つれづれなるままにタッグ・オブ・ウォー40周年
Tribute Vlog for Paul McCartney:80th Birthday Celebration
04 | 2022/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today


ポール・マッカートニー

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


アルバム「Meet The Beatles!」の内容と米国の反応
Meet The Beatles! - The Beatles

例えビートルズが1960年代中盤に大西洋の両側を制していたとしても、ビートルズの英国と米国のファン層は、それぞれバンドへの足の踏み入れ方が非常に異なっていた。英国では「Please Please Me」がバンドのデビュー・アルバムとして、1963年3月22日にリリース。そしてその8ヶ月後の11月22日にセカンド・アルバム「With The Beatles」がリリースされた。しかし、ビートルズの米国のレーベルだったキャピトル・レコードはグループの偉大さに気付くのが遅く、ビートルズの米国での最初のアルバム「Introducing… The Beatles」はキャピトルではなくインディーのヴィージェイ・レコードから1964年1月10日に発売された。それからたった10日後、キャピトル・レコードは「Introducing… The Beatles」と同じように米国のマーケットに合わせて既に英国で発売されているアルバムの曲を中心に編集した、キャピトルからのデビュー・アルバム「Meet The Beatles!」をリリースした。アルバムのカバー・アートからトラックリストまで、「Meet The Beatles!」は英国でのセカンド・アルバム「With The Beatles」と似ている。バンド・メンバーがモップ頭なヘアスタイルで、白黒で縁取られた象徴的なロバート・ロックウッドの表紙写真があるのだが、「Meet The Beatles!」では同じイメージを青い色調に変更している。そして同様にわずかだが、顕著な修正が「With The Beatles」のトラックリストには施されていた。

英国版「With The Beatles」と米国盤「Meet The Beatles!」の違い
「Meet The Beatles!」の1曲目は英国ではアルバムに収録されていないA面の曲「I Want To Hold Your Hand」から始まる。米国と違い英国ではバンドは自分達のアルバムに最新のシングル曲を収録したがらなかったため、英国では「I Want To Hold Your Hand」はアルバムに収録されず、シングル盤としてリリースされている。「I Want To Hold Your Hand」はジョン・レノンとポール・マッカートニーによるポップなフックを持つ典型的な曲で英米でチャートのトップに上り詰めた。「Meet The Beatles!」の3曲目として収録されたバラード「This Boy」もまた英国の「With The Beatles」には収録されたなかったものだ。英国のデビュー・アルバム「Please Please Me」のアルバム一曲目として収録されながら「Meet The Beatles!」では2曲目として収録されているのは「I Saw Her Standing There」。この曲は、このグループは誰よりも正真正銘のロックン・ロールが演奏できる、そしてロックン・ロールを発明した国に持ち帰るんだと米国のファンに向けたものだと言わんばかりにポール・マッカートニーがヴォーカルを解き放つと同時にマージー・ビートから立ち上がるエネルギーに溢れた一曲だ。活動初期の頃でさえ、ビートルズは既に幅広いスキルがあり、彼らは米国のソウル・ミュージックも同様にプレイすることが出来た。バンドは英国でのセカンド・アルバム「With The Beatles」では、マーヴェレッツの「Please Mr. Postman」やバレット・ストロングの「Money (That's What I Want)」など、彼らに影響を与えたモータウンのヒット曲に敬意を表していたにもかかわらず、米国盤「Meet The Beatles!」ではそのどの曲も登場せず、カバー曲でアルバムに収録されたのは1曲のみだった。その曲とは、ビートルズの幅広いスタイルをさらに明らかにし、1962年にミュージカルが映画化されたおかげで人々の関心を再び集め始めていた1957年のステージ・ミュージカル「ミュージック・マン」のために、メレディス・ウィルソンが書いた「Till There Was You」だ。当時の米国の通例としてアルバムの収録曲は12曲入りだったこともあり、英国版「With The Beatles」に収録されたオリジナル曲を米国の観客に届けるために、14曲入りの「With The Beatles」に収録されていたカバー曲2曲を取り下げたのだ。「Meet The Beatles!」は「With The Beatles」の曲順に似せながら、残りのオリジナル曲はグループ初期のポップな華麗さを表している。「It Won't Be Long」や「All I've Got To Do」は、「All My Loving」のロマンチックな兆しと共に、楽観的ながらも感情的な旅にリスナーを連れ出してくれるジョン・レノンとポール・マッカートニーのラヴ・ソング幕開けでもあった。ビートルズのアルバムに初めて登場したジョージ・ハリスンの曲「Don't Bother Me」は、グループがもうひとつの米国音楽の傾向であるカントリーに乗っていることに気付かせた。「Meet The Beatles!」に収録されたカントリー調なこの曲は、歌詞の中で別れた後の失望に折り合いをつけ、ジョージ・ハリスンの感情を表現する道を見出すことになった。B面4曲目の「Hold Me Tight」でポール・マッカートニーがロックン・ロール・スピリットに入り込む前に、より楽観的なメレディス・ウィルソンのカバー曲「Till There Was You」が続く。そしてリンゴ・スターが彼の内側に秘めたエルヴィス・プレスリーをジョン・レノンとポール・マッカートニーが書いた曲「I Wanna Be Your Man」で表現されている(この曲は既に彼らの最大のライバル、ローリング・ストーンズによってシングルとしてリリースされていた)。

米国での大成功
「Meet The Beatles!」のリリースから3週間もしないうちに、グループは「エド・サリヴァン・ショウ」で3週連続の出演を果たしていた。「I Want To Hold Your Hand」はすでに米国のシングル・チャートのトップに達していたが、1964年2月9日の「エド・サリヴァン・ショウ」出演1週目の彼らの初ライヴ出演は、北米中の約7300万戸の家庭で映し出された。演奏した5曲のうちの4曲は「Meet The Beatles!」からのものだったこともあり、エド・サリヴァン出演後にアルバムは米国のチャートであっという間にトップとなった。アルバムは2月15日に第1位となり、ビートルズの米国でのメジャー・セカンドにて自身の首位の座を奪った4月末まで首位の座を守り続けた。明らかに多くの米国一般国民たちがビートルズに会いたがっていたのだ。その時の米国大衆が知らなかったことは、その頃には彼らの次のフェーズにグループが向かっていたことだ。「Can't Buy Me Love」は1964年1月29日にレコーディングされ、2月末には「You Can't Do That」「And I Love Her」「I Should Have Known Better」などさらに新しい曲もレコーディングされた。ビートルズの英国での3枚目のアルバム「A Hard Day's Night」にはこれらすべての曲が収録。とはいえ、紛らわしいのが、米国では「You Can't Do That」は「A Hard Day's Night」の米国版に収録された他の曲と共に、米国でのビートルズのメジャー・セカンド・アルバム「The Beatles' Second Album」に収録されていたことである。もし、エド・サリヴァンへの出演が、米国本土のセンセーションへと繋がったのならば、映画「ハード・デイズ・ナイト」は彼らを映画界のスターへと押し上げた。まだビートルズを知らなかった若者は確実に、1964年の夏「ハード・デイズ・ナイト」が映画館で公開されたと同時に、ビートルマニアとして世界中に広がっていったのだった。


Thanks! uDiscoverMusic

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





本、雑誌、ムック
5/23 Guitar magazine Archives Vol.3 ザ・ビートルズ
6/18 ポール・マッカートニー THE LYRICS 日本語版
6/21 オリヴィア・ハリスン Came the Lightening
6/30 ワン、ツー、スリー、フォー ビートルズの時代(仮題)
秋 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
2023年 マル・エヴァンス伝記本

CD
5/25 ビートルズ EMIスタジオ・セッションズ 1967 vol.2
6/22 ビートルズ EMIスタジオ・セッションズ 1967 vol.3
6/29 リコリス・ピザ (ウイングス曲収録)
7/1 ミニオンズ フィーバー (ジョン・レノン曲カバー収録)
9/10? ジュリアン・レノン Jude
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

映画
5/27 エコー・イン・ザ・キャニオン (リンゴ・スター出演)
6/17 エリザベス 女王陛下の微笑み (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)
8/5 ロックン・ロール・サーカス (ジョン・レノン、ヨーコ・オノ出演)
9月上旬 アザー・ミュージック (ヨーコ・オノ出演)
年内? ビートルズ Let It Be (完全復元版)
年内? ブライアン・エプスタイン Midas Man
年内? ザ・クオリーメン

イベント
5/27~6/26 リンゴ・スター 北米ツアー
5/28 10:30 南港ビートルズストリート Vol.15
5/28 16:00 住出勝則 ビートルズでやっちゃおう!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
5/29 10:30 南港ビートルズストリート Vol.15
5/31 12:00まで ポール・マッカートニー10 楽曲投票
5/31まで クラウドファンディング LIVE BAR『越谷ABBEY ROAD』の存続と移転を支援するプロジェクト
6/4 12:30 ポール・マッカートニー生誕80年祭り オール・マッカートニー All McCartney ~paul the best!~
6/5 13:00 ポール・マッカートニー生誕80年祭り ウイングス祭り WINGSFAN
6/5 プラチナジュビリー (ポール・マッカートニー出演?)
6/11 11:00 ポール・マッカートニー生誕80年祭り トークイベント「コールド・カッツ」特集
6/11 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1962-1970
6/11 17:00 Paul McCartney Birthday Live The Cray Beats
6/11 19:30 伊豆田洋之 ポール・マッカートニー・バースデイ・イベント 表
6/12 11:00 ポール・マッカートニー生誕80年祭り トークイベント「コールド・カッツ」特集
6/12 18:00 ポール・マッカートニー・バースデー・イヴェント The Mayfair
6/15 19:30 ビートルカンパニー ダンデライオン ポール・マッカートニー Birthday Event
6/16 19:30 伊豆田洋之 solo Live ポール・マッカートニー Birthday Live
6/16 19:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~ ザ・パロッツ
6/16まで ポール・マッカートニー 北米ツアー
6/17 19:00 ビートルズの世界 Around The Beatles 2022 Vol.5
6/17 19:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~ ザ・パロッツ
6/18 19:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~ ザ・パロッツ
6/19 16:00 The River Birds - Paul McCartney's Birthday Event
6/19 19:30 Paul McCartney 80th Event Wishing
6/19 19:30 Paul McCartney Birthday Live “Ryuji Tokuda”
6/24 19:30 伊豆田洋之 ポール・マッカートニー・バースデイ・イベント 裏
6/25 12:00 「タッグ・オブ・ウォー ジャパニーズ・エディション」刊行記念トークイベント
6/25 グラストンベリー・フェスティバル (ポール・マッカートニー出演)
6/26 19:30 Paul McCartney Birthday Live “K.Ishibashi”
7/9 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
7/30 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
9/10 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
9/23~10/20 リンゴ・スター 北米ツアー
10/8 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
10/30 ビートルズ・トリビュートLIVEイベント FOOL ON THE HOLIDAY 2022
11/12 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
12/10 13:00 ビートルズデビュー60周年 いま振り返るスタジオ・セッションの歴史 1966-1970
2023/3まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展

Web配信
6/3 23:59まで ビートルズの世界 Around The Beatles 2022 Vol.4
6/17 19:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~ ザ・パロッツ

TV , ラジオ
6/12 19:00~20:00 ポール・マッカートニー10 ラジオ日本
6/19 19:00~20:00 ポール・マッカートニー10 ラジオ日本

アナログ盤
6/17 レオ・セイヤー Northern Songs: Leo Sayer Sings The Beatles 2LP
6/18 ポール・マッカートニー Women and Wives 12インチシングル
9/10? ジュリアン・レノン Jude
11/18 マイケル・ジャクソン スリラー40周年盤 (ポール・マッカートニー参加)

グッズ
6/18 地ビール エール・ザ・ベスト!
6/30 ポスター ザ・ビートルズ : Live At Budokan Poster

4K Ultra HD、Blu-ray、DVD
7/13 ザ・ビートルズ:Get Back Blu-ray コレクターズ・セット
7/13 ザ・ビートルズ:Get Back DVD コレクターズ・セット