つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


意外な組み合わせ? ポール・マッカートニーとVR
20180322115953472.jpeg

ポール・マッカートニーと VR という取り合わせを意外に思われる方もいるかもしれない。VRドキュメンタリーショー「Pure McCartney VR」は2016年に発表された自身のベストアルバム「ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト」の発売と連動した企画として、また英国政府観光庁の GREAT Britain のキャンペーンとして制作された。

ポール・マッカートニーのVR作品「Dance Tonight」

作品は、彼の自宅のプライベート・スタジオで撮影された360度VR動画をベースに、未発表のアーカイブ映像や写真を挿入しながら、ポールの代表的な曲の背景を掘り下げていく内容で、楽曲に関する逸話を彼自身が語りながら、ファンがポールと一緒に思い出の旅を共有できる構成になっている。彼のウェブサイトでは、「Dance Tonight」のほか、「Coming Up」「My Valentine」「Mull of Kintyre」「Early Days」の計5作品が発表されている。これらの作品はドキュメンタリーながら、ポールがマンドリンや、ギター、エレキピアノやドラムを奏でたり、過去のミュージックビデオに合わせて歌ったり、視聴者に語りかけたりする、とてもリラックスした展開になっている。テキストやドローイングや地図、アニメーション、CGなどがグラフィカルに挿入され、映写機から投影されるフィルム映像がつくり出す影なども大胆に生かしたポップでおしゃれセンスを感じさせる作品だ。通常のVR動画では、1カット内に視聴者が見回すだけの時間を確保することが通説となっていたりするのだが、ここでは素早い場面切り替えや、早送りの映像なども使用され、自由な編集が格好いい。

ポール・マッカートニーのVR作品「Early Days」

「アーリー・デイズ」では、プロデューサーのジョージ・マーティンの話や、ジョン・レノンとの作曲の共作方法について。また、ジョージ・ハリスンとの思い出や、リンゴ・スターとの出会いについて語っている。そして、ボブ・ディランとの神秘的なパーティーや、有名なエド・サリバン・ショーに出演した際のエピソードなどにも触れている。

ポール・マッカートニーのVR作品「My Valentine」

「マイ・バレンタイン」では、ミュージックビデオにナタリー・ポートマンとジョニー・デップを起用した経緯について話し、旅行中のモロッコで、雨のバレンタインデーの日に、妻のナンシーとホテルのロビーのピアノを使って、この曲を書いたエピソードを披露している。監督のトニー・ケイ、エグゼクティブ・プロデューサーのクリフ・プルーマー、オーディオ・エンジニアのルーク・ベックソールドらが、撮影時のエピソードや、テクニカルなパートの解説をするメイキング動画も Paul McCartney 'Pure McCartney VR [Behind-The-Scenes] として、別途公開されていて、制作の舞台裏を知る上で興味深い。トニー・ケイは、その中で「VRとは目と耳のためのヘッドホン」と表現し、クリフ・プルーマーはVRを「あなたが手に入れることができなかったコンサートのチケット」と比較している。

【YouTube】ポール・マッカートニーVR作品メイキング動画

これらの一連の作品はVR制作・配給会社の JAUNT とのコラボレーションにより制作され、24個のカメラモジュールからなるシネマティックVR用カメラ「Jaunt ONE」により、高品質のVR映像として撮影された。また、立体音響システム「Dolby Atmos」でデジタルリマスタリングされ、視聴者が向いた方向によって音が聴こえる「空間音声」が用いられている(空間音声の視聴は JAUNT のアプリが必要)。近年、ポールはマルチ・メディアにとても関心を示しており、2014年にはビートルズの解散時に最後の公演をおこなった場所、サンフランシスコのキャンドルスティックパークでのライブの模様を360度VR動画としてアーカイブしている。楽曲は「Live and Let Die」。ステージ上からの間近の目線で、ポールの演奏を楽しむことができる。こちらも「Pure McCartney VR」同様、JAUNT とのコラボレーション作品だ。

ポール・マッカートニー「Live and Let Die」

また、2016年にはコルドバのアルベルト・ケンペス・スタジアムや独ミュンヘンのオリンピック・スタジアムで、彼の One On One ツアーの模様をキャプチャーした360度写真を、Facebook の自身のアカウントに投稿している。この投稿はハッシュタグ#OneOnOne360が使われているので、Facebook上で検索して見つけ出すことができるだろう。前述のクリフ・プルーマーは「ポール・マッカートニーは革新的な一歩を踏み出している。彼は彼のファンと直接つながり、VRというまったく新しい方法で、彼の深い考えと体験を共有している」と語っている。ポール・マッカートニーのVR作品を通じて、われわれは彼の音楽や思い出や感情や人生に、身近に触れることができるのだ。

Thanks! 朝日新聞

Pure McCartney VR 映像 Behind-The-Scenes

2日(英国時間)、ポール・マッカートニーのヴァーチャル・リアリティ・ドキュメンタリー・シリーズ Pure McCartney VR の舞台裏映像 Pure McCartney VR [Behind-The-Scenes] が公開されました。関係者のインタビューとメイキング映像で構成されています。

Thanks! Paul McCartney

Pure McCartney VR 映像 マイ・ヴァレンタイン
ポール・マッカートニーのヴァーチャル・リアリティ・ドキュメンタリー・シリーズ Pure McCartney VR の最終エピソードとして「My Valentine」編が公開されました。


2016072815280741c.jpeg

Thanks! Paul McCartney

VRフィルムメーカー Jaunt VR動画制作に Dolby Atoms を導入
Mull of Kintyre - Pure MacCartney VR

海外メディア Engadget は7月15日(現地時間)の記事で、Jaunt がVR動画制作に Dolby Atoms を導入することを報じた。同メディアによるとVR動画を制作している Jaunt はVR動画制作に Dolby Atoms を導入することを明らかにした。VR動画は、VRカメラで撮影・制作することで360度の視野角が可能となったのは周知の通り。しかし、360度の視野角であるにもかかわらず、音響に関しては全方位に対応できていなかった。Dolby Atoms は全方位に対応した音響システムで、現在は主に Dolby Atoms 対応の映画の劇場上映の際に体験できる。Jaunt は Dolby Atoms を導入することでユーザーの視線に連動して音響が変化するVR動画を制作することを目指している。同社が製作したVR動画を視聴することができるアプリ Jaunt VR は Oculus Rift、HTC社の VIVE、GearVR で利用できるのに加えて、iOS と Android アプリとしてもリリースされている。同アプリからはポール・マッカートニーがリリースしたVR音楽コンテンツ等が視聴できる。なお、以上の報道内容は Dolby 社の プレスリリース でも報じられている。

Thanks! Engadget , VR Inside


関連Blog
Dolby Atmos 音声のVRポータルが Jaunt VR に開設 Pure McCartney VR シリーズも


Dolby Atmos 音声のVRポータルが Jaunt VR に開設 Pure McCartney VR シリーズも
ドルビーラボラトリーズ(Dolby)とVR映像技術の Jaunt はドルビーアトモスで音声ミキシングした作品を配信するVRコンテンツ専用ポータルを開始し、Jaunt VR アプリ上で提供開始した。Jaunt VRアプリは iOS、Android の他、Samsung Gear VR 版、Oculus Rift 版、HTC Vive 版が用意されている。Jaunt VR アプリの中に Dolby Atmos のブランドポータルを開設し、ポール・マッカートニーの「Paul McCartney: Live and Let Die (007/死ぬのは奴らだ)」「Jack White: Ball & Biscuit」「Jack White: Freedom at 21」「Revolt: Big Sean」「Pure McCartney VR」シリーズ、ホラースリラー「Black Mass」「Rapid Fire: A Brief History of Flight」「Earth Encounter」「Collisions」「North Face」シリーズ「Zombie Purge」「Time Bubble」「Other Space」「Visions of California」などの作品を取り揃えている。iOSアプリでは CardBoard のVRビューワーを使って、VR映像と Dolby Atmos 音声を楽しめる。又、ポール・マッカートニーのVRドキュメンタリー「Pure McCartney VR」の新作「Mull of Kintyre」も Dolby Atmos で提供。1977年の同名ヒット曲についてポールが作曲の背景や逸話を振り返るというVRコンテンツで、制作当時のオリジナルエンジニア ジェフ・エメリックが Dolby Atmos でデジタルリマスターしたという。

Mull of Kintyre - Pure MacCartney VR

Mull of Kintyre - Pure MacCartney VR

Mull of Kintyre - Pure MacCartney VR

Thanks! AV Watch



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ