1. ホワイト・アルバム秘話 インド滞在中のポールはマイク・ラヴの隣部屋だった

    ホワイト・アルバム秘話 インド滞在中のポールはマイク・ラヴの隣部屋だった

    名曲「Back In The U.S.S.R.」制作にあたり大きな助言をしたとされるビーチ・ボーイズのマイク・ラヴは、1968年にビートルズがインドを訪れていた際に一緒に同地におり、作曲者ポール・マッカートニーの隣部屋に滞在していたという。このことが明らかになったドキュメンタリー映画「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」より、今回、ガンジス川のほとりで新曲創作に励むポール・マッカートニーの姿をとらえた場面写真が B...

    映画 このカテゴリ一覧を見る
  2. ポール・マッカートニーが大相撲の伝統を変えた?

    ポール・マッカートニーが大相撲の伝統を変えた?

    幕内力士の取組に懸けられる懸賞は、ハウマッチの宝庫。取組前に土俵を一周する懸賞幕には、一本につき税込7万円が協賛団体や企業から提供される。7万円の内訳は次の通り。1万円が日本相撲協会の事務経費になり、3万円が納税充当金に(勝利力士の納税対策として協会が預かり、余ると勝利力士に返還される)、残る3万円を勝利力士が手刀を切って受け取る。では広告の役目を果たす懸賞幕自体は、いったいいくらするのだろう。「懸賞...

  3. ポール・マッカートニーが老人ホームを訪問した時の話

    ポール・マッカートニーが老人ホームを訪問した時の話

    ポール・マッカートニーさんが老人ホームを訪問したときの話だそうだ。一人のおばあさんがピアノでビートルズの曲を弾いた。弾き終えるとこんなことを言った。「マッカートニーさん。失礼ながら、自分には歌詞の書き直しが必要です」。曲は「ホエン・アイム・シックスティー・フォー」(私が64歳になったら)。その年齢になっても君は僕を必要としてくれるかな。老後のおだやかな暮らしを想像した曲である。おばあさんにしてみれば...

    ニュース このカテゴリ一覧を見る
  4. ジョン・レノンのドキュメンタリー映画 12月8日公開決定!

    ジョン・レノンのドキュメンタリー映画 12月8日公開決定!

    ビートルズのリーダーにして、史上最高のカリスマロックミュージシャン、ジョン・レノンのドキュメンタリー映画 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~ がビートルズ デビュー60周年を記念して、彼の命日である12月8日より東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。同作はジョン・レノンの生い立ちと彼の人格、後に彼の音楽に影響を与えた出来事を未公開の歴史...

    映画 このカテゴリ一覧を見る
  5. 幻のビートルズ来日画像ついに開示される 9月24日オンライン限定配信

    幻のビートルズ来日画像ついに開示される 9月24日オンライン限定配信

    NPO法人 情報公開市民センター が「1966年に日本武道館で行われたビートルズ日本公演に関し、警視庁警備部が撮影したフィルム」の情報公開を求めた訴訟の判決が最高裁が2018年10月25日に確定した件で、4年の時を経て幻のビートルズ来日画像がDVDとして開示されました。9月24日(土)に米子市で行う 第29回全国オンブズ米子大会2022 で理事長の新海聡弁護士が解説をした後、18:15以降、懇親会会場で映写すると共にオンライン配信す...

    ビートルズ来日57周年 このカテゴリ一覧を見る