本 ヒプノシス ロック名盤デザイン秘話 10月28日発売

ウイングスのほとんどのアルバムジャケットをデザインしているヒプノシスの作品制作エピソードをまとめた本 ヒプノシス ロック名盤デザイン秘話 が10月28日に発売されます。

ヒプノシス ロック名盤デザイン秘話

ヒプノシス ロック名盤デザイン秘話 / オーブリー・パウエル 10月28日発売
稀代のクリエイター集団が手掛けた作品の裏側を当事者が明かした! 写真や図版も満載で、読み応え見応えずっしりのファン必携本。ロック好きはもちろん、アートやデザイン好きにも。1960年代後半から1980年代にかけて、ポール・マッカートニー&ウイングスをはじめ、レッド・ツェッペリンやピンク・フロイドなどのプログレッシヴ・ロックら世界的超大物から松任谷由実までのレコード・ジャケットのデザインを数多く手掛け、ロック・ファンはもちろんデザインやアート好きからも絶大な支持を得た英国のクリエイター集団ヒプノシス。代表作の制作の裏側を唯一の生き残りが明かしたエピソード集が貴重な写真や図版も満載の豪華本で登場。初回生産(2000部)限定

はじめに:かつての輝き
シド・バレット ─ 亡霊から逃れて
スペース・カウボーイズ
動物との共演 ─ 生死問わず
大きな一歩 ─ レッド・ツェッペリン《聖なる館》
《狂気》の放った光
ピーター・ガブリエル ─《眩惑のブロードウェイ》、そしてソロ
ポール・マッカートニー ─《ヴィーナス・アンド・マース》
10cc ─〈人生は野菜スープ〉
ピンク・フロイド ─《炎~あなたがここにいてほしい》
アメリカ ─ 大自然、光と影
ツアーの醍醐味
ピーター・グラント ─ アーティストを守る門番
豚が空を飛んだ日 ─ ピンク・フロイド《アニマルズ》
モロッコ逍遥
雪山の女神 ─《ウイングス・グレイテスト・ヒッツ》
マイアミの悪徳・ハワイの受難 ─ 10cc《ルック!ヒア!!》
悲劇 ─ バリー・ギブとの決別
日の目を見なかったデザイン
我がデザイン人生へのはなむけ

著 者 オーブリー・パウエル
翻 訳 島田陽子

サイズ B5変型判
ページ 322ページ
ISBN  9784401651443

オーブリー・パウエル
1968年、ストーム・トーガソンとともにフォト・デザイン会社ヒプノシスを創業。その後15年にわたり、ポール・マッカートニー&ウイングス、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ジェネシス、イエス、ピーター・ガブリエルなどのアーティストのアルバム・ジャケットを担当、時代の象徴となるようなデザインを生み出しつづけ、グラミー賞ノミネートは5回に及ぶ。1980年代、二人はピーター・クリストファーソンと組んでグリーンバック・フィルムズを創設し、ミュージック・ビデオやテレビ・コマーシャルのほか、長編映画を3本制作した。20年の年月をともに歩んできた二人は、そこからそれぞれの道に分かれ、ポーは自身の映画会社を起こす。プロデューサー/ディレクターとして活躍を続け、数々のロック・コンサートのライヴ・ドキュメンタリー、またミュージック・ビデオやテレビ・コマーシャルを数多く制作している。2013年にストームが他界した後もヒプノシスは躍進を続け、ポーはストームの後を継いでピンク・フロイドのアート・ディレクターとなり、近代テクノロジーを取り入れた最先端のフォト・デザインを生み出している

島田陽子
早稲田大学第一文学部英文学科、イースト・アングリア大学大学院翻訳学科卒。現在フリー翻訳者として様々なジャンルで活動

Thanks! シンコーミュージック・エンタテイメント