つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


今夜のスティーブ・ホリー
20170731231359755.jpg

7月31日夜、ビルボードライブ大阪の楽屋でのダニー・コーチマー&フレンズです。スティーブ・ホリー、元気です。

Thanks! Billboard LIVE Osaka

ダニー・コーチマー&フレンズ(スティーブ・ホリー参加)来日公演レポート
Danny Kortchmar

30日、ダニー・コーチマー&FRIENDSの来日公演がビルボードライブ東京にて行われた。ダニー・コーチマーは米国ロック界の大御所ギタリストで、本当に山ほどのアルバムに参加している。彼の参加作を見れば、彼の地のロックの動きが分かる。そう言っても、決して嘘にはならないだろう。1946年生まれなので現在71歳となるが、ステージ上に元気に現れた彼は実年齢より若く見えた。そんな彼の自己バンド公演(おそらく、日本初となるものではないか)は興味深い奏者を従えて持たれた。ギターと歌のスティーヴ・ポステルはジョン・オーツ(ホール&オーツ)と近いデンヴァーの顔役的な奏者であるし、ベースのボブ・グラウブはまさにベース界のダニー・コーチマーとも言うべき名手。キーボードのジェフ・ヤングは、ずっとジャクソン・ブラウンのもとで弾いている奏者だ。そして、ドラマーのスティーヴ・ホリーはかつてポール・マッカートニーやエルトン・ジョンのアルバムに入っていたことがあった。西海岸ロック~シンガー・ソングライター表現の、生き字引。手作り感覚にあふれるパフォーマンスに触れていると、そんな言葉が浮かんでくる。披露される曲はコーチマーが関与したジャクソン・ブラウンやドン・ヘンリー(イーグルス)やジェイムス・テイラーらの曲が中心で、余裕と技量にあふれた5人が一体となった演奏は豊穣にして、まさに説得力あり。ヴォーカルはコーチマーを中心に、もう一人のギタリストとキーボード奏者も悠々ととった。最後になったが、コーチマーのギター演奏はアトラクティヴ。さすが百戦錬磨の重鎮、さりげない刻みにしても、複音を多用するソロにしても、接していてニコニコとなってしまう。やはりこれは出色のアメリカン・ロックの公演であると、僕は大きく頷いた。なお、ダニー・コーチマー&FRIENDSの公演は本日(31日)ビルボードライブ大阪でも開催される。

Thanks! 佐藤英輔 , Billboard Japan

スティーブ・ホリー、来日中 今日は大阪公演
ウイングス最後のドラマー、スティーブ・ホリーが来日中です。昨日はビルボードライブ東京で、今日はビルボードライブ大阪で、ダニー・コーチマーと一緒に日本公演を行なっています。

Danny Kortchmar

ダニー・コーチマー & FRIENDS plays singer songwriters' hits
ギタリスト、そしてソングライターとして数多の名作を送り出してきたダニー・コーチマーが鉄壁のサポート陣を率いて初登場。名盤「つづれおり」に参加したキャロル・キングをはじめ、リンダ・ロンシュタットやジェイムス・テイラー等をサポート、1970年代シンガーソングライター・サウンドの確立に貢献したダニー。これまでにドン・ヘンリー、ジェームス・テイラー、ジャクソン・ブラウンらを手掛けてきたヒットメイカーならではのセットリストにも期待が膨らむ。また、ダニーと同じく音楽シーンを支えてきた手練の面々もオンステージし、レジェンドの名演をたっぷりと愉しむ機会となりそうだ。

ビルボードライブ東京
7月30日(日) 1stステージ 開場 15:30 開演 16:30 , 2ndステージ 開場 18:30 開演 19:30

ビルボードライブ大阪
7月31日(月) 1stステージ 開場 17:30 開演 18:30 , 2ndステージ 開場 20:30 開演 21:30

ダニー・コーチマー (Guitar)
スティーブ・ポステル (Guitar、Vocals)
ボブ・グラウブ (Bass)
ジェフ・ヤング (Keybords、Vocals)
スティーブ・ホリー (Drums)

Thanks! Billboard LIVE ,   さん



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

TV , ラジオ
2/5 23:00~23:30 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/6 10:00~10:50 夜のプレイリスト ヘルプ!特集 NHK FM
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ