ジョン・レノン、奇跡の一枚 手動カメラでピントぴったり

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

レコードデビューしてから今年で60周年を迎える世界的ロックバンド、ビートルズ。彼らが来日して、日本武道館で公演したのは1966年(6月30日、7月1日)。その約1年半の1968年2月、メンバー全員で訪れたのはインドだった。リシケーシュの超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)に滞在していたビートルズと偶然出会った青年が、当時を振り返るドキュメンタリー、ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド が23日より公開される。後に映像作家となったカナダ人のポール・サルツマン。彼も失恋の心の傷をいやすために訪れたインドの僧院で、まさかのビートルズのメンバーと出会う。その時、持参していたカメラで撮っていたビートルズの写真の中から、当時ピントを合わせるのが難しかった手動カメラで撮ったジョン・レノンの奇跡の一枚が初解禁となった。ドンピシャのピントでジョンの素顔をとらえており、まさに奇跡のショット。さらに、マーティンD-28ギターを弾くジョン、ポールらとリラックスした雰囲気でセッションする姿もある。失恋で傷心した青年サルツマンに、ジョン・レノンは「愛とは時には酷なものだね。だが、いいかい、愛がすばらしいのは、必ず次のチャンスがあるところさ」と、励ましてくれたそう。この時は何も分からなかったが、既にこの時期にジョンはオノ・ヨーコと出会っていた。2人は1969年3月20日に結婚する。

Thanks! ORICON NEWS