つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
08 | 2022/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


トークイベント付き上映 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 9月23日開催
映画 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド の公開を記念して、公開初日の9月23日(金・祝)にトークイベント付き上映開催決定!

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド トークイベント付き上映

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 上映&トークイベント
日時 9月23日(金・祝) 14:15の回(上映終了後、トークイベント)
会場 池袋シネマ・ロサ CINEMA ROSA 1 (03-3986-3713 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館内)
出演 藤本国彦(ビートルズ研究家/字幕監修)、本秀康(漫画家)
その他
・登壇者は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・チケット販売情報等は 劇場公式サイト をご確認ください。

Thanks! ミモザフィルムズ

トークイベント付き上映 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 9月23日開催
映画 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド の公開を記念して、公開初日の9月23日(金・祝)にトークイベント付き上映・第2弾開催決定!

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド トークイベント付き上映

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド 上映&トークイベント
日時 9月23日(金・祝) 10:00の回(上映終了後、トークイベント)
会場 ヒューマントラストシネマ渋谷 (03-5468-5551 東京都渋谷区渋谷 1-23-16 ココチビル 7・8F)
出演 藤本国彦(ビートルズ研究家/字幕監修)、ポール・サルツマン監督(オンライン登壇)
その他
・登壇者は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・チケット販売情報等は 劇場公式サイト をご確認ください。

Thanks! ミモザフィルムズ

「ハー・マジェスティ」の米ストリーミング・サービス再生回数が3倍に
Abbey Road 50th Anniversary

エリザベス女王2世の訃報を受けて英国の君主制について歌った曲の再生回数が米国のストリーミング・サービスで上昇している。米 Billboard 誌によれば、ザ・スミスが1986年に発表した「The Queen Is Dead」が最も上昇した曲になっていて、9月7日の米国での再生回数は6000回だったが、エリザベス女王が亡くなった9月8日には米国での再生回数は11万4000回となっていて、約19倍に増加している。セックス・ピストルズが1977年にリリースした「God Save The Queen」は1万1000回だった再生回数が8万1000回になっており、ビートルズが1969年に発表した「Her Majesty」は1000回だった再生回数が3000回になっており、ストーン・ローゼズが1989年に発表した「Elizabeth My Dear」は500回だった再生回数が1500回になっている。ジョン・ライドンはエリザベス女王の死を「利用している」ことを批判して、セックス・ピストルズから距離を取ると語っている。ジョン・ライドンはパブリック・イメージ・リミテッドのツイッター・アカウントで1977年発表の「God Save The Queen」に絡めた商業的な行動をしていると言われていることについて否定している。「ジョン・ライドンの見方としては、特に「God Save The Queen」との繋がりで商業的な利益を求めようとすることは現時点でエリザベス女王と彼女の家族にとって失礼であり、悪趣味です」。ジョン・ライドンは訃報を受けて「God Save The Queen」でも使われたポートレートを安全ピンなしで投稿して、次のように述べている。「安らかに。エリザベス女王2世。彼女を勝者たらしめたまえ」。エリザベス女王の訃報を受けて、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、オジー・オズボーン、ハリー・スタイルズ、デュラン・デュラン、ジェームズ・コーデン、ロバート・フリップ、ドリー・パートン、パール・ジャム、ガービッジのシャーリー・マンソンらが追悼の意を表している。エリザベス女王の葬儀は9月19日に行われ、映画館は閉館するか、葬儀の無料上映が行われる。葬儀に伴ってオーヴァーフロー・フェスティバルやボイラー・ルーム・ロンドンといったイベントは開催が中止されている。


Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニーが主題歌を歌う映画「バニラ・スカイ」 9月17日放送
バニラ・スカイ

17日19:00より、トム・クルーズ主演の映画 バニラ・スカイ が全国無料放送のBS12トゥエルビで放送される。本作はトムがアレハンドロ・アメナーバル監督のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」のリメイク権を得て再映画化したサスペンス。「ザ・エージェント」でもトムと組んだキャメロン・クロウ監督がメガホンをとった。トム演じる完璧な人生を謳歌していた富豪が自動車事故で美貌を失ったことから人生が一変していく。美貌と富と才能を兼ね備えた出版界の若き実力者、デヴィッド。マンハッタンの豪邸に暮らし、美しい歌手ジュリーと交際し、誰もが羨むような毎日を過ごしていた彼に、ある日運命の出会いが訪れる。その瞬間から、彼の運命は思いもよらない方向へ転がりはじめる。デヴィッドがひと目ぼれする親友の恋人で絶世の美女ソフィアを、スペイン版でも同役を演じたペネロペ・クルスが続投。デヴィッドの浮気心に嫉妬にかられる恋人のジュリーにキャメロン・ディアス。そのほか、カート・ラッセル、ジェイソン・リー、ティルダ・スウィントン、マイケル・シャノンらが出演。ポール・マッカートニーの主題歌がアカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。本作がきっかけでトムとペネロペは恋人同士に。「コレリ大尉のマンドリン」「マイノリティ・リポート」「ラスト サムライ」など、それぞれの出演作品のプレミア、イベントにカップルで登場し、仲睦まじげな姿を披露していた。

Thanks! シネマトゥデイ


関連Blog
8/12のBlog TV バニラ・スカイ 9月17日放送


11年ぶりのジュリアンのアルバム「Jude」 世の中の平和と心の平穏を希求し続ける姿勢そのままに
Jude - Julian Lennon

ビートルズの1968年の名曲にして最大のヒット曲でもある「ヘイ・ジュード」。ポール・マッカートニーが、当時ジョン・レノンとシンシアの離別により苦悩していた、彼らの息子ジュリアンを励ますために書いた楽曲だが、そのジュリアンが11年ぶりにリリースしたアルバムのタイトルはそのものずばりの「Jude」。ジュリアンは「ヘイ・ジュード」には「愛憎半ばする感情」を抱いてきたという。「ポールがあの曲を書いて、これから起こりそうな出来事に希望を持たせてくれたことには感謝している。でも一方では、あの時に実際に起こった離婚のことを暗く思い起こさせるものだった」とジュリアンはシリウスXMのラジオ番組で語った。Smashing Interviews Magazine によると「アルバム・タイトルを「Jude」としたのはまさに一人前の大人になったということだよ...父が母と僕のもとを去って行って、それ以来、父と会うことはまずかなわなかった。本当に本当につらい時期だった。母が教えてくれたのだけれど、僕は狂ったように泣いたり叫んだりして「パパはどこに行ったの?」と言っていたのだという」。だが、自らアルバムを Jude と名付けたということは「全てを理解できたということなのだ。それを甘受し、自分自身と折り合いをつけたということなのだ」とジュリアンは語った。アルバム・ジャケットは1974年に撮影されたというジュリアンの写真が使われている。アルバムの内容は、父であるジョンが生涯訴えた世の中の平和を希求する声に満ちている。今年春にニュー・アルバムのリリースが公にされたが、2月下旬のロシアによるウクライナ侵攻によって始まった新たな戦争の影響も色濃く出ている。「私たちは平和を祈る。ぜひともそうしなければならない」と歌われる「ブレス」。「ウィズ・エブリィ・リトル・モーメント」では「瞬間ごと、雨粒が降る度、太陽の光が射す度、わからないのかい、戦争が終わったということが」、「勇気、小さくとも勇気を持とう」という歌詞も登場する。同曲のオフィシャル・ビデオは、花を持った兵士や花を地上にまく戦闘機が登場するなど極めてメッセージ色の強い内容となっている。世の中の平和とともに、ジュリアンが希求し続けているのが内なる平和すなわち心の平穏である。ジュリアンは両親の離婚のみならず、近年も他のビートルズ・ファミリーとの微妙な関係などに悩まされてきたことが背景にあり、2011年に発表された前作「エブリシング・チェンジズ」にはそれが強く反映されていた。ニュー・アルバムでも「ラッキー・ワンズ」や「セイブ・ミー」、「フリーダム」といった楽曲にはジュリアンのそうした気持ちが映し出されているように思える。新作のサウンドはストリングによるアレンジが多く施され、ピアノも多用されていることもあり、アルバム全体が内省的で穏やかなトーンに包まれている。声高に叫ぶことはないが、静けさに込められたメッセージが聞くものの心に響いてくる。アルバムの作品群は「鏡の中を覗いているような感じだけれど、深く、意味があり、そして感動的で、多くの問題について論じているものだ」とジュリアン自身が AARP で語った。アルバム発売は11年ぶりとなったが、その間にジュリアンは何をしていたのだろう。写真家としての活動、ドキュメンタリーの撮影、自ら設立した「ホワイト・フェザー・ファウンデーション」を通じた環境保護、人道支援などの慈善活動、子どもたちに環境問題に関心を持ってもらおうという狙いの絵本シリーズの刊行など忙しくしていたという。ジュリアンが自分の過去と折り合いがつけられたとする一つには、法的な改名に踏み切ったことが挙げられよう。2020年、ジュリアンは正式に「ジョン・チャールズ・ジュリアン・レノン」から「ジュリアン・チャールズ・ジョン・レノン」に改名した。ジュリアンというのはミドル・ネームだったのだ。だから空港で飛行機に搭乗する際に名前が呼ばれるが、いつも「ジョン・レノン」と呼ばれることになってしまい、騒ぎになっていたとジュリアン。「ジョンとジュリアンを入れ替えただけなのだけど。それだけなのだが、僕にとっては全く別の世界なのだよ、本当にね」。もう一つ、ジュリアンが「脱皮」したといえるのは、父ジョンの1971年の名作「イマジン」を初めて公の場で演奏したことだ。ウクライナへの人道支援を呼びかけるSNS運動の「Stand up for Ukraine」に参加し、エクストリームのヌーノ・ベッテンコートのアコースティック・ギターによる伴奏により、キャンドルに囲まれた部屋で「イマジン」を歌った。「僕はいままで「イマジン」を歌うのは世界の終りの時だけだと言ってきました」とジュリアン。「しかし、ウクライナでの戦争は想像もできないような悲劇でした。人間として、アーティストとして私にできる最大限の方法で応じなければいけないと思ったのです」。「彼(父)の歌詞は世界の平和を願う僕たちの気持ちを反映しているものだ。この曲の中で、僕たちは愛と連帯感が現実となる空間へと、ほんの一瞬であれ連れていってくれるのです・この曲は、僕たちみなが願っているトンネルの先の光を映し出している」。


Thanks! OVO/桑原亘之介



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

TV , ラジオ
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ