第74回エミー賞 ザ・ビートルズ:Get Back 5部門受賞

Emmy Awards

4日(現地時間)、ドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ:Get Back」が5部門を受賞したことをエミー賞の主催団体である米テレビ芸術科学アカデミーが発表した。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが、監督のピーター・ジャクソン、オノ・ヨーコ、オリヴィア・ハリスン、クレア・オルセン、ジョナサン・クライドらプロデューサー陣と共にドキュメンタリー/ノンフィクションシリーズ部門の作品賞を受賞した他、ピーター・ジャクソンが同部門の監督賞を、同映画が編集賞、音響編集賞、音響賞をそれぞれ受賞している。ピーター・ジャクソンは授賞式のスピーチで、「この映画に関わった全ての方々、特に故郷の家族やロンドンのアップル・コアの第二の家族に感謝したいです。そして何よりザ・ビートルズに感謝します! 60年以上もの間、私たちにポジティブで、溢れんばかりの喜びを与えてくれて本当にありがとう。あなたたちの音楽はとても奥深く、私たちのDNAに組み込まれていくとことでしょう」と述べている。又、彼は監督賞を受賞した際のスピーチで、「マイケル・リンゼイ=ホッグ監督が映画「レット・イット・ビー」を作っていた頃、僕は、ニュージーランドに暮らす8歳の半ズボン姿のボーイスカウトでした。あれから50年後、何がどうなっているのか分からないまま、ビートルズが僕にあの頃の映像を使って映画を作ることを任せてくれました。8歳の頃の僕にとって、ビートルズの物語のほんの一部にでもなれるなんて、夢のようなことでした」と語っている。今年の受賞者リストは エミー賞公式サイト で観ることが出来る。

Thanks! uDiscoverMusic