall, 13th December 1982

3度目にお会いしたのは、それから10年後のことでした。1996年6月、女王はジョージ・ハリスンと私が通っていた学校の跡地にリバプール舞台芸術研究所を開設することを快く承諾してくださいました。女王は以前にも寄付をしてくださって、学校はそれをとても光栄に思っていました。

Paul and Her Majesty at the official opening of the Liverpool Institute for Performing Arts (LIPA) during a special visit to the city on Friday 7 June 1996

それからちょうど1年後、私たちの次の出会いは、私にとってとても誇らしい日でした。これまでで最高の日でした。ナイト爵位を授与されるのはとても光栄なことで、もちろん断るのは失礼にあたります。その日は春で、青空が広がっていたのを覚えています。リバプールの小さなテラスハウスからずいぶん遠くに来たものだと思ったことを覚えています。

Paul outside Buckingham Palace after receiving his Knighthood on 11th March 1997

私たちが次に会ったのは新しい千年紀のことで、それは何という機会だったでしょう。女王陛下のジュビリー(在位50周年)をお祝いして、私たちは女王陛下のお庭で演奏することができました。ショーの終わりにステージで女王陛下からの拍手喝采を受けている時、私は“じゃあ、来年もこうなのでしょうか?”と冗談を言ったら、女王は“私の庭では無理よ!”とおっしゃいました。

Paul on stage during the Party at the Palace concert in commemoration of the Golden Jubilee of Elizabeth II - 3rd June 2002

その後すぐにまた会うことになったのですが、それは私の故郷でのコンサートでした! ジョンと私が学生時代に何度も訪れたウォーカー美術館で、絵画展を開催してもらえることになり、とても光栄に思いました。女王陛下をギャラリーにご案内できたのは、私にとって大変光栄なことでした。

Paul and Queen Elizabeth at the Walker Art Gallery in Liverpool on the 25th July 2002

それから10年後、(妻の)ナンシーと私はロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで開催された「Celebration of the Arts」という特別なイベントに出席し、女王陛下とお話することができ、相変わらず感激しました。

Paul and Queen Elizabeth at a Celebration of Arts event at the Royal Academy, 23rd May 2012

2012年6月4日、女王はダイヤモンド・ジュビリー(在位60周年)を祝いますが、それはいろいろな意味でとても特別なことでした。前回のジュビリー以来、女王の前で演奏するのは初めてでしたが、ポールモールを埋め尽くす人々の姿は素晴らしく、その後、他のロイヤルファミリーの方々とお会いすることもできました。英国人であることを実感する素晴らしい週末でした。

Paul on stage with members of The Royal Family at the Diamond Jubilee concert outside Buckingham Palace. 4th June 2012

私たちの最後の出会いは2018年に訪れました。女王への尊敬と愛、そして彼女の素晴らしいユーモアのセンスから、コンパニオン・オブ・オナー勲章を授与された時、私は女王の手を握って身を乗り出し、“こんな風に会うのはやめましょうね”と言うと、彼女は少し笑って式典に取りかかられました。ちょっと生意気だったかなと思ったけど、女王は気にされてなかったような気がします。

Paul receiving the Companion of Honour at an investiture ceremony at Buckingham Palace. 4th May 2018

神のご加護を。あなたがいらっしゃらなくなると寂しくなります。

Thanks! uDiscoverMusic

ポール・マッカートニー、エリザベス女王悼む 神のご加護を、安らかにお休みください
8日(英国時間)、ポール・マッカートニーはツイッターでエリザベス女王を悼んだ。若き日のエリザベス女王の肖像と共に「エリザベス女王陛下に神のご加護を。安らかにお休みください。女王陛下万歳」と記した。ビートルズは1969年の「アビイ・ロード」に収録された「ハー・マジェスティー」を収録。20数秒の極めて短い曲として知られる。歌詞は短く「女王陛下(ハー・マジェスティー)は素敵な子。でも、語るべき言葉は少ない。素敵な子だけど気まぐれ。大好きだと伝えたいけど、それにはワインが大量に必要。女王陛下は素敵な子。いつか僕のものに」などとしている。マッカートニーはこの曲をエリザベス女王の即位50年のゴールデンジュビリーのコンサートで女王の前で披露。エリザベス女王は笑顔を見せていた。

God bless Queen Elizabeth II


Thanks! 日刊スポーツ

リンゴ・スター、エリザベス英女王を追悼
8日(現地時間)、リンゴ・スターがインスタグラムを更新。同日夕方にに滞在中のスコットランドのバルモラル城で死去した、英国のエリザベス女王の死を悼んだ。「エリザベス女王に神のご加護と愛を、すべての家族に平和と愛を。リンゴ」と記している。リンゴ・スターは、本名のリチャード・スターキーとして、英王室からナイトの爵位が授与されている。ビートルズは1965年に4人全員が、外貨獲得の功績を当時のハロルド・ウィルソン政権から評価され、エリザベス女王から大英帝国第5級勲位(MBE)の勲章を授与された。又、ポール・マッカートニーは1997年にナイト爵位を授与された。


Thanks! 日刊スポーツ



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ