リンゴ・スター来日を記念して「タイム・テイクス・タイム」の1500枚限定アナログ盤が発売に


リンゴ・スターの来日公演に合わせ、1992年発表の「タイム・テイクス・タイム」がアナログ盤で復刻されることが決定している。今回の復刻盤は日本限定で、Yellow Color Vinyl(黄色のカラー・レコード)でリリースされるもので、リンゴ・スターのアルバムが日本プレスのアナログ盤としてリリースされるのは約33年振りだという。以前に海外ではグリーン・カラー・レコードで発売されたことがあるが、日本のみイエロー・カラー・レコードが実現する。プレスを担当するのは東洋化成で、1500枚の限定販売となる。また、日本盤独自の“ひょうたん型”のレトロ仕様の帯が付けられるほか、「Limited Edition Yellow Vinyl」のステッカーもジャケットに直貼りされる。通常盤として高品質 Blu-spec CD2 でのリリースも決定し、アナログ盤と同時発売される。「タイム・テイクス・タイム」は1992年発表、1983年「オールド・ウェイヴ」以来、9年振りにリリースされたリンゴ・スターの通算10作目のソロ・アルバムで、ジェフ・リン、フィル・ラモーン、ピーター・アッシャー、ドン・ウォズという豪華プロデューサー陣を迎え、ブライアン・ウィルソン、ハリー・ニルソン、ジェリーフィッシュなど豪華ゲスト陣も参加している。リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの日本公演は10月に大阪を皮切りに名古屋、福岡、広島、東京と全国5都市8公演が行なわれる。

タイム・テイクス・タイム (黄色盤) / リンゴ・スター 10月26日発売
リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンドの来日公演を記念して1992年の作品「タイム・テイクス・タイム」をアナログLPで復刻。海外では Green Color Vinyl で発売されたことがあるが、日本限定 Yellow Color Vinyl でのリリースが実現。限定1500枚プレスで全世界のビートルズ・コレクターも羨むアイテムになること間違いなし! 今作はリンゴ・スターの通算10作目となるソロ・アルバムで、ジェフ・リン、フィル・ラモーン、ピーター・アッシャー、ドン・ウォズという豪華プロデューサー陣を迎えて制作。ブライアン・ウィルソン、ハリー・ニルソン、ジェリーフィッシュなど豪華ゲスト陣も参加し、それぞれの楽曲のクォリティも抜群で、名盤として再評価されて良い1枚。1989年リンゴ、1990年ポール、1991年ジョージが日本公演を敢行、ビートルズのメンバーが3年連続で来日公演を行なうというビートルズ・ファンにとっては夢のような時期で沸き立った中、1992年に前作「オールド・ウェイヴ」以来9年振りにリリースされたのが今作。1980年代一時期低迷していたリンゴが完全復活を果たした作品です。

Side A
ウェイト・オブ・ザ・ワールド
ドント・ノウ・ア・シング・アバウト・ラブ
ドント・ゴー・ホエア・ザ・ロード・ドント・ゴー
ゴールデン・ブランダーズ
オール・イン・ザ・ネイム・オブ・ラブ

Side B
アフター・オール・ディーズ・イヤーズ
アイ・ドント・ビリーブ・ユー
ランナウェイズ
イン・ア・ハートビート
ホワット・ゴーズ・アラウンド
冷たくしないで

プロデューサー
ドン・ウォズ (1、2、7、9、10)
ジェフ・リン (3、6)
ピーター・アッシャー (4)
フィル・ラモーン (5、8)

ゲスト
ベンモント・テンチ (トムペティ&ザ・ハートブレイカーズ) キーボード(1、2、7、9、10)、ブライアン・ウィルソン (ビーチ・ボーイズ) バック・ボーカル(9)、ハリー・ニルソン バック・ボーカル(8)、アンディ・スターマー&ロジャー・マニング (ジェリーフィッシュ) アコースティックギター、バック・ボーカル(1、2、7、9、10) 7を書きおろし提供、ジェフ・バクスター (ドゥービー・ブラザーズ) ギター(5、8)、ダグ・ファイガー (ザ・ナック)、アンドリュー・ゴールド (ギター、バック・ボーカル)、ワディ・ワクテル (ギター)、ジム・ホーン (サックス)などが参加

仕様
完全生産限定盤
日本限定 Yellow Color Vinyl
1500枚限定プレス
東洋化成プレス
解説・歌詞・対訳付

Thanks! ソニーミュージック


関連Blog
9/6のBlog LP リンゴ・スター来日記念盤 タイム・テイクス・タイム (黄色盤) 10月26日発売
8/30のBlog CD リンゴ・スター来日記念盤 タイム・テイクス・タイム 10月26日発売