つれづれなるままにリボルバー祭り
Tribute Vlog for Revolver: Special Edition
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today





カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


リンゴ・スター 10月24日 大阪公演

Thanks! S.B.M

今夕の読売新聞
読売新聞 夕刊 東京本社版 2016年11月17日

今夕の読売新聞(2016年11月17日夕刊 東京本社版)に先日行われたリンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドのコンサート評が掲載されています。駅売店、コンビニなどで買えます。

Thanks! 読売新聞 , tetrathecatさん

梅市椎策の備忘録 リンゴ・スター日本公演2016
201610311830496ab.jpg

リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド日本公演に関する”梅市椎策の備忘録”
自分のための備忘録なので興味あることしか書いていません。友人情報とパクつい情報などが混ざってます。

11/2 東京 オーチャードホール
さわりとは言え、ツェッペリンの「天国への階段」を弾くわ、「リトル・ヘルプ」でゲストは来るわで嬉しかった。
トッド・ラングレンのファン情報ですが、明日(11/30)午前中に離日予定とのことです。次は韓国なので羽田でしょうね、たぶん。
→ リンゴは11時過ぎにホテルを出発。成田からだったようです。11月3日 12:50発 大韓航空KE702便。

11/1 東京 オーチャードホール
後日別途

10/31 東京 NHKホール
今日からモバイルバッテリーは1人1個までとなりました。
多分、40~50個しか出してないんじゃないかとのことです。

10/30 東京 NHKホール
14:45グッズ販売開始です。既に150人以上並んでます。
15:30過ぎ、本日のモバイルバッテリーチャージャー完売!

10/27 広島
後で

10/25 福岡
グッズ販売 17:00~ 今日もバッテリーチャージャーは1人3個まで。
当日券販売 17:45~
入場整列  18:00~
開場時間  18:15~
開演時間  19:00~
大阪・名古屋同様、携帯電話・スマートホンでのフラッシュ無し撮影OK

10/25 名古屋
・17:00ちょうどにグッズ販売スタート 待ち列は100名近く。最初の20~30名が最初に案内される。
・大阪より30分遅く開場時間は18:30、ただし開演時間は19:00。
・当日券は18:00より発売開始
・スマホでの撮影OK
・大阪よりリンゴも客席もノリ良かった
・フラッシュなど撮影の取り締まりがうるさかった

10/24 大阪
・グッズ販売は16:45より開始。17:45前にモバイルバッテリーチャージャー(10/24販売分)の販売終了
・クレジットカードは使えない。現金販売のみ
・終演後に残ってたグッズは衣類とマグカップのみ。他は完売。
・3階席は立って観てると後ろの人が見えないから座れと係員に言われる
・19:00きっかりに始まって20:58終了。アンコール無し

Thanks! Friends and more

リンゴ・スター、日本ツアー発進 単独は3年ぶり
リンゴ・スター - 2016.10.24 オリックス劇場

24日、リンゴ・スターが「リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド」日本ツアーを大阪・オリックス劇場でスタートさせた。単独の日本ツアーは3年ぶり。ビートルズのヒット曲「マッチボックス」で開演した。「リンゴ~」と声を掛けられ「ナニ? ナニ?」とうれしそうに耳をそばだてた。「君の洋服はステキだ」と声を掛け、自分の名前が記されたボードを持つ人に「自分の名前ぐらい知ってるよ」と突っ込むなどして交流を楽しんだ。1966年のザ・ビートルズ日本武道館公演から50年。先月発売のアルバム「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」は日本だけで売り上げ7万枚を記録するなど人気は衰え知らず。この日も「イエロー・サブマリン」を含む8曲のビートルズナンバーを披露した。サポートメンバーのヒット曲も披露するのがソロツアーの魅力。TOTOのスティーブ・ルカサーが「アフリカ」、ユートピアなどのメンバー、トッド・ラングレンが「瞳の中の愛」を歌った。最後はリンゴが「ピース&ラブ! みんな愛してるよ」と絶叫。年齢的に最後の来日公演となる可能性もあるが、精力的なパフォーマンスで日本ツアーが幕を開けた。

Thanks! 日刊スポーツ

ビートルズに幸運を運んだドラマー リンゴ・スター
フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター

ビートルズ来日50周年に沸き、46年ぶりの公式映画「ザ・ビートルズ - EIGHT DAYS A WEEK ~ The Touring Years」が公開される中、10月24日からリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの日本公演が開幕する。1989年、95年、2013年に続き今回で4度目となる日本でのステージは、11月2日まで全国5都市(大阪、名古屋、福岡、広島、東京)で8回開催される。リンゴ・スターのこれまでの歩みと魅力、そして来日公演の見どころについて、ビートルズ研究家の広田寛治が考察する。

リンゴはレコード・デビュー直前にビートルズに加入した幸運なドラマーとして語られることが多い。だが実際には、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンの3人が、自分たちの多様な音楽に柔軟に対応できる感性と才能を兼ね備えたドラマーとして白羽の矢を立て、ビートルズに迎え入れたというのが真相だ。新作のドキュメンタリー映画でも、表情豊かで躍動感にあふれるリンゴのドラムワークがしっかりと記録されており、彼の加入でビートルズ・サウンドが輝きを増し、世界へ羽ばたくバンドに進化したことが描かれている。リンゴはただ幸運だったのではなく、ビートルズに幸運を運んできた実力派ドラマーでもあったのだ。そして、ビートルズはリンゴの加入によってはじめて、世界へと打って出るバンドとして完成したのだった。

リンゴの人間力がビートルズを輝かせた
リンゴはまた、強烈な個性を持つ3人の輪にすぐに溶け込み、ビートルズに親近感や安定感といった新たな要素を付加した。ビートルズのメンバーの中で最も貧しい地区で育ち、生死をさまようほどの病を乗り越えてきたリンゴは、若くして人の不幸や苦しみをやさしく包み込み、どんなつらいことも常に明るく前向きにとらえる人間的魅力にあふれていた。リンゴが話の輪に加わると、その場がパッと明るくなり笑いに包まれたと、身近にいた者は口をそろえている。今回のドキュメンタリー映画でも、辛辣なジョークを言い放つジョンとジョージ、それをいさめるかのように優等生を演じるポールに対し、あまりにも自然にボケで笑いを取るリンゴを見ていると、ビートルズへの親近感も笑いもまたリンゴの加入でひとまわり大きくなっていたことが実感できるのだ。64年に大旋風を巻き起こした米国で最も人気があったメンバーがリンゴだったというのもうなずける。そして、ビートルズ人気を世界に波及させた映画「ハード・デイズ・ナイト」「ヘルプ!」でも、当然のようにリンゴ・スターが主役に抜擢されたのは、監督がこうしたリンゴの人間力を見込んでのことだったのだろう。

ビートルズ・サウンドのオアシスのような存在
ドラマーは後ろで黙々とリズムを刻むという一般的な概念を打ち破ったのもリンゴだった。ライブ活動では、特別な場合を除き、リンゴは必ず持ち歌を1曲披露していた。また、ビートルズの12作のオリジナル・アルバムのほとんどに、リンゴのボーカル曲が収録されている。リンゴの人間味あふれるほのぼのとしたボーカルは、躍動感と多様性に満ちたライブ・ステージにより深い味わいを与え、完成度の高いアルバムの中に展開されるビートルズの音宇宙にあって、ホッとさせる瞬間を生み出し、それはビートルズ・サウンドのオアシスのような存在だった。そして、ビートルズは、ジョン、ポール、ジョージという3人の天才的ソングライターが存在する希有なバンドだったのだが、リンゴもまた、68年に「ドント・パス・ミー・バイ」を、69年には「オクトパス・ガーデン」を書き、その仲間入りも果たしている。今回のライブでもビートルズ時代のリンゴのボーカル曲や自作曲の中からよりすぐりの曲が披露されるに違いない。

ソロ活動でも他の3人に肩を並べる
さらに、リンゴはビートルズ解散後には、ソロとして音楽と映画の両方で大活躍している。音楽面に限ってみても、70年の「センチメンタル・ジャーニー」から2015年の「ポストカーズ・フロム・パラダイス」まで、47年間にソロアルバム18枚(ベスト盤3枚をのぞく)をリリース。これは、ジョンとジョージを上まわり、ポールに続いて2番目の数だ。しかも70年代前半には、ジョン、ポール、ジョージに肩を並べるほどのヒット曲を連発している。まず71年に自作の「明日への願い」が全米全英4位の大ヒットを記録。続く72年には自作の「バック・オフ・ブーガルー」が全米9位全英4位。73年にはアルバム「リンゴ」を全米1位全英2位と大ヒットさせ、そこからジョージと共作した「想い出のフォトグラフ」と、「ユア・シックスティーン」の2曲で全米1位を獲得。さらに自作の「オー・マイ・マイ」も全米5位に送り込んでいる。このアルバムには、ほかにジョン提供の「アイム・ザ・グレイテスト」、ポール提供の「シックス・オクロック」なども収録され、ソロ時代のリンゴを代表する作品となっている。その後も74年に「ノー・ノー・ソング」が全米3位のヒットとなるなど、70年代前半のリンゴは、ヒットチャートの常連として大活躍しているのだ。ソロ時代のレコーディングに参加したミュージシャンの多くは、オール・スター・バンドに参加しており、今回のライブでもリンゴのソロ時代のヒット曲をたっぷりときかせてくれるはずだ。

コンサートは豪華メンバーでロックの歴史を体現
そして、リンゴのソロ活動で、近年も最も注目を集めているのがオール・スター・バンドを率いてのライブ活動だ。89年から始まったこの世界的規模でのライブは、今年で14期28年目に突入。これまでに、ジョン・エントウィッスル(ザ・フー)、フェリックス・キャヴァリエ(ラスカルズ)、ジャック・ブルース(クリーム)、ゲイリー・ブルッカー(プロコル・ハルム)、グレッグ・レイク(キング・クリムゾン、EL&P)、ピーター・フランプトン、ジョー・ウォルシュ(イーグルス)ら、そうそうたるメンバーが参加。これまでの参加メンバーは総計46人に及んでいる。こうしたビッグネームを毎回集められるのは、リンゴの持つドラマーとしての実力、シンガー・ソングライターとしての蓄積、そしてなによりも彼自身のけたはずれの人間力があるからにほかならない。14期目となる今回のオール・スター・バンドには、スティーヴ・ルカサー(TOTO)、グレッグ・ローリー(サンタナ、ジャーニー)、トッド・ラングレンら、個性的で豪華なメンバーが顔をそろえている。今回もまた、まさにロック史に残るミュージシャンたちによってロック史に残るヒット曲が次々と演奏され、ロックが生まれ、時代と共に成長したその足跡をたどる楽しいコンサートになるはずだ。そして会場は、リンゴ・スターの「ピース&ラブ」のメッセージがこだまし、温かな彼の人間力に包まれるに違いない。

広田寛治
1952年愛媛県松山市生まれ長崎育ち。山梨県立大学講師などを経て、作家・現代史研究家。日本文芸家協会会員。「大人のロック!」(日経BP社/ビートルズ関連)、文芸別冊(河出書房新社/ロック関連)、ムック版「MUSIC LIFE」(シンコーミュージック/ビートルズ関連)などの執筆・編集・監修などを担当。主な著書に「ロッククロニクル/現代史のなかのロックンロール(増補改訂版)」などがある。

Thanks! 日本経済新聞



アナログ盤
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP スプラッター
9/30 Holidays Rule (ポール・マッカートニー参加) 2LP 赤
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル アナログ盤スーパー・デラックス・エディション
10/5 ヨーコ・オノ レッツ・ハヴ・ア・ドリーム 1974ワン・ステップ・フェスティヴァル
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 4LP+EP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+Tシャツ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP+トートバッグ
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション LP ピクチャー
11/18 リンゴ・スター EP3 10インチシングル
11/18 リンゴ・スター EP3 カセットテープ
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
10/1 16:40~18:20 ワンダーウォール
10/4 18:50~20:30 ワンダーウォール
10/7 18:50~20:30 ワンダーウォール
11/26~ マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
12/2 月の満ち欠け (ジョン・レノン曲使用)
12/8 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~
2023年? The Lost Weekend: A Love Story
2023年? ブライアン・エプスタイン Midas Man
2023年? ザ・クオリーメン

イベント
10/1~30 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 東京
10/1 万平ホテル アルプス館 プレミアムプラン
10/1 19:00 犬伏功の犬伏功のミュージック・ライナーノーツ Vol.32 グリン・ジョンズ特集
10/2 17:00~21:00 「ジョージ・マーティンになりたくて」刊行記念イベント
10/4 19:00 永沼忠明 マッカートニーシンガーデビュー 40周年記念ライブ 1982→2022
10/6 19:00 リンゴ・スター研究本出版記念! ~Tribute to Ringo Starr~
10/8 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/9まで ポップアップショップ ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
10/20まで リンゴ・スター 北米ツアー
10/29 13:00~18:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 11:00~16:00 湾岸レコード・フェア 第1回 【怪奇骨董音楽市】
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
11/19~2023/1/9 THE GOLDEN YEARS OF BRITISH ROCK 浅沼ワタル写真展 大阪
11/26~1/29 マリー・クワント展
12/10 13:00 ビートルズ・デビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

本、雑誌、ムック
10/3 ビートルズUK盤コンプリート・ガイド[増補改訂版]
10/4 パティ・ボイド Pattie Boyd:My Life in Pictures
10/5 ザ・ゴールデン・イヤーズ・オブ・ブリティッシュ・ロック 浅沼ワタル写真集
10/14 デイヴ・グロール自伝:音楽と人生 ~ ニルヴァーナ、そしてフー・ファイターズ(仮)
10/25 松村雄策 僕の樹には誰もいない
2023年 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
10/4 15:00~15:30 世界サブカルチャー史 欲望の系譜「アメリカ 闘争の60S」 30分版 NHK Eテレ

CD
10/7 BOND 25 (ポール・マッカートニー&ウイングス曲収録)
10/19 ビートルズ ワンデイ・セッション1963
10/21 NOW Yearbook Extra '79 (ポール・マッカートニー曲収録)
10/21 ラー・バンド The Rah Band:Messages From The Stars
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 5CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション 2CD
10/28 ビートルズ リボルバー スペシャル・エディション CD
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
10/7 ザ・ビートルズ&インディア DVD

グッズ
10/14 ザ・ビートルズ公式カレンダー2023
10/28 リボルバー スペシャル・エディション発売記念公式Tシャツ

リボルバー スペシャル・エディション

国内盤
5CD (輸入国内仕様、完全生産限定盤、B2ポスター付き) amazon , Tower Records
2CD amazon , Tower Records
1CD amazon , Tower Records
4LP+EP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP (直輸入仕様、完全生産限定盤) amazon , Tower Records
1LP ピクチャー・ディスク (直輸入仕様、完全生産限定盤、ステッカーシート付き) The Beatles Store Japan

海外盤
5CD
2CD
1CD
4LP+EP
1LP
1LP ピクチャー・ディスク
1LP+Tシャツ [Target Exclusive]
1LP+トートバッグ [Indie Exclusive Limited Edition]

グッズ
公式Tシャツ