アントニオ猪木 自宅で死去 79歳 燃える闘魂 プロレス黄金期けん引

アントニオ猪木

1日、プロレスラーで、参議院議員を2期務めたアントニオ猪木(猪木寛至)が自宅で死去した。享年79歳。神奈川県横浜市出身。難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だった。1943年(昭和18年)生まれ。5歳で父親を亡くし、13歳で家族とともにブラジルへ渡り、コーヒー農場などで働く。現地の陸上競技大会の砲丸投げで優勝した際、ブラジル遠征中だった故力道山さんにスカウトされプロレスの道へ。日本プロレス入りし。60年9月30日、プロ野球からプロレスに転向した故ジャイアント馬場さんと同日デビューを果たし、62年からリングネーム「アントニオ猪木」を名乗る。米国への武者修行、日本プロレスからの離脱、復帰、追放を経て、71年に女優の倍賞美津子と結婚(後に離婚)。72年に新日本プロレスを立ち上げ、その後プロレス全盛時代を築いた。76年6月のボクシング、世界ヘビー級王者・モハメド・アリとの「異種格闘技戦」は注目を浴び、世界中にテレビ中継された。政治家としては89年に「スポーツ平和党」を立ち上げ、「国会に卍固め」「消費税に延髄斬り」をキャッチフレーズに同年の第15回参議院選挙に比例区から出馬し初当選。史上初のレスラー出身の国会議員となった。 心より御冥福をお祈りいたします。

R.I.P. アントニオ猪木