74歳ポール・マッカートニーがかける「魔法」

201608171737554c0.jpeg

ビートルズが結成され半世紀以上がたち、名曲の数々は今や「クラシック音楽」という観さえある。それでもワシントンで先日行われたポール・マッカートニーさんのコンサートには幅広い世代の約1万8000人が詰めかけ、ティーン・エイジャーも目立った。隣の席の女の子はビートルズのデビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥー」などに狂喜乱舞していた。ポール・マッカートニーといえば74歳。ここ数年、世界中を精力的にツアーで回っている。「ハード・デイズ・ナイト」に始まり、「ジ・エンド」で締めくくられたワシントンでの3時間近くに及んだコンサートでは39曲を歌い上げた。おなじみの曲に加え、昨年リリースされたリアーナとカニエ・ウエストとのコラボ曲「フォー・ファイブ・セカンズ」も披露した。創作意欲も旺盛だ。アイデアやメロディーなどが浮かぶとボイスレコーダーに録音しているという。「年齢なんて、ただの数字。誰でもだんだん大きくなるが邪魔にならなければ気にならない」。音楽には「魔法のような力がある」とも。74歳にしてなお、魔法を駆使し、ファンを魅了し続けるポール・マッカートニーの衰えを知らないエネルギーに接し、元気をもらった。

Thanks! 産経新聞