TV 百年名家 特別編 ジョン・レノンの愛した万平ホテル 1月29日放送

百年名家 特別編 ジョン・レノンの愛した万平ホテル

百年名家 特別編 ジョン・レノンの愛した万平ホテル 1月29日 13:00~13:54 BS朝日
今回はジョン・レノンの愛したホテルとしても知られる、軽井沢の「万平ホテル」を訪ねます。日本屈指の名門“クラシックホテル”として知られる「万平ホテル」は2024年、創業130周年を迎えるにあたり、大規模改修・改築工事を行うことになりました。今回は番組のために、改修工事前のオリジナルの姿を特別に撮影させていただく事になりました。万平ホテルの創業は明治27年。もともと軽井沢宿の旅籠を外国人のために改修したのが始まりです。その後明治35年に本格的な洋館のホテルを新築。外国人のみならず、当時の日本を代表する政財界人や文化人にこよなく愛されました。現在の本館は「アルプス館」と呼ばれる3代目。昭和11年の建築で、ヨーロッパの山荘を思わせるハーフティンバーの軽やかな外観が、軽井沢の景観の中に美しく映えています。アルプス館は竣工以来大きな改修をせずそのまま使われてきましたが、令和5年から1年半ほどの改修工事に入ることになりました。ジョン・レノンの愛したカフェテラスを始め、豪華で重厚なメインダイニング、当時の紳士たちが集ったバー、そして和洋折衷の広い客室など、日本を代表するクラシックホテルの趣が館内の隅々に漂っています。長い歴史の記憶と記録を、おなじみ八嶋智人と牧瀬里穂の名コンビが紹介します。

出 演 八嶋智人、牧瀬里穂
案内人 内田青蔵(神奈川大学建築学部長)、小沢朝江(東海大学工学部教授)、西川眞司(万平ホテル支配人)
ナレーション 中里雅子
テーマ曲 HOW BEAUTIFUL / 土岐麻子、Message in a bottle / 葉加瀬太郎

長い歴史を持ち、人々の営みを支えてきた家屋には暮らしを彩るたくさんの工夫があり、人々が受け継いできた物語があります。そんな全国の「百年名家」をめぐりながら、古き良き日本の文化に触れ、未来へつなぐ“暮らしのヒント”を探す旅へ。日本全国の歴史ある建物を11年半に渡って紹介した番組「百年名家~築100年の家を訪ねる旅~」が特別編として復活します。旅人はおなじみ、八嶋智人と牧瀬里穂。二人が数世代にわたって使われ、住み継がれた「百年名家」を訪ねます。名家をいろいろな角度から映し出し、どんな思いが込められたのかを紹介します。さらに専門家を招き、そのこだわりなどを解説します。


Thanks! BS朝日