1. アントニオ猪木 自宅で死去 79歳 燃える闘魂 プロレス黄金期けん引

    アントニオ猪木 自宅で死去 79歳 燃える闘魂 プロレス黄金期けん引

    1日、プロレスラーで、参議院議員を2期務めたアントニオ猪木(猪木寛至)が自宅で死去した。享年79歳。神奈川県横浜市出身。難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だった。1943年(昭和18年)生まれ。5歳で父親を亡くし、13歳で家族とともにブラジルへ渡り、コーヒー農場などで働く。現地の陸上競技大会の砲丸投げで優勝した際、ブラジル遠征中だった故力道山さんにスカウトされプロレスの道へ。日本プロレス入りし。60年9月30日...

    訃報 このカテゴリ一覧を見る