1. 「レット・イット・ビー」作品解説 その1 制作背景:ゲット・バック・セッションとは?

    「レット・イット・ビー」作品解説 その1 制作背景:ゲット・バック・セッションとは?

    ゲット・バック・セッションと聞いて、すぐにあれこれ思い浮かべられるファンは今なら多いにちがいない。“リアルタイム”世代は映画「レット・イット・ビー」の元になったセッションと言えばすんなり理解するだろうし、ある程度ほじくったファンはポールとジョージの諍いを思い浮かべるかもしれない。ビートルズがビルの屋上でライヴをやったこと - それがゲット・バック・セッションの最後を飾ったと言えば、ビートルズのことをほ...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  2. ビートルズの人間らしさが詰まった「Let It Be」スペシャル・エディション

    ビートルズの人間らしさが詰まった「Let It Be」スペシャル・エディション

    ビートルズ最後のオリジナルアルバム「Let It Be」が、最新リミックスや未発表音源などを追加したスペシャル・エディションで再発。11月にDisney+で配信されるドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ:Get Back」と共に、これまで誤解されてきたセッションの過程に新たなスポットライトを当てている。今回のリイシューにおける聞きどころを掘り下げた、米ローリングストーン誌のレビューをお届けする。1969年1月のある冷え込む朝、...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  3. 【牧 元一の孤人焦点】アルバム「レット・イット・ビー」特別盤 最後のライブのきらめき

    【牧 元一の孤人焦点】アルバム「レット・イット・ビー」特別盤 最後のライブのきらめき

    ビートルズのアルバム「レット・イット・ビー」スペシャル・エディションが発売された。プロデューサーのジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オケルによるニュー・ステレオ・ミックスなどに加え、レコーディング・セッションの過程で残されたアウト・テイクやリハーサル・テイクなどが収められている。子供の頃から40年以上にわたって聴き続けてきたアルバム。あらためて感じるのは、ビートルズの最後のライブが収められて...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  4. 本当は続けたかった? ビートルズ最大の謎、解散の真相に迫る

    本当は続けたかった? ビートルズ最大の謎、解散の真相に迫る

    ビートルズが1970年にリリースした最後のオリジナルアルバム「Let It Be」が新たなリミックスバージョンに未発表音源などを多数追加したスペシャルエディションとしてリリースされる。本作は1969年に行なわれたレコーディングセッション「ゲットバック・セッション」から生み出されたアルバム。11月には、同セッションを記録した映像のうち、これまで未発表だったものを含む全6時間にも及ぶドキュメンタリーシリーズ「ザ・ビートル...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  5. 「レット・イット・ビー」の終わらない旅 52年目の〈ゲット・バック・セッション〉

    「レット・イット・ビー」の終わらない旅 52年目の〈ゲット・バック・セッション〉

    ビートルズ最後のオリジナル・アルバム「レット・イット・ビー」のスペシャルエディションが10月15日に発売された。ビートルズの50周年を記念して毎年リリースされてきたアニバーサリーシリーズも、この「レット・イット・ビー」で完結となる。ビートルズ解散に至るメンバー間の不和を含みながらも、世界的に大ヒットを飛ばした「レット・イット・ビー」だが、このアルバムが誕生するにはさまざまな紆余曲折があった。今回のスペシ...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  6. TikTok にビートルズがアカウント開設 アルバム「1」「Let It Be」の全楽曲が解禁!

    TikTok にビートルズがアカウント開設 アルバム「1」「Let It Be」の全楽曲が解禁!

    ショートムービープラットフォーム、TikTok にて、伝説のバンド The Beatles のアカウントが開設され、アルバム「1」(邦題:ビートルズ1)、「Let It Be」(邦題:レット・イット・ビー)に収録されている全39曲が解禁されました。1960年に英リバプールで結成され、およそ10年に渡る活動期間中に発表した楽曲の売り上げ総数は全世界で6億枚を超え、ギネス・ワールド・レコーズに最も成功したグループ・アーティストと認定されてい...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  7. 「レット・イット・ビー」誕生の軌跡 後編

    「レット・イット・ビー」誕生の軌跡 後編

    前編 で詳しく触れたようにビートルズ最後期の混沌とした状況の中でラストアルバム「レット・イット・ビー」となる音源はレコーディングされ、かなり粗末な扱いを受けながらまとめられた。それだけに、ビートルズファンにとってはこのアルバムと向き合うのが厳しい側面もあり、オリジナルの発売から半世紀以上経った今もすっきりと全てが解決したとは言えない。これまでも様々な憶測や解釈、伝説や噂が独り歩きしたが、10月15日に...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  8. 今朝の朝日新聞

    今朝の朝日新聞

    今朝の朝日新聞(2021年10月15日朝刊 東京本社版)です。アルバム「レット・イット・ビー」の全面広告が掲載されています。駅売店、コンビニ、ASA(朝日新聞販売所)などで買えます。Thanks! 朝日新聞 , ホリさん...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  9. アルバム新『レット・イット・ビー』聴きどころは

    アルバム新『レット・イット・ビー』聴きどころは

    10月15日、ザ・ビートルズのアルバム『レット・イット・ビー』のスペシャル・エディションが発売される。ジョージ・マーティンの息子が手がけた「ニュー・ステレオ・ミックス」盤は以前のアルバムとどう違うのか、さらに新たに収録された音源にはどんなものがあるのか。ビートルズ研究家の広田寛治氏が解説する。※ 特に注記がない場合、本文中の曲名で『』はアルバム名、「」は曲名を示している。例えば『レット・イット・ビー』は...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  10. ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす

    ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす

    もはや、毎年この時期に恒例となったビートルズの“新譜”リリースだが、今年は「レット・イット・ビー」スペシャル・エディションが登場する。発売50周年企画という意味では、2017年の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」、2018年の「ザ・ビートルズ」、2019年の「アビイ・ロード」に続くものであり、昨年2020年に出されるべき作品ではあったものの、新型コロナウイルス感染症の世界的流行という状況もあ...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  11. 10月12日のアビイ・ロード・スタジオの外壁

    10月12日のアビイ・ロード・スタジオの外壁

    12日(英国時間)、英ロンドンのアビイ・ロード・スタジオの外壁が「レット・イット・ビー」仕様になりました。画像をクリックすると大きい画像が表示されます。Thanks! Abbey Road Studios...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る
  12. コラム 「レット・イット・ビー」いくつもの謎と伝説が赤裸々に

    コラム 「レット・イット・ビー」いくつもの謎と伝説が赤裸々に

    ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴ。それぞれの新譜とアーカイヴのリリース・ラッシュで、さながら「ビートルズ収穫祭」と化した2021年を締めくくるヘッドライナー、もしくはボスキャラ、あるいはモンスターがいよいよ登場する。ビートルズ「レット・イット・ビー」スペシャル・エディションは、ビートルズ最後のオリジナルアルバムであり、いくつもの謎と伝説に彩られた名盤を、最新リミックスと大量の未発表テイクと共に現...

    発売50周年 レット・イット・ビー このカテゴリ一覧を見る