つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


週末観客動員数 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 2位初登場
興行通信社のミニシアターランキングに ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド がランクインしました。

小規模公開作品 週末(9/24~25)観客動員数トップ5
1 (new) 秘密の森の、その向こう
2 (new) ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
3 (new) ブルーロック 超速上映版 “青い監獄”入寮編
4 (2) 島守の塔
5 (6) 恋する惑星 4K

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

Thanks! 興行通信社

「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」誕生秘話
ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

インド滞在期のビートルズと共に過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」が劇場公開されている。その映画から「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」の誕生秘話をお届けする。1968年、ビートルズはガンジス川のほとりにいた。自分たちは何者で、どこに向かえば良いのか。人生の豊かさとは何かを求めるジョージの発案で4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにある、ガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)に招待される。この時、心の声の導きでこの地を訪れていた一人の青年がいた。現在、映像制作者として活躍するポール・サルツマン監督だ。「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」はビートルズと運命的に出会い、共に過ごした奇跡の8日間を描くドキュメンタリー作品。「すべては自分の内側にある。他の誰もあなたを変えることはできない。自分はとても小さな存在だと知れば生命はあなたの内へ、そして外へと流れる」と歌われている「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」はジョージ・ハリスンによって作られた曲で、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収められている。インドへの訪問前にレコーディングされた曲だが、まさにマハリシが提唱した超越瞑想がもたらす、すべては自分の内面にあるという生命のループに重なる世界感を歌っている。映画本編にはジョージの当時の妻パティ・ボイドの妹で、モデルとして活躍していたジェニー・ボイドが登場し、この名曲の誕生秘話を明かす。18か19歳の頃、一冊の本を手に取ったジェニーはあるフレーズに心が惹かれた。「「カルマと再生」という本で、ある文章が目に留まったの。“人生は内と外で続いている”」と書かれていた。“人生は内と外で続いている”この言葉を見た彼女は、すぐにジョージと姉パティの夫婦に電話をした。たまたま電話に出たのはジョージだった。「彼にこの一文を聞かせたの。ジョージはとても気に入って後にあの曲“ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー”が生まれた」と微笑む。ジェニーの心に響いたこのフレーズはシタールの美しい音色に乗せて、ジョージが新たな世界感を生み出した名曲といえるだろう。今回解禁となった場面写真はインドのリシケシュに滞在中のジョージ・ハリスンをとらえた3点だ。パティのとなりで思案しながら何かを見つめる姿と、ポールと談笑しながら鎮座してマハリシの前で微笑む姿、そしてサルツマン監督に声をかけられてカメラ目線を送った瞬間の3点となっている。

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

Thanks! uDiscoverMusic

ポール・サルツマン監督オンライン舞台挨拶レポート
ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ビートルズのデビュー60周年に、最高傑作“ホワイト・アルバム”を生んだインド滞在期のビートルズと奇跡の8日間を過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」が23日に公開された。1968年、全世界で最も有名なグループ、ビートルズはガンジス川のほとりにいた。自分たちは何者で、どこに向かえば良いのか。人生の豊かさとは何かを求めるジョージの発案で、4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにある、ガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)に招待される。この時、心の声の導きでこの地を訪れていた一人の青年がいた。現在、映像制作者として活躍するポール・サルツマン監督だ。「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」はビートルズと運命的に出会い、共に過ごした奇跡の8日間を描くドキュメンタリー。待望の日本公開日となる9月23日、ヒューマントラストシネマ渋谷での初回上映後に、公開記念トークイベントが行なわれた。登壇したのは、字幕監修を担当し、ビートルズ研究家として数多くの関連書籍を手掛ける藤本国彦。さらに、カナダのトロントからポール・サルツマン監督がスクリーンに登場し、「皆さん見えています。お会いできて嬉しいです」と挨拶し、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

ポール・サルツマン - 2022.9.23 ヒューマントラストシネマ渋谷

1969年、インドで出会った4人の印象は「ジョンはユーモアのセンスには辛口な部分もありますが、決して意地悪なわけではなく、からかいっ子のようでした。ポールは一番つきあいやすい、話しやすい人でした。リンゴとはあまり喋りませんでしたが、ジョージはとても優しく受け入れてくれて、嬉しかったです」と語った。リシケシュでの彼らはそれぞれパートナーといることもあったが、ひとつの大きな机にメンバーとパートナー、ドノヴァンらの同行した全員で集まってリラックスして過ごすことも多かったという。なぜ監督が彼らに受け入れられたのか?と問われると、「公の場ではなく、守られた状況で気楽だったので心を開いてくれたのではないでしょうか。初めて会ったときに“私が彼らに何かを期待しているわけではない”ということが伝わっていたのも理由にあるかと思います」と、互いに素の状態での出会いだったと振り返った。ジョンの曲「コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビル」のモデルとなったリッキ・クックについては「とても優しく話しやすい方でした。“これまで多くの人がインタビューしにきたんでしょう?”と尋ねたら、“いえ、あなたが最初ですよ”と(笑)」と、意外にも“バンガロウ・ビル”本人がビートルズとのことを語るのは本作が初めてだと驚きのエピソードを明かした。

ポール・サルツマン - 2022.9.23 ヒューマントラストシネマ渋谷

イベントの後半に観客との質疑応答が始まると客席からはすぐにたくさんの手が挙がり、監督も「喜んで答えます」と意気込んだ。製作総指揮を務め、本作にも登場する「デヴィッド・リンチ監督の印象は?」と質問が飛ぶと、「とても素敵な方でした。私も彼もアシュラムにいったことがあるので共通の体験について話し合いました。インタビューは自宅のスタジオで行なわれ、受け入れてもらえて良かったです」と瞑想の話題を通じて親交が深まったという。「インドを離れてからのビートルズとの交流は?」の質問には「彼らの生活は多くの人に囲まれてとても忙しいと思ったから、こちらからコンタクトをとろうとは考えませんでした。ただ、帰るときにジョンから撮った写真を送ってくれと言われ、ポールの恋人ジェーン・アッシャーからは“彼らはなかなか連絡がつかないだろうから”と電話番号を教えられました。実際に6カ月後にロンドンで彼女に写真を渡しました」と、彼らの生活を気遣い、監督自身から連絡先を教えることはなかったという。最後に「今日は皆さんに来ていただけて嬉しく思います。日本には4回来たことがあり、2度ほど撮影をしたこともあります。とにかく今一番大事なのは平和であり、愛だと思います。どうぞ、またお互いに愛を分かち合えたらと思います」と感謝の言葉で締めくくると、会場は大きな拍手で包まれた。

ポール・サルツマン - 2022.9.23 ヒューマントラストシネマ渋谷

公開初日とあって熱烈なビートルズ・ファンが集まり、パンフレットの購買率も高く、初回上映終了後にはポスターが完売となる大盛況のイベントとなった。インド滞在期のビートルズの素顔に迫る「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」は全国劇場にて大ヒット公開中。

Thanks! Rooftop

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド × TCGメンバーズコラボカード 9月23日発売
ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド × TCGメンバーズコラボカード

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド × TCGメンバーズコラボカード
販売期間 9月23日(祝)より 数量限定のため、無くなり次第販売終了となります。
販売劇場 テアトルシネマグループ全館
価 格  1000円(年会費)

9月23日公開の映画「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」とテアトルシネマグループ、角川シネマ、シネマート、シネスイッチ銀座の会員カード TCGメンバーズカードとのコラボレーションが実現! 映画公開日初日(9/23)よりテアトルシネマグループの劇場窓口にて販売いたします。

Thanks! テアトルシネマグループ

ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 10月9日まで
ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

映画「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」公開記念! ホワイト・アルバムを製作するため、インドに滞在していたビートルズの8日間を収めたドキュメンタリー映画の公開を記念し、diskunion ROCK in TOKYO にて新品CD、レコード、書籍、グッズなど商品特集を開催します。本日(9/23)より10月9日まで。映画の行き、帰りに、予習、復習に。ぜひお立ち寄りください!

Thanks! ディスクユニオン



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ