面白話満載のポール・マッカートニー研究会トークイベント

ポール・マッカートニー研究会 梅の部対談 人生棚卸シリーズ Vol.2

「ジェット」が「各駅停車」になってしまった!? どういうことだろうか? そう、ポール・マッカートニーの2002年の「ドライビング・USA・ツアー」がとてもカッコよかった理由を解くヒントなのだ。'75~'76年のポールの北米ツアーのライブ盤「Wings over America」の「ジェット」の演奏時間は4分7秒で、'89~'90年のポールの世界ツアーを収めたライブ盤「Tripping the Live Fantastic」での演奏時間は3分59秒だった。それに比べて、2002年春の米ラスベガス公演での演奏時間は3分57秒と短い、つまり速くなっていたのだ。演奏が速くなったぶん、「カッコよくなった」。これが2002年秋の東京ドーム公演になると、何と4分18秒だった。「遅くてあれはもう“ジェット”ではなくて“各駅停車”。昔は“ロックバンドのジェット“だったが、今はもはや“古典芸のジェット”ではないか」。そんな含蓄ある(!?)コメントが飛び出したのは ポール・マッカートニー研究会 がこのほど ROCK CAFÉ LOFT is your room で開催した「ドライビング・USA・ツアー」に焦点を当てたトークイベントの席上だ。「迷盤「Driving Rain」でのさまよい、リンダ、ジョージとの別れ、NYテロ、ヘザーとの再婚、還暦間近の激動の中で突如敢行された全米ツアーから20年。たっぷり映像とポマ研ならではの変態トークでこのツアーのカッコよさが何処にあったのか」(同イベントのフライヤー)を3時間超にわたって徹底検証した。トークショーのメイン報告者の一人、Nobuさんはいった。「これまでに90回以上、ポールのライブを見てきたが、この時のツアーは格別カッコよかったと思う」。ポールとバンドのこの時のツアーのカッコよさの秘密の一つが、演奏のスピードが速く、短くなったこと。その背景にはバンドに若い新メンバーを迎えたことがあるという。還暦を間近に控えたポールは若さが溢れるミュージシャンたちに刺激されたのだろう。新バンドのギタリスト、ラスティ・アンダーソンは「場末のバー」からチャンスを得て、一気に「ひのき舞台」に躍り出たので、張り切っていたのだろう。ドラマーのエイブ・ラボリエル・ジュニアは歌が上手く、ドラムも信じがたいほどにパワフル。力いっぱい叩くドラミングで、フロアタムを破ってしまったこともあった。ブライアン・レイもギターとして新たに参加した。リンダは'98年にこの世を去ってしまったが、ポール・“ウィックス”・ウィッケンズが引き続きキーボードを担当。

ポール・マッカートニー

そして、もう一つの秘密とは、ポールが当時付き合っており、再婚することになるヘザー・ミルズの存在だったのではないか。ポールはヘザーに対して「いい格好」をしたかったことが、あれだけ「張り切った」理由だったのではないかとの指摘も飛び出した。2002年春のツアーでは、ヘザーは会場内のVIP席にいた。それが秋になると、最前列より前の柵の前に席が「格上げ」されていたという。ちなみに余談だが、2005年のツアーの時には、ヘザーの姿はもうなかったという。イベント会場では「そういうことだったのか」との声も上がった。ポールとヘザーは2002年に結婚したが、後に別居し、2008年に正式に離婚。ポールは、日本円にして約40億円の慰謝料を支払った。二人の間には娘が一人いる。この「ドライビング・USA・ツアー」は、2001年9月11日に全米同時多発テロが起こった後ということもあって、セキュリティーがとてつもなく厳しかったという。このツアーに参加するために米国遠征した兵庫県の角田さんによると、ライブ会場に入る時は、感度がとてもよい金属探知機をくぐらされるばかりか、そのうえ警棒のような探知機で上から股下も含めて、下までチェックされたという。このツアーは残された写真が少ないのも、カメラを持ち込めなかったからではないかとの推測が紹介された。しかし、「テロの後だったが、アメリカのほうが日本より元気だった。日本に帰り成田空港に降り立った時に、国力の違いをすごく感じた」とのコメントもあった。2002年4月1日に始まった19都市27公演の「ドライビング・USA・ツアー」は5月18日で終了。6月3日にバッキンガム宮殿でのエリザベス女王即位50周年記念コンサートで演奏。ポールとヘザーは6月11日に挙式を挙げ、その後、オフに入った。その時に秋の日本ツアーの交渉をしていたようだという。そして「ドライビング・ジャパン・ツアー」は同年11月11日の東京ドーム公演で幕を開け、13日、14日と同じく東京ドームでのコンサートが続いた後、17日、18日は大阪ドームでライブを行った。1993年以来、9年ぶりのポールの来日だった。当時、ポールはちょうど60歳。この後、ポールが再び日本の地を踏むのには、11年待たなければならなかった。

ポール・マッカートニー研究会 梅の部対談 人生棚卸シリーズ Vol.2

Thanks! OVO/桑原亘之介