つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


NMEレポート 様々な思いが去来するコーチェラでのポール・マッカートニーのステージ
Coachella - Paul McCartneyポール・マッカートニーが自身初となるコーチェラ・フェスティバルのステージでキャリア全体から様々な思いの込められた楽曲を披露し、フェス初日の夜を締めくくった。ポールのステージはウイングスの代表曲「ジェット」で口火が切られ、ビートルズの「ドライブ・マイ・カー」がそれに続いた。気取らないブラック・スーツと白のシャツに身を包んだポールは「今夜を最高の夜にするためにずいぶん遠くからやって来たよ。良い週末にしよう」とオーディエンスに声をかけた。前半、4人のバンドを従えたポールはウイングスから数曲を演奏し、「新しいレコードをファイアーマンというプロジェクトで出したんだ。ファイアーマンは僕のオルター・エゴだよ」と言ってザ・ファイアーマンの曲「ハイウェイ」を披露した。その後、数曲をギターで聴かせるとポールはピアノに移って「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を演奏。「今日は僕と家族にとってとても特別な日なんだ」と曲が終わった後、聴衆に語りかけた。「4月17日は11年前にリンダが亡くなった日だった。次の曲はリンダに捧げるよ」と言い、ウイングスの名曲「マイ・ラヴ」が亡き妻のために歌われた。彼女のために書かれ、一緒に演奏することも多かったこの曲では声を詰まらせる場面も見られた。次いでポールはアコースティック・ギターを手に取り、一人でステージに立ってビートルズの「ブラックバード」を歌った。「これまで多くの市民権の問題が乗り越えられてきたのは本当に素晴らしいことだと思う。今、僕らにはオバマ大統領がいる」と言い、ポールは演奏を始めた。フェスティバル・ファンの若い聴衆とその中に入り交じって伝説的人物を目に焼きつけることに熱心な年かさの人々はスローな曲ではじっと聴き入り、アップビートな曲ではダンスし、声を合わせて歌った。その中の一曲「007/死ぬのは奴らだ」では曲に合わせて花火が打ち上げられた。ある男はステージから花火が打ち上げられると「なあ、これがあのポール・マッカートニーだぜ!」と叫んだ。ポールはそれからジョン・レノンのために書かれた曲「ヒア・トゥデイ」を亡きバンドメイトに捧げた。ジョンに向けられたオーディエンスの盛大な拍手は長いあいだ鳴りやまなかった。その後、ポールはジョージ・ハリスンのためにも歌い、ウイングス時代から彼のことを見守っている妻のオリヴィアにも曲を捧げた。2時間を超えるステージになったが後半になるとオーディエンスの盛り上がりはさらに高まっていたようだ。「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」などのビートルズ時代のヒット曲が間髪おかずに披露されると曲に合わせて歌うオーディエンスの声は一つになっていった。

Thanks! NME

コーチェラ 写真データ
Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Coachella - Paul McCartney

Thanks! Paul McCartney


関連Blog
4/18のBlog コーチェラ セットリスト
4/18のBlog コーチェラ ポール・マッカートニー 実況生 Blog 中継!


たろっちレポート ラスベガス到着!
LOVE - The Beatles & Cirque Du Soleilへとへと状態で、ラスベガスに到着しました。無事、チケットも
受け取りました。LOVEの1回目も鑑賞しました。

さすがに眠いのでLOVE2回目はパスです(というか、かなり盛況
で、多分当日券はないのでは・・・・)。

明日は、12時にアメリカの友人とハードロックで待ち合わせてい
ます。開演は20時です。ただ、この安ホテル、ネット環境が非常に
悪いため、写真などは明後日のLAXのスタバWiFiでつなげればアッ
プします。そうでない場合は、日本からになってしまうと思います。

コーチェラは、カメラは撮影自由なので、ものすごい数のデジカメラ
マン&ウーマンがおりました。が、ハードロックはどうなのかなぁ?

Reported by たろっち

コーチェラ ビデオ映像










Thanks! Paul McCartney & YouTube

たろっちレポート 今までで一番過酷なライブ!
現地のたろっちさんから第一報が入りました。 ポールだけでなく観る方も体力&気力勝負のフェスだったようです。

Copyright (C) 2009 たろっち All Rights Reserved.

間違いないです。
みんな開演時間を守るのに、25分も遅れてはじめるポール。
うわさでは45分説も流れていたにもかかわらず、実際は
DJも入れてジャスト3時間。今までで一番長い・・・・・・
モリッシーからずっと立ちっぱなしで、今、足がつっておき
ました。まじで眠いです。でも、そろそろ400キロ移動し
ないと、今度はLoveの上演に間に合いません。

会場は、車、車、テント、テント、人、人、そしていけない煙
マリ○ァナが蔓延!ものすごく暑かったのに、ものすごく寒く
なる。ああ、おそるべしコーチェラ。

かみさんが出国前、買うことを許してくれたデジカメで熱写
しました。

Thanks かみさん & Paul McCartney

Copyright (C) 2009 たろっち All Rights Reserved.

バンドメンバーも健在です。
いや、それ以上にポールの声はすごかった。あとですね、
ファイアマンの2曲もすごかったですけど、ポールのギター
バージョンのPaperback Writer、これはかっこよすぎでした!


もう時間がありません。やっぱりファイアマンもかっこよかった
です。マイベストソングのHighwayは最高でした!

Copyright (C) 2009 たろっち All Rights Reserved.

Reported by たろっち



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ