ポール・サルツマン監督インタビュー 監督が伝えたい3つのメッセージとは

ポール・サルツマン監督

ビートルズの名盤「ホワイト・アルバム」のレコーディング直前のタイミングで、インド滞在期のビートルズと共に過ごしたカナダ人監督によるドキュメンタリー、ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド が23日に公開される。1968年、当時23歳だったポール・サルツマン監督は失恋の傷を癒しに、北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)を訪れる。そこでインド滞在期のビートルズに偶然遭遇し、彼らと共に瞑想を学びながら過ごした奇跡の8日間をカメラにおさめた。それから50年の時を経て、サルツマンはビートルズ研究の第一人者で歴史家マーク・ルイソンと共にインドを再訪する。このほど、サルツマン監督にオンラインで話を聞いた。

― ビートルズの過去を映した作品ですが、現在も活動されているポール、リンゴから、この企画についてなにか反応はありましたか?

サルツマン : コメントを頂いておらず、観たかどうかもわかりません。観てもらえていたらとても嬉しいですが、そういった情報はありません。

― 歴史的アーカイブとして残る重要な作品に仕上がったと思います。この作品を通してあなたが観客に伝えたかったメッセージを教えてください。

伝えたかったことは3つあります。ひとつは、とにかく「瞑想」の力といったもの。映画の中でも語りましたが、私は30分で失恋の痛手から立ち直ることができました。ふたつめは創造性です。いろいろな理由で創造性というものが生まれてくると思いますが、彼らの場合は喜びや楽しさによって曲を作っていたんだということを伝えたかったのです。3つ目には、少し恥ずかしいのですが、当時の私は自分が何者かわかっていませんでした。それを知りたいと思っていた若者が、自分の心の中を見出していき、創造性などを完全に自分のものとして手に入れることできた成長物語です。この3つの面から作品を観てもらえたらと思います。

― ドキュメンタリー製作にあたり、ご苦労されたことはどのような点ですか?

出演していただいた方たちに簡単には会えないということでした。彼らにはエージェントやマネージャーがいますが、その人たちが必ず企画を伝えてくれるとは限らないわけで、本人たちに自分の意思を伝えることがまず一番大事な方法でした。どうやって本人までたどり着くかというのがいつもすごく苦労する点です。モーガン・フリーマンに関しては、実は私は1965年にミシシッピで差別をなくす市民運動をしていたことがあり、そのことに興味を持ってくれた彼が過去に2本の作品に出演してくれたことがありました。そのためLAのエージェントに連絡が取れて、彼に会うことができました。デビッド・リンチの場合はどうにも手掛かりがなかったので、リサーチシステムに依頼して探してみたら、うまいことパーソナルアシスタントとコンタクトが取れました。パーソナルアシスタントに行きつかず、別のところに連絡が行ってしまうと、本人までなかなかつながりません。ただビートルズの話を作りたいのではなく、瞑想に関してこういうものを作りたいというビジョンを話したら理解を示してくれました。

― あなたもTM瞑想をされていますか?

リシケシュから帰ってから1カ月くらいはしっかり続けていたのですが、その後仕事や映画製作などで、離れているというほどではありませんが、ときどき瞑想するといったレベルになっていました。今のほうが落ち着いて、毎日10分でも15分でも瞑想するようにしていて、それが生活にとても役立っていると思います。しっかりと続けていればまた違った良いことがあったかもしれないと思いますが、やはり仕事で忙しいときはやむを得ないので、ある種ブランクはありますが今は戻ってきて再び瞑想をしています。

― リシケシュの瞑想のレッスンで、ご自身にはどのような変化がありましたか?

レッスンはとてもシンプルで5分しかありませんでした。マハリシと非常に近いトップの先生が来て、マントラが書かれたものを渡されてそれを読んだと思います。初めて脚を組んだ時にはとにかく膝が痛かったのを覚えています。また、犬が外で鳴いていたので心がそっちに奪われてしまいました。先生に「どうだった?」と尋ねられ、「膝が痛くて、犬に心がとらわれてしまいました」と答えたら「それでいいのですよ。そういう時は一度マントラを止めて、また続ければいいのです」と言われ、そのまま先生は行ってしまいました。じゃあ、と思って続けてみたら、なんと30分後には失恋の痛手から立ち直れました。

― マハリシとビートルズの、どちらにより影響を受けましたか?

実は、実際にマハリシと話すことはできなかったのです。私に初めに瞑想を教えてくれた先生が一度マハリシとの会話の場へ連れて行ってくれて、それが唯一のチャンスでしたが、ちょうどその時ビートルズも入ってきて、ジョージが「ジ・インナー・ライト」を弾き始めたりなどして、その場は終わってしまいました。瞑想が私の生き方を変えてくれたことは事実ですし、ジョージやジョンとの話や、彼らの存在が人生を変えてくれたのも同じなので、どちらがより影響が大きいといったことはありません。

― ビートルズの楽曲で、好きな曲を3つぐらい教えてください。

好きな曲は20曲くらいありますよ! 3つ選ばなければいけないとしたら「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」「トゥモロー・ネバー・ノウズ」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」です。今話していたら、他の曲たちが「もっと良い曲があるだろう」と頭の中で言ってきました(笑) ビートルズの多くの曲が私の心をとらえましたが、この3曲は特にとらえてくれました。

― この作品をきっかけに初めてビートルズに触れるという方もいるかと思いますが、そういった方へのお勧めを教えて下さい。

まずは「シー・ラヴズ・ユー」「ア・ハード・デイズ・ナイト」、そして先ほど挙げた3曲はもちろん忘れてほしくないですね。「タックスマン」「ペイパーバック・ライター」「ヘイ・ジュード」「ロッキー・ラクーン」「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」...まだまだありますが、まずはそのくらいですかね。

― ビートルズのメンバーで、一番好きなのは誰ですか? その理由と併せて教えてください。

それぞれ違ったユーモアのセンスを持っていて、遊び心が豊かで、地に足がついていて、エゴイスティックではない、みんな楽しい人たちでした。その中でもあえて一人を選ぶならばジョージです。ジョージは本当に私に心を開いてくれて、「シタールを勉強したい?よかったら教えるよ」と声をかけてくれたりして、彼の言葉が人生を変えてくれたところがたくさんあります。透明で純粋で隠すところがない、深い人だったというのが私の印象です。

― 最初の質問でポール、リンゴがこの企画を知っているかどうかわからないとのお話でしたが、観てもらえるとしたらどういう言葉とともにこの作品を届けたいですか?

(長らく言葉を探してから)元気にされていると思います。幸せで、健康であられると思います。いつも素晴らしい曲を聞かせてくださって本当にありがとうございます。もう一言添えられるとしたら、「できたらチャイの一杯でも」と伝えたいです。


Thanks! 映画.com