ユリ・ゲラー、ジョン・レノンが宇宙人と遭遇し、SOS電話をしてきた

ジョン・レノン&ユリ・ゲラー

スプーン曲げで有名なユリ・ゲラーが英デジタル番組で「ジョン・レノンが宇宙人と出会って、私に救いの電話を掛けてきた」と明かした。ユリ・ゲラーによると、ある日の午前3時にジョンが「ユリ、早く来てくれ。信じられないことが私に起こった」と電話を掛けてきたという。ユリ・ゲラーは「朝の3時だぞ」と言いつつ、ジョンのただならぬ様子が気になり、ホテルのロビーで会うことにした。ロビーのすみっこにいたジョンは真っ青な顔で震えていたという。ユリ・ゲラーが事情を聞いたら、ジョンは「ベッドに横たわっていたら、突然、ベッドのそばに光が見えた。この光から地球外生命体の手が伸びてきた」と話した。そして、金色の卵型の物体を渡してきたそうだ。ユリ・ゲラーが「クスリでもやったのか?」と言っても、ジョンは「クスリなんてやっていない。いや、これは本当に起こったことだ。こんなものは持っていたくない」として、金色の卵のようなものをユリ・ゲラーに譲ったという。実際、ジョンは宇宙人の存在を信じていたと言われている。1974年には「ニューヨークのアパートからUFOを見た」と主張し、後にラジオ番組などで自分の体験を何度も語っている。テラスから見えたUFOは円錐形で赤い光を放っていたという。17階建てのビルと同じくらいの高さで無音で浮遊していた。ジョンは部屋にあったカメラを用意してUFOの姿を撮影しようとしたが、露光ミスでうまく撮影することができなかったという。ジョン以外にも7人の目撃者がおり、当時の新聞記事にもなっている。ちなみにユリ・ゲラーはイスラエルに「ユリ・ゲラー博物館」を設立。自分が曲げたスプーン以外にもジョンからもらった宇宙人の卵型の物体など数百点を展示しているという。

Thanks! 東京スポーツ