ビートルズ、50年前の映像、音源公開! 現場にいるかのような生々しさを体感せよ

The Beatles: Get Back (The Rooftop Performance)

演奏前のざわめき、ギターの弦をはじく音の臨場感がたまらない! 「ザ・ビートルズ:ゲット・バック」がネット配信。ニューミックスやアウトテイクなどをパッケージした「レット・イット・ビー」スペシャル・エディションをはじめ6仕様のアルバムが発売。そして、ザ・ビートルズ:ゲット・バック - ザ・ルーフトップ・パフォーマンス がストリーミング配信された。50年前の歴史的なレコーディングの映像やアウトテイクなど、全貌が明らかになった。実は音については、さほど期待していなかった。というのも、アビーロードスタジオでリミックスした2009年の音に満足していたのだ。ところが今回のミックス、演奏前のざわめきも、ギターの弦をはじく音もさらに生々しく感じられる。アップル・コア本社屋上のセッションは、現場の隅に隠れて聴いている気持ちになるほどの臨場感だ。この時期実質的にはバンドは解体されていた、とジョン・レノンは著書「ビートルズ革命」で述べている。実際「レット・イット・ビー」のレコーディングの合間に、ジョンは「ジェラス・ガイ」、ポール・マッカトニーは「アナザー・デイ」を歌っていた。二人は次のフェイズに入っていたのだ。それでもギアが入った時のこのバンドは圧倒的。ビートルズの底力を思い知った。

Kazunori Kodate
音楽ライター。「新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α」「音楽ライターが、書けなかった話」「25人の偉大なジャズメンが語る名盤・名言・名演奏」など著書多数。

Thanks! GOETHE