また来日か? ポール・マッカートニー73歳でも衰えぬ“現役力”

Paul McCartney

往年のポップスターであると同時にシニアの星である。ポール・マッカートニーが今月13日、米カリフォルニア州で「ワン・オン・ワン」ツアーをスタートするほか、ビートルズ解散からソロになって45周年を記念したベストアルバム「ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト」を6月10日に発売。ワールドツアーでこの夏か秋にも、またまた来日公演を行う予定もあるのではないかと一部で報じられ、とにかく意気軒高なのだ。「ポールは2年前に来日した際、ウイルス性炎症で公演をキャンセルしましたが、実はこのとき腸捻転と診断され、日本で緊急手術を受けていたことが明らかになっています。あわや腸閉塞という危険な状況で、そのまま引退なんていう見方もごく一部にありました」と音楽ライターは振り返る。ところが、ポールは手術を乗り越え見事に回復、昨年も来日し、東京ドームや日本武道館などでコンサートを開いて、往年のファンを喜ばせたが、またまたツアー、さらに2年連続で公演というのであれば体力的にもすごい。ベストアルバム発売に際し、ポールはコメントを発表した。その中で「キャリアという言葉はちょっとふさわしくないかな。なぜなら僕としては“仕事”をしてきたというよりも、音楽の冒険を続けてきたという感じだから」と語っている。シニアにとっては、長く現役を続けるヒントにもなるかもしれない。

Thanks! 日刊ゲンダイ