つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
11 | 2022/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ド迫力だった007
綺麗に編集している BBC の映像やステージ後方から撮った YouTube 映像は納得いかんです。これを観てくれ!
「007/死ぬのは奴らだ」は本当に迫力あったです、ハイ。 わかってるとは思うけどダウンロード禁止です (^^)>

007/死ぬのは奴らだ
standby="Loading MicrosoftR WindowsR Media Player components..."
type="application/x-oleobject">



pluginspage="http://www.microsoft.com/Windows/MediaPlayer/"
SRC="http://www.wingsfan.net/The_Liverpool_Sound_Live_and_Let_Die.AVI"
width=600
height=540
autostart=0
showcontrols=1>



Thanks! The Liverpool Sound

ただいまぁ~
出社前に取り急ぎ報告致します。あらためまして皆さま、昨夜(6/3夜)、日本に帰ってきました。渡英中、弊Blogにたくさんのアクセスを頂きありがとうございました。楽しんで頂けたようで安心しました。書き手冥利につきます。帰国の際にいろいろとご心配をおかけしましたが何とか無事に帰ってこれました。励ましのメールやコメント嬉しかったです。いろんなことがあった激動の英国ツアーでしたが今朝こうして日本からBlog投稿出来ています。ポールのLIVEレポート(完全版)やBlogに掲載できなかった記事や写真は適宜掲載しますので楽しみにしていて下さい。コメントやメールのレスも順次行いますので少し時間を下さい。とりあえず今晩、皆さんへのお土産プレゼント記事を投稿する予定です。どうぞお楽しみに (^^)v

Paul McCartney - Liverpool 08

Thanks! WINGSFAN Blog Readers

バック・イン・ザ・J.A.P.A.N.
20080603231313.jpgロンドン・ヒースロー空港から AIR CHINA でふたっ飛び
エアリンガスの融通の効かなさには閉口したよ
ロンドン郊外を時速100キロ以上で一時間もぶっ飛ばすなんて
いやはや 大変な旅だったよ

ついに日本に帰ってきたんだ
日本の懐かしい仲間たちよ
アンタたちは本当に幸福ものだぜ
ついに日本に帰ってきたんだ

長いこと離れてたんで Blog の更新もおざなりになっちまった
だけど、やっぱり故郷は良いものさ
荷物をほどくのは明日にまわして
Honey 今宵は Blog もやめて静かに過ごそう

懐かしの日本に帰ってきた
アンタらは本当に幸福ものだぜ
ついに日本に
ついに日本に
ついに日本に帰ってきたんだ

アイルランドの娘たちにはまいっちまう
どんな事情があってもルールから外れると耳をふさいじゃうんだ
それに easyJet の娘たちときたら
“急いで下さい!“と言って1時間以上も到着が遅れている飛行機に僕らを追い立てるのさ

はるか遠くにあるヒースロー空港に案内しておくれ
アンタの自慢のタクシーでね
時間に間に合えば全てオーケーさ
さぁ、僕らを温かく送り出しておくれ

日本にやっと帰ってきたのさ
アンタらは本当に幸福ものだぜ
日本にやっと帰ってきたのさ

いいこと教えてやるぜ honey
ついに帰ってきた
日本に帰ってきた
おい 見てくれよ
ついに日本に帰ってきたんだ

by. wingsfan & たろっち

日本に帰れないかもしれない
マジっす。 エアリンガスの馬鹿野郎!!!

The Liverpool Sound ポール・マッカートニーLIVE
遅くなってゴメン。会場内で携帯メールが全然つながらないんだワ。もう二度とないかもしれないくらい盛りだくさんでどこから書いてよいか判らないくらい素晴らしかったポール・マッカートニーのコンサートでした。とにかく、とにかく驚け!ブートが出たら目をつぶって買ってもハズレがないくらい良かった!!! まずは私のつたない速報をごらんあれ。私、ポールのほぼ真ん前の2列目にいました。肉眼で常時ポールの顔がアップって感じです。

Paul McCartney - Anfield Stadium

The Liverpool sound 衝撃のオープニング・ナンバーは ヒッピー・ヒッピー・シェイク 。信じられる? 曲が始まった時、タイトルはピンときたけど、目の前が何が起きているのか判らなかったよ。今日はこういうのが多いんだワ (^^)v


そして、2曲目は ジェット 。イントロで私、日本から持っていった「WINGSFAN」のボードを掲げたところ、ポールが目に留め、うなづきました。感無量の瞬間でした。リバプールに来て良かった!!! BBCのニュース映像 で曲の一部が観れます。
ドライブ・マイ・カー
フレイミング・パイ
ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
と定番の曲が続いたところでポールが花柄の新ギター(レス・ポール)に持ち替えて弾き始めたのがウイングスの レット・ミー・ロール・イット 。最後にフォクシー・レディーへ繋げて終わり。

Paul McCartney - Anfield Stadium

次がすごい! 「This One's for Linda」のMCの後に久しぶりの マイ・ラヴ
C・ムーン
ロング・アンド・ワインディング・ロード
マンドリンに持ち替えてダンス・トゥナイトへと続く。新聞の付録としてアルバム「Memory Almost Full」を配った後にも関わらず MAF から演奏した曲はこの曲のみ。ポールの中ではもう過去の作品なのかもしれないと思ったと同時にこの曲がポールのスタンダードLIVE演奏曲になったといううれしい気も。いいことです。
ブラックバード
カリコ・スカイズ

Paul McCartney - Anfield Stadium

ここで、ポールが「A few Japanese people Audience, Yeah?」と客席に投げる。当然、答えましたよ。
ポール 「コンニチワ」
僕ら 「こんにちわぁ~」
ポール 「アリガト」
僕ら 「ありがとぉ~」
ポール 「オス!」
僕ら 「押忍!」
周囲でポールに応えてるのはウチらだけ。これはうれしかった~!
次の曲は新曲のハズです。周りにいたマニアの間でも判らないと言ってました。タイトルは不明。リバプールのことを歌った歌詞だったような...アコースティックな曲でシングル向きの曲ではないと思うくらい地味な曲でした。
アイル・フォロー・ザ・サン。いつもと同じと思うなかれ、最後にブルージーなパートを加えた初披露バージョンでした。
エリナー・リグビー
サムシング。これがまた久々のスペシャル・バージョン。ウクレレ一本から始まり途中からバンド演奏に変わる「Concert for George」と同じバージョン。クラプトンとラスティーの違いはあったけど良かったです。
ペニー・レイン。最初のベースのフレーズを弾き間違えたのでやり直したが、次もフィンガリングが怪しい。ポール自身も気づいたようだが最後までそのまま押し切った。強気でした。


ここから先はトラブルのため検証負荷です。何にトラブルがあったのか聞かないように(笑)

順不同だけど、覚えてるのは
007/死ぬのは奴らだ 火柱の熱気が客席まで来て熱かったです。
バンド・オン・ザ・ラン スペシャル・ゲストとしてデイブ・クロールが紹介され、ギターリスト&コーラスとして参加する。
バック・イン・ザ・U.S.S.R. デイブがドラム・ブースに移り、エイブとのツイン・ドラムでこの曲を盛り上げる。エイブより上手かった。ウクライナ公演の予行演習なのかバックの映像が妙に凝っている。
レット・イット・ビー
ヘイ・ジュード

[アンコール]
イエスタデイ
そして、驚きの2曲目は、なんと! ア・デイ・イン・ザ・ライフ。ついにこの曲をポールが! 場内のキョトンとした雰囲気と驚きの反応は YouTube じゃ判らないと思う。とにかく驚きました。メドレーで 平和を我等に へと続き、会場は大合唱。


3曲目は レディ・マドンナ、最後は アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアで長かった The Liverpool Sound も全て終了。ステージの袖から観ていたステラ・マッカートニーと(たしか)オリビア・ハリスンも引き上げていった。




まだまだ続く....日本に帰ってからね (^^)>







本、雑誌、ムック
12/7 ロッキング・オン 2023年1月号
12/9 伝説の音楽雑誌ティーンビート ビートルズ特集保存版
12/12 アンド・ザ・ビートルズ Vol.4 リボルバー
12/20 Batman / Superman:World's Finest (ポール・マッカートニー表紙)
12/26 インドとビートルズ:シタール、ドラッグ&メディテーション
2023年 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

映画
12/7 18:00 公開前夜トークイベント ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 11:20 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 13:30 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 19:00 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 19:15 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/8 20:00 ジョン・レノン、ニューヨーク
12/8 「コンサート・フォー・ジョージ」20周年記念上映
12/9 16:35 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/10 10:00 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/11 12:30 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/16まで ロックンロール・ハイスクール
12/17 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/17 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
12/18~24 ロックンロール・ハイスクール
12/29 「コンサート・フォー・ジョージ」20周年記念上映
12/31 ロックンロール・ハイスクール
2023/1/21 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023/1/27 ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

TV、ラジオ
12/7 26:05~27:00 ラジオ深夜便 ジョン・レノン作品集 NHK-FM、NHKラジオ第1
12/8 16:22~17:21 アナザーストーリーズ ジョン・レノン そして“イマジン”は名曲になった NHK BSP
12/10 19:20~20:00 Dr.竹迫のミュージック・クリニック リボルバー特集・中編 FM aiai
12/17 19:20~20:00 Dr.竹迫のミュージック・クリニック リボルバー特集・後編 FM aiai

イベント
12/8 18:30 Give Peace a Chance! ジョン・レノン追悼コンサート 2022
12/8 19:00 ジョン&ヨーコの「シングル盤」を全て聴く夕べ (ジョン42回目の命日に)
12/8まで マッキーズ・ヴァイナル 牧野良幸の描くアナログ名盤記
12/9 10:00 ビートルズと60年代カルチャー ヒストリー 1969、Q&A、閉講式
12/10 13:00 ビートルズの音楽で愛と平和を! Gig Me Do!イマジンプロジェクト
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
12/10 16:00 英国ロックの秘蔵カッティング・マスターを聴く Vol.3
12/10 15:00~18:00 ゆめ参加NAブログ主催・西日本Meet Up会 第1部
12/10 19:00~21:00 ゆめ参加NAブログ主催・西日本Meet Up会 第2部
12/17 15:30 COMMA-DADA ビートルズ クリスマス コンサート
2023/1/2~9 ザ・ビートルズ写真展&公式グッズ・ショップ
2023/1/9まで THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
2023/1/14 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2023/1/29まで マリー・クワント展
2023/2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
2023/4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2023/5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2023/6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証

グッズ
12/9 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式ロング・スリーヴTシャツ
2023/1/30 ポスター ルーフトップ・コンサート Vol.2

CD
12/14 ポール・マッカートニー LISTEN TO THIS Mr.B
12/21 ジョージ・マーティン ア・ペインター・イン・サウンド:プレ・ビートルズ・プロダクションズ・アンド・クラシカル・インフルエンス
12/21 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
12/28 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
2023/1/25 ビートルズ EMIスタジオ・セッションズ '65-'66 【2nd Edition】
2023/2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles

アナログ盤
12/16 ジュリアン・レノン Imagine
2023/2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles

Web配信
12/16 If These Walls Could Sing Disney+

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2023/2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2023/2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD