つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2023/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today




カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


舞台「BACKBEAT」4年ぶり再演
BACKBEAT

A.B.C-Zの戸塚祥太、俳優の加藤和樹が出演する舞台 BACKBEAT が2023年5月24日から5月31日まで東京建物Brillia HALLで、2019年5月以来4年ぶりに再演されることが決定した。今作は20世紀を代表するロックバンド・ビートルズの創成期を描いた1994年公開の伝記映画「BACKBEAT」をイアン・ソフトリー監督自ら舞台化。世界的ロックバンド・ビートルズはもともと5人編成だった。熱くほとばしる生演奏のサウンドにのせて綴る、バンド創成期の青春物語だ。当時のベーシストであり、画家としての才能も発揮しながら、しかしビートルズのメジャーデビューを待たずしてたもとを分かつことになるスチュアート・サトクリフ(戸塚)と、彼の芸術的センスに惚れ込み、敬愛していた学生時代からの親友ジョン・レノン(加藤)。そして、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)演じるジョージ・ハリスン、FUZZY CONTROLのJUON演じるポール・マッカートニー、上口耕平演じるピート・ベストのメンバーが“ビートルズ”として再結集。スチュアートの恋人となるアストリッド・キルヒヘル役は元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆが務める。このほか共演に鍛治直人、Honey L Daysの東山光明、西川大貴、加藤将、工藤広夢。さらに1966年のビートルズ初来日公演の際に前座を務め、彼らの大変貴重な生の演奏を体感している歌手で俳優の尾藤イサオも歌唱を披露する。翻訳・演出は日本初演に続き石丸さち子が担当。音楽監督も日本初演時と同じく森大輔が手掛ける。今作の大きな見どころの一つは20を超える楽曲の生演奏。初期ビートルズの粗削りながら勢いのある演奏、あり余るエネルギーを正面からぶつけてたぎるような、ほとばしる生演奏のサウンドにも注目だ。2023年4月23日に東京・江戸川区総合文化センター 大ホールでプレビュー公演を開催。その後、兵庫、熊本、大阪、東京で順次上演される。

BACKBEAT
プレビュー公演 4月23日(日)江戸川区総合文化センター 大ホール
兵庫公演 4月28日(金)~5月3日(水・祝)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
熊本公演 5月6日(土)~5月7日(日)市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)大ホール
大阪公演 5月20日(土)~5月21日(日)枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
東京公演 5月24日(水)~5月31日(水)東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

1960年、英リバプール。絵の才能を持つスチュアート・サトクリフは同じ学校に通う親友ジョン・レノンに誘われ、ロックバンドにベーシストとして加入する。スチュアート、ジョン、ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、ピート・ベストら5人のビートルズは巡業で訪れた独ハンブルクの地で頭角を現してゆく。とある夜、スチュアートは彼らライブに来ていた女性写真家のアストリッド・キルヒヘルと運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。スチュアートはアストリッドとの出会いをきっかけに再び絵を描き始め画家の道を志すが、ビートルズは魅力的なナンバーを次々に打ち出し、評判は日に日に高まってゆく。

作 イアン・ソフトリー スティーヴン・ジェフリーズ
翻訳 石丸さち子
演出 石丸さち子
音楽監督 森 大輔

出演 戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大、JUON、上口耕平、愛加あゆ、尾藤イサオ
振付 三井 聡
美術 伊藤雅子
照明 吉川ひろ子
音響 山本浩一
衣裳 前田文子
ヘアメイク 鎌田直樹
演出助手 伴・眞里子
舞台監督 藤本典江、山本圭太
アクション指導 冨田昌則
音楽監督補 磯貝サイモン
ドラム指導 赤迫翔太
楽器 岸 拓央、塩屋貴嗣
舞台製作 クリエイティブ・アート・スィンク、加賀谷吉之輔
宣伝美術 永瀬祐一
宣伝写真 西村 淳
宣伝衣裳 ゴウダアツコ
宣伝ヘアメイク 国府田雅子
協力 ザ・ビートルズ・クラブ
版権コーディネート シアターライツ
宣伝・WEB ディップス・プラネット
制作 竹葉有紀、吉本麻子
制作デスク 渡辺 葵、今井実春
プロデューサー 江口剛史
企画・製作 シーエイティプロデュース

BACKBEAT

Thanks! ORICON NEWS

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

TV , ラジオ
2/5 23:00~23:30 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/6 10:00~10:50 夜のプレイリスト ヘルプ!特集 NHK FM
2/8  5:30~ 6:00 美の壺 麗しの音色 レコード NHK Eテレ1
2/9 28:00~29:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー参加) NHK BSP

本、雑誌、ムック
2/7 ロッキング・オン 2023年3月号
2/15 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ リボルバー・エディション
6/13 ポール・マッカートニー 1964 Eyes of the Storm
夏 「タッグ・オブ・ウォー」図鑑(仮)
年内 ポール・マッカートニー国内盤シングルレコード大全(仮)
年内 マル・エヴァンス伝記本

CD
2/10 ブラッド・メルドー ユア・マザー・シュッド・ノウ
2/15 ビートルズ シングル・B-サイド・コレクション
3/24 ビートルズ 1964・US・ファースト・アタック
秋 ドリー・パートン Rock Star (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
2/10 ブラッド・メルドー Your Mother Should Know: Brad Mehldau Plays The Beatles
4/21 イアン・ハンター Defiance Part 1 (リンゴ・スター参加)

イベント
2/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
2/12まで アンディ・ウォーホル・キョウト
2/18 19:00 オノ・ヨーコさん90歳バースデイ・イベント
3/11 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
3月まで The Beatles:Get Back to Let It Be 展
4/8 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
4/22 レコード・ストア・デイ Record Store Day 2023
4/23 BACKBEAT プレビュー公演
4/28~5/3 BACKBEAT 兵庫公演
5/6~7 BACKBEAT 熊本公演
5/13 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
5/19~6/17 リンゴ・スター 北米ツアー
5/20~21 BACKBEAT 大阪公演
5/24~31 BACKBEAT 東京公演
6/10 13:00 アラウンド・ザ・ビートルズ2023 いま改めてビートルズの魅力を再検証
6/28~10/1 Paul McCartney Photographs 1963–64 Eyes of the Storm

4K Ultra HD , Blu-ray , DVD
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク Blu-ray
2/15 ジョン・レノン、ニューヨーク DVD
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック Blu-ray
2/15 ポール マッカートニー ゲット・バック DVD

映画
2/25 19:00 ロックン・ロール・サーカス
2/26 19:00 ロックン・ロール・サーカス
3/18 未定 トークイベント付き上映 ジョン・レノン ~音楽で世界を変えた男の真実~

Web配信
3/3まで 朝日順子 × 藤本国彦 ビートルズはインドで何と出会ったのか?

グッズ
3/22 「プリーズ・プリーズ・ミー」発売60周年記念公式Tシャツ