ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド ポールの素顔に迫る証言と場面写真が解禁

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

現在公開中の映画 ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド に関して、ポール・マッカートニーの素顔に迫る証言と新たな場面写真が解禁された。同作は「ホワイト・アルバム」を生んだインド滞在期のビートルズと8日間を過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー。9月23日に初日を迎え、全国の劇場で物販のグッズ完売が相次いだ。出演者の1人であるジャーナリストのルイス・ラファムは、1968年のサタデー・イブニング・ポスト誌の編集者に「次はどこへ行きたいか」と問われ、「ベトナム」と答えたという。その申し出に編集者は「違うね。行くならリシケシュだ。行ってビートルズを取材するか。彼らが何をしているか探ってくれ」と指示をした。「あの頃のビートルズは、恐らく、世界中の誰よりも有名だったろう。誰もが虜だった。音楽だけでなく、人柄にも夢中だったんだ」と人気絶頂の真っ只中にいたビートルズに会うためにインドへと向かった。インド訪問のきっかけを作ったジョージは瞑想とシタールの練習に夢中、ジョンは開放感の中で創作を楽しんでいた。カメラを片手に動画を撮影していたリンゴだが“虫が苦手”だから僅か8日間でインドを離れた。メンバーがそれぞれの時間を過ごす中で、最も話す機会が多かったのはポール・マッカートニーだった。ポールの印象について「ユーモアがあって好きだった。それに煙草も吸っていた。アシュラムではあるまじき行為だったがね」と、聖なる地でも自分のペースで時を過ごしていたという。「実に思い出深いのは彼とバンガローの屋根からガンジス川に見入ったことだ」と、アシュラムからみた悠久なる川の流れは今も心に焼き付いているという。場面写真には、白衣に身を包んだポールが歓迎のレイをかけられている姿、ギターを弾きながらカメラ目線を送るポール、ティーカップを手にしたインドでの食事タイムが写し出されている。

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

Thanks! Billboard Japan