つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、海洋保全を訴えるチャリティ・ビデオ公開

ポール・マッカートニーが映像作家のジャック・マッコイと再びタッグを組み、海岸環境を守ることの重要性を訴えるチャリティ・ビデオ Slidin' (EOB Remix) を公開した。このビデオの収益はサーファーによって設立された環境保護団体 Surfrider Foundation Australia へ寄付される。ポールとジャック・マッコイは、2人が共有する“海への愛”をテーマに過去何十年にわたって映像作品でコラボレーションしてきた。「Slidin'」はポール・マッカートニーが2020年12月にリリースし、2022年度のグラミー賞にノミネートされている最新アルバム「McCartney III」の収録曲で、サーフィンや海の映像がこの曲にはぴったりだと感じた彼はジャック・マッコイに手を貸してもらえないかと相談したという。このビデオの制作についてジャック・マッコイは「この曲を聴いた瞬間、“クレイグ・アンダーソン(有名サーファー)だ”と思いました。そこでクレイグの友人たちに声をかけて、素晴らしい映像を提供してもらい、この曲のオフィシャル・ビデオを作ったんです。ポールの賛同も得て、クレイグと私はこのビデオ(の収益)を私たちの海岸を守るために日々闘い、特にニューサウスウェールズ州の海岸線で石油と天然ガスを採掘するための提案書 PEP11 を阻止するために奮闘している Surfrider Foundation の活動を支援するために寄付することにしました」と振り返っている。その数ヵ月後、ジャック・マッコイはポール・マッカートニーが自ら監修し、アンダーソン・パーク、ベック、ドミニク・ファイク、フィービー・ブリッジャーズ、セイント・ヴィンセント、レディオヘッドのEOBことエド・オブライエンなど、ポールの友人やファン、そして新たな知り合いなど、様々なアーティストたちが自らの独特なスタイルで「McCartney III」をカバー、リミックス、再構築したアルバム「McCartney III Imagined」をリリースしようとしていることを知った。ジャック・マッコイは「レディオヘッドのエド・オブライエンらが制作した「Slidin'」のパンプアップ・バージョンを聴いて、最初のビデオの締めくくりとして、もう一つサーフィン・ビデオを作るのにぴったりだと思いました」と語っている。エド・オブライエンは、このリミックス・ヴァージョンの制作について「ポールのためにこのリミックスを作るのはとても楽しかったです。冬は暗く、2度目のロックダウンが迫っていましたが、ポール・エプワースとのこのトラックの制作作業は希望に満ちた時間でした。ステム(トラックを構成する要素)に触れ、ヴォーカルを聴けたこともすごく良かったですし、ドラムも素晴らしかった。すべての楽器をポールが演奏してるんです! 彼のオリジナル曲からインスピレーションを得て「Helter Skelter」っぽく仕上げたいと思っていました。素晴らしいビデオですし、Surfrider Foundation とコラボレーションできたことも素晴らしいです」と語っている。


Thanks! uDiscoverMusic


関連Blog
12/7のBlog ポール・マッカートニー、ミュージックビデオ「Slidin'」公開
6/21のBlog ミュージックビデオ Slidin'


ポール・マッカートニー、ミュージックビデオ「Slidin'」公開

ポール・マッカートニーが、今年リリースしたリミックス・アルバム「McCartney III Imagined」から、レディオヘッドのエド・オブライエンがリミックスした Slidin' (EOB Remix) のミュージック・ビデオを公開しました。このミュージック・ビデオは、サーフィン映画/ビデオ監督のジャック・マッコイとポールのコラボレーションによって制作され、海岸線保護の重要性に対する認識を広める目的でオーストラリアの国際環境NGO団体 Surfrider Foundation に贈られています。過去10年でポールと何度もコラボしたマッコイは「この曲を聴いた途端、クレイグ・アンダーソン(プロ・サーファー)の名前を呟いていました。クレイグの友人に頼んで、彼の素晴らしい映像を提供してもらい、それがこのミュージック・ビデオになりました。ポールの後押しもあり、僕とクレイグは、我々の海岸線を守るために闘い続け、特にニューサウスウェールズ州の海岸線から石油とガスを掘削する提案PEP11に抗議しているサーフライダー・ファウンデーションに協力するため、このビデオを彼らに捧げることにしたのです」と語っています。

Thanks! MUSIC LIFE CLUB


関連Blog
6/28のBlog ジャック・マッコイ、ポール・マッカートニーとタッグを組む
6/21のBlog ミュージックビデオ Slidin'


ポール・マッカートニー、「McCartney III」333エディションの製造過程を描いた映像を公開

ポール・マッカートニーのアルバム「McCartney III」には、サード・マン・レコードのオンラインストアで発売された333枚限定のイエロー・ヴァイナル・レコード「333エディション」があり、その製造過程を描いた5分のミニ・ドキュメンタリー映像 McCartney/333: Melting 'McCartney' & 'McCartney II' into 'McCartney III' が公開されています。「333エディション」はサード・マン・レコードの工場、サード・マン・プレッシングで製造され、1970年のアルバム「McCartney」と1980年の「McCartney II」のレコード盤をリサイクルしてプレスされました。このドキュメンタリーにはサード・マン・レコードの共同創設者ベン・スワンクと従業員、Rolling Stone 誌のジャーナリスト、ロブ・シェフィールドらのインタビューがフィーチャーされ、ポールがスタジオで「McCartney III」を制作する映像も収録されています。なお、3333枚限定の「3333エディション」も最近リリースされ、黄色と黒のスプラッター柄のLPが海外のインディーズ・ストア限定で発売されています。

McCartney III: 3333 Edition

Thanks! MUSIC LIFE CLUB

ポール・マッカートニー、「ファインド・マイ・ウェイ」のミュージックビデオの舞台裏映像を公開
Find My Way (Behind The Scenes) - Paul McCartney, Beck

13日(現地時間)、ポール・マッカートニーがベックと共演したサイケデリックなミュージック・ビデオ「Find My Way (feat. Beck)」の舞台裏映像 Find My Way (Behind The Scenes) が公開された。超リアルなデジタル・アバターの制作を専門とする Hyperreal Digital 社と共同制作された同ビデオは若かりし頃のポール・マッカートニーに扮したベックが、迷路のようなホテルの廊下を彷徨い歩き、過去にタイム スリップするという映画のようなストーリー仕立てになっている。公開されたばかりの舞台裏映像では、巧妙な技術と演出を駆使し、ポールを演じる俳優に対してポール自ら振り付けを指導し、撮影が終わった後に「Lady Madonna」を即興で演奏するポールの様子も写されている。ディスコの影響を受けたカラフルなミュージック・ビデオ Find My Way (feat. Beck) について、Hyperreal Digital 社の最高経営責任者であるレミントン・スコットは「タレントを若返らせ、今回のようなクリエイティヴな環境下でパフォーマンスをさせるテクノロジーが今回は完全に実現しました。世界でも最も認知されている人物であっても、完全に再現できるのです」と語っている。又、同ビデオの監督を務めたアンドリュー・ドノホは「この曲はあるセクションから次のセクションへとシームレスで移行していくから、映像的にもそれと同じようなことをやってみたかったんだ。それで一気に作ったんだ。とはいえ、いくつかのテイクを繋ぎ合わせたものなんだけどね。でも、一発撮りにような感じになっているんだ」と語っている。フィル・タヤグが振付を手掛けた「Find My Way (feat. Beck)」のビデオは MTV Live、MTVU、全世界のMTV系列チャンネルの他、米ニューヨークのタイムズ・スクエアのバイアコムCBSのビルボードでプレミア公開された。「Find My Way (feat. Beck)」はポール・マッカートニーが2020年12月に発表した最新スタジオ・アルバム「McCartney III」収録曲のリミックス音源を集めたアルバム「McCartney III Imagined」のオープニング曲で、2021年4月16日にデジタル・フォーマットで先行リリースされた。7月23日にフィジカル・フォーマット(CD、LP、カセット)でも発売された同アルバムは、米ビルボードのストリーミングを含まない純粋なアルバム売上のランキングであるトップ・アルバム・セールス・チャートで1位を獲得(8月7日付)。MRCデータによると、フィジカル・フォーマットでの発売を受けて、7月29日までの週に全米で2万1000枚の売り上げを記録。また、リミックス・アルバムが同チャートで1位を獲得したのは、ジャスティン・ビーバーの「Never Say Never」が2011年3月5日付チャートで獲得して以来、約10年ぶりの快挙となる。



Thanks! uDiscoverMusic

【牧 元一の孤人焦点】ポール・マッカートニー 新作の発展形の聞き応え
マッカートニーIII IMAGINED

ポール・マッカートニーの新譜を聴くと、つい、ザ・ビートルズっぽい部分を探してしまう。45年以上前の小学生の頃からビートルズを聴き続けているせいだろう。今月23日に発売されたニューアルバム マッカートニーIII IMAGINED を聴いた。昨年12月発売のアルバム「マッカートニー3」を一流ミュージシャンたちがリミックス、もしくはカバーした作品だ。7曲目の「スライディン」は英国のロックバンド「レディオヘッド」のギタリスト、エド・オブライエンのリミックス。もともとハードロックで、ポールの力強いエレキギター演奏が印象的だったが、スピード感が高められた上に、ポールのシャウトが強調され、躍動感が増した。この曲に関してポールは「ビートルズっぽくなってしまった」と話しているという。本人には昔に戻ることに複雑な思いがあるのかもしれないが、長年のファンとしては願ってもないリミックスだ。10曲目の「ホエン・ウィンター・カムズ」は米国のシンガー・ソングライター、アンダーソン・パークのリミックス。もともとポップなメロディーが光る曲で、ポールの巧みなアコースティックギター演奏が際立っていたが、ピアノなどで再構築され、ポップ度が上昇した。一度聴いたら忘れない、明快な楽曲のイメージが強くなり、ポールの魅力が顕著になっている。音楽に限らず、どの分野でも、本人より第三者の方が、その人の良い部分をよく理解していることが少なくない。ポールがいくら天才でも、自分ではプロデュースし切れない部分、演奏し切れない部分はあるだろう。このアルバムは、1人きりで製作した前作の発展形として聞き応えがある。とはいえ、実のところ、前作も忘れがたい。改めて前作を聴いてみると、ポールのアコースティックギターがさえわたっている。「ロング・テイルド・ウィンター・バード」は、途中、歌も入っているが、ほぼアコギのインストゥルメンタルの感じで、引き込まれる。「プリティ・ボーイズ」「ザ・キス・オブ・ヴィーナス」などでも弾き語り風の演奏を楽しめる。ポールのアコギは骨太で胸に染みる。これまで見た来日公演で深く心に残る場面のひとつがビートルズの「ブラックバード」の弾き語り。広い東京ドームのステージで、ただ1人、アコギを巧みに演奏しながら歌う姿に、天才の神髄を強く感じたものだ。その部分を堪能できる良さが、前作にはある。やはり、発展形の今作と一対で楽しむのが最善だろう。

牧 元一
芸能取材歴30年以上。現在は主にテレビやラジオを担当。

Thanks! スポーツニッポン



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

TV , ラジオ
2/5 23:00~23:30 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/6 10:00~10:50 夜のプレイリスト ヘルプ!特集 NHK FM
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ