つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
11 | 2022/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


全米チャート Billboard リボルバー 55位
Revolver - The Beatles

ビートルズのアルバム Revolver 発売3週目の全米アルバム・チャートです。

The Billboard 200 (2022/11/26付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (2) Midnights / Taylor Swift
2 (1) Her Loss / Drake & 21 Savage
3 (4) Un Verano Sin Ti / Bad Bunny
4 (3) It's Only Me / Lil Baby
5 (new) Faith In The Future / Louis Tomlinson
55 (18) Revolver / Beatles

今週の全米アルバム・チャートは、テイラー・スウィフトの「Midnights」が先週の2位から再浮上し、非連続3週目の1位を獲得した。同作は10月21日にリリース後、2週間連続で1位に輝いたが、先週、ドレイクと21サヴェージのコラボレーション・アルバム「Her Loss」にその座を譲っていた。「Her Loss」は今週、2位に1ランク・ダウンした。3位はバッド・バニーの「Un Verano Sin Ti」が先週の4位から再浮上。今週、新作で最高位にチャート・インしたのはワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンの2作目のソロ・アルバム「Faith In The Future」で5位につけた。ファースト「Walls」(2020年)の9位を上回った。「Faith In The Future」は英国では初登場1位に輝いている。

オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ - ブルース・スプリングスティーン

今週、ブルース・スプリングスティーンの新作「Only The Strong Survive」が8位に初登場している。同作はブルースにとって通算22作目の全米トップ10ヒットとなった。Billboard 200 の集計が始まった1956年3月24日から11月26日まで、全米トップ10に20作以上を送り込んだアーティストは以下の12組で、ブルース・スプリングスティーンは本作で、ローリング・ストーンズの37作、バーブラ・ストライサンドの34作、ビートルズとフランク・シナトラの32作、エルヴィス・プレスリーの27作、ボブ・ディランとマドンナの23作に次ぐ歴代最多8位となった。ブルース・スプリングスティーンの全米トップ10獲得アルバム(22タイトル)と歴代アーティストは以下のとおり。

1975年 明日なき暴走 (3位)
1978年 闇に吠える街 (5位)
1980年 ザ・リバー (1位)
1982年 ネブラスカ (3位)
1984年 ボーン・イン・ザ・U.S.A. (1位)
1986年 The "Live" 1975-1985 (1位)
1987年 トンネル・オブ・ラヴ (1位)
1992年 ヒューマン・タッチ (2位)
1992年 ラッキー・タウン (3位)
1995年 グレイテスト・ヒッツ (1位)
2001年 ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ (5位)
2002年 ザ・ライジング (1位)
2005年 デビルズ・アンド・ダスト (1位)
2006年 ウィ・シャル・オーヴァーカム: ザ・シーガー・セッションズ (3位)
2007年 マジック (1位)
2009年 ワーキング・オン・ア・ドリーム (1位)
2012年 レッキング・ボール (1位)
2014年 ハイ・ホープス (1位)
2019年 ウエスタン・スターズ (2位)
2020年 レター・トゥ・ユー (2位)
2022年 オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ (8位)

2005年から2016年にかけて最新のヒット・ソングを子供がカバーするオムニバス「キッズ・ボップ」シリーズも24作がトップ10入りしたが、複数のアーティストが参加した企画盤ということでこの記録には含まれていない。

1位 37枚 ローリング・ストーンズ
2位 34枚 バーブラ・ストライサンド
3位 32枚 ビートルズ、フランク・シナトラ
5位 27枚 エルヴィス・プレスリー
6位 23枚 ボブ・ディラン、マドンナ
8位 22枚 ブルース・スプリングスティーン
9位 21枚 ポール・マッカートニー / ウイングス、エルトン・ジョン、ジョージ・ストレイト
12位 20枚 プリンス

Thanks! Billboard

現代ジャズ・ピアノの重鎮によるビートルズのカバーアルバムが2月10日海外発売
Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles

ビートルズには、議論の余地のない普遍性というものがある。彼らの音楽は文化や世代を超え、常に新しいリスナーを獲得し続けているのだ。彼らの曲には、誰もが引き込まれるような即効性と誠実さが存在している。 (ブラッド・メルドー)

新世紀を代表するジャズ・ピアニストとして、ジャンルを越えて、多くのアーティスト、ミュージシャンからも賞賛を浴びる鬼才ブラッド・メルドー。2021年にグラミー賞を受賞したこともあるオルフェウス室内管弦楽団とのコラボレーション作品「Variations On A Melancholy Theme」をリリースし、2022年3月にはプログレッシヴ・ロックから受けた音楽的インスピレーションと深い思索から生まれた作品「Jacob's Ladder」を発表した彼が早くも新たなるアルバムを完成させた。今回彼が発表する作品はジョン・レノンとポール・マッカートニーの楽曲やジョージ・ハリスンの楽曲に現代の鬼才である彼が新解釈を加えて披露する、2020年9月にフィルハーモニー・ド・パリでのソロ・ライヴの模様を収録したビートルズのカバー・アルバム Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles だ。彼は今までもビートルズの曲をライヴで披露してきたのだが、今回発表するこの最新作に収録されている楽曲は、全て今までレコーディングされてこなかった、公式音源としては初出となるパフォーマンスばかりだ。また、今作の最後にはデヴィッド・ボウイの名曲「Life on Mars?」のカバーも収録されており、ビートルズとその後のポップソング・ライターたちとの繋がりをメルドー流に表現した見事な構成となっている。今作の発売にあたり、ブラッド・メルドーは「私が楽器を始めた当初は、まだビートルズのことはそれほど気にしていなかった。しかし、私が耳にしてきた時代を超えたピアノ・ポップ・ソングの多くは、彼らを源流として生まれたものだったのだ。その音楽性は知らず知らずに私の個性の一部となり、後にビートルズのことを知った時、すべてが一つに結びついた。彼らが発表した音楽、そして他のアーティストに与えてきた幅広い影響は、私の活動に影響を与え続けていると言える。ハロルド・ブルームが書いた「The Western Canon」という本の中で、著者は何が特定の本を長続きさせるのか、という問いに立ち向かっている。その答えは多くの場合、奇妙さとでもいうべき、同化できないほどのオリジナリティ、あるいは同化しすぎて奇妙だと思わなくなるようなオリジナリティの様式であるということが挙げられている。ビートルズと彼らの作品やその別の側面から影響を受けた多数のアーティストたちを見ると、この逆説的な長寿の秘訣は彼らの継続的な足跡を考える際の一つの方法だということが言える。特に「ラバー・ソウル」から始まり最後の作品となった「レット・イット・ビー」までの一連の革命的アルバムには、多くの奇妙さというものが実際に存在しているからね」とコメントしている。

Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles / ブラッド・メルドー 2月10日海外発売
I Am The Walrus
Your Mother Should Know
I Saw Her Standing There
For No One
Baby's In Black
She Said, She Said
Here, There And Everywhere
If I Needed Someone
Maxwell's Silver Hammer
Golden Slumbers
Life On Mars?

Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles / ブラッド・メルドー 2月10日海外発売
Side A
I Am The Walrus
Your Mother Should Know
I Saw Her Standing There
For No One
Baby's In Black
She Said, She Said
Here, There And Everywhere
Side B
If I Needed Someone
Maxwell's Silver Hammer
Golden Slumbers
Life On Mars?

Thanks! TOWER RECORDS

ビートルズのデビューレコード発売60周年を祝してセイコーの記念ウオッチが12月5日発売
インペリアル・エンタープライズ社が セイコー THE BEATLES デビューレコード LOVE ME DO 60周年記念 オフィシャルウオッチ を12月5日より、PREMICO オンラインショップ で販売開始した。

セイコー THE BEATLES デビューレコード LOVE ME DO 60周年記念 オフィシャルウオッチ

セイコー THE BEATLES デビューレコード LOVE ME DO 60周年記念 オフィシャルウオッチ 12月5日発売
ビートルズの歴史は、ここから始まった。時代を駆け抜けたビートルズの軌跡をたどる時のモニュメント。1962年10月5日、ビートルズの記念すべきデビュー・シングル「LOVE ME DO」が英国でリリースされました。ビートルズサウンドの原点となったこの歴史的レコードの発売60周年を祝して、スペシャルな記念腕時計が誕生しました。レコード盤に見立てた漆黒の文字盤には、ビートルズのシンボリックなモチーフをレイアウト。インデックスには1962年を起点とする年号が記され、彼らの8年にわたる栄光の軌跡が重なります。アップル・コア・リミテッド公認の貴重なクロノグラフモデル。刻々とめぐる時のリズムが、あの頃の熱い想いを呼び覚まします。限定1962点。メンバーのフォトカードがセットされた特製記念ボックスに収めてお届けします。

価 格 5万9800円 (税別)
限定数 1962個
お届け 2023年5月下旬発送予定

材 質    ケース・裏蓋=ステンレススチール バンド=合成皮革 風防=ハードレックス
ケースサイズ 縦47×横39.8×厚さ11.7mm
手首回り   14~19.5cm
ムーブメント クオーツ (平均月差±15秒以内)
防水性能   日常生活用強化防水 (10気圧防水)
保 証    1年間品質保証
生産国    日本

・3つのインダイヤルは「LOVE ME DO」のレコード、聖地リバプールの時計台、1968年のアップルレコード設立を象徴するゴールドディスクをそれぞれイメージ
・0~8時のインデックスに記された年号に合わせて、メンバー4人のシルエットなど、ビートルズの8年史のシンボリックなモチーフがあしらわれています。裏蓋にはビートルズのロゴとともに、限定1962点の証であるエディションナンバーが刻印されます。
・腕時計はビートルズのロゴがデザインされた特製記念ボックスに収めてお届けします。
・内側にはメンバーのフォトカードをセット。時計収納時はインテリアとしてお楽しみいただけます。
・時計バンドはポール・マッカートニーの動物愛護へのこだわりにより、合成皮革を使用。

セイコー THE BEATLES デビューレコード LOVE ME DO 60周年記念 オフィシャルウオッチ

Thanks! インペリアル・エンタープライズ

Dr.竹迫のミュージック・クリニック リボルバー特集・中編 12月10日放送
『リボルバー』スペシャル・エディション

Dr.竹迫のミュージック・クリニック リボルバー特集・中編 12月10日(土)19:20~20:00 FM aiai
小児科医でシンガーソングライターの竹迫倫太郎がパーソナリティを務める FM aiai(82.0MHz)の人気番組「Dr.竹迫のミュージック・クリニック」。次回は「リボルバー・スペシャル・エディション」(スーパー・デラックス)特集・中編です。中編では Disc 2「セッション1」と Disc 3「セッション2」からの選曲でお送りしたいと思います。ビートルズ・ファンの方は次回もどうぞお楽しみに!

Tomorrow Never Knows (Take 1)
Got To Get You Into My Life (Second Version - Unnumbered Mix)
Paperback Writer (Take 1 and 2 – Backing Track)
Rain (Take 5 – Actual Speed)
Rain (Take 5 – Slowed Down For Master Tape)
Doctor Robert (Take 7)
And Your Bird Can Sing (First Version – Take 2)
And Your Bird Can Sing (Second Version – Take 5)
Taxman (Take 11)

竹迫倫太郎
1978年兵庫県姫路市生まれのミュージシャン&小児科医。幼少期より父親の影響で洋楽に親しむ。中高生になるとポール・マッカートニーからの強い影響でギター、ピアノ、更には作詞・作曲を始める。また、ブライアン・ウィルソンからの影響でコーラス・ワークを重視した編曲の面白さに目覚める。2002年、琉球大学在学中に沖縄のインディーズ・レーベル Climax Entertainment より、ウエストコースト・ロックからの影響色濃いミニ・アルバム「The Season Of Love」でデビュー。その後も同レーベルから、AOR、シティ・ポップなどと評されることの多い作風でコンスタントに作品を発表。2006年、医師免許取得に伴い音楽活動を休止。2012年、FM番組「Dr.竹迫のミュージック・クリニック」の開始をきっかけに音楽活動再開。2017年にはアルバム「Union」を発表。小児科医として日常診療を行いながら不定期に音楽活動を行っている。
公式サイト http://www.k-t-records.com/takesako
Facebook ページ https://www.facebook.com/rintaro.takesako/
Dr.竹迫のミュージック・クリニック http://drtakesako.seesaa.net/
Dr.竹迫のミュージック・クリニック+α http://merurido.jp/magazine.php?magid=00026

Thanks! 竹迫倫太郎

ロッキング・オン 2023年1月号 12月7日発売
7日に発売される ロッキング・オン 2023年1月号 の付録「2023年特製カレンダー」にビートルズの写真が掲載されます。

ロッキング・オン 2023年1月号

ロッキング・オン 2023年1月号 12月7日発売

2022年 洋楽アルバムベスト50
今年も決定、ロッキング・オン編集部がお送りする洋楽年間ベストアルバム50選。アルバムはもちろん、リイシュー、映像、イベント、ライター陣による座談会、そしてシーン別徹底考察で今年の洋楽シーンを徹底的に読み解く全50ページ

GUNS N' ROSES
最高のステージを魅せてくれたガンズ・アンド・ローゼズ。その3時間をかみしめる完全レポート

AVRIL LAVIGNE
ついにアヴリルが日本に帰ってきた。2022年に再びポップパンクをブチ鳴らした圧巻のパフォーマンスを完全レポート

RED HOT CHILI PEPPERS
ジョン・フルシアンテが戻ったレッチリ、2枚の新作を引っ下げて来日。ついにこの時が来た!

MAROON 5
亡き友に捧げた7th「ジョーディ」を携え、待望の来日! ― 危機的状況を乗り越えたマルーン5、その魅力を徹底解説する

気になるあいつ COMING NEXT:SUDAN ARCHIVES
今月はマルチな才能を発揮するオハイオ州出身のミュージシャン、スーダン・アーカイヴスを徹底解説

PALE WAVES
ニューウェイヴからポップパンクへ、孤独から繋がりへ ― 最新作「アンウォンテッド」のモードチェンジの秘密を語る

RINA SAWAYAMA
初の来日ツアー目前! あらゆるボーダーを乗り越える完全無欠のポップウォリアーが、全てを語った決定版インタビュー

NEIL YOUNG
ニール・ヤングの、ロックの、至上の名作「ハーヴェスト」。新発掘ドキュメントと50周年記念盤レビューで、その全てに迫る

ARCTIC MONKEYS
4人の少年がセンセーションを巻き起こし、ラディカルに変化し続けたその歩み ― 今、完全ディスコグラフィーで振り返る

TAYLOR SWIFT
「フォークロア」「エヴァーモア」の森を抜け、たどり着いたのはポップだった。歴史も記録も塗り替えた10枚目の最新作「ミッドナイツ」を徹底解説

DAVID BOWIE
「ハンキー・ドリー」という繊細な魔法 ― 豊富すぎるクリエイティビティに囲まれた12ヶ月を記録するボックス「ディヴァイン・シンメトリー」完全レビュー

ALBUM REVIEWS
今月も新世代からレジェンドまで、注目作が目白押し。2022年最後のアルバムレビューズ、大充実のラインナップで駆け抜けます

[CHARACTER OF THE MONTH]
HARRY STYLES

[HEADLINE]
MANESKIN、THE ROLLING STONES、LIAM GALLAGHER、NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS、PENTATONIX、KISS

洋楽アーティストの誕生日が入った 2023年特製カレンダー も付いてきます。

ロッキング・オン 2023年1月号

Thanks! ロッキング・オン



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

TV , ラジオ
2/5 23:00~23:30 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/6 10:00~10:50 夜のプレイリスト ヘルプ!特集 NHK FM
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ