財津和夫がビートルズ来日時に「ミスター・ムーンライト」を聞いて思ったこと

グランドメゾン presents 財津和夫 虹の向こう側

TULIP・財津和夫が(しばしば)自らのビートルズ論を語るトーク番組 グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側。今回は、ビートルズのレコードデビューから60年となるタイミングに制作され、27日から全国公開される邦画「ミスタームーンライト ~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~」にちなみ、ビートルズの来日に関する話を発端とした財津のビートルズ論をまた少しだけ紹介する。

演奏するよりもプロデューサーになりたい?!
番組冒頭では「もし、ビートルズが活躍していた時代に戻れて、ビートルズと共演できたとしたら、いつごろに戻ってどんな曲を?」と言うリスナーの質問にちょっと迷った後、「デビュー直後、あるいはデビュー直前かな。最初、キャピタルレコードに音源を持って行った時、却下されたという話がある。その時に、僕が出て行って『これ是非やりましょう』とね」と財津が答える。共演するよりも、ビートルズの生みの親になるのがタラレバの夢、のようです。

あんたわかっとらんね
「♪ ミスタ~~・ム~ンライト」と曲冒頭の独唱部分を突然財津が大声で歌いだす。武田アナは今回の映画に際して初めて聞いた曲のようだ。この曲はジョンやポールが作ったものでなくカバー曲。武道館公演でビートルズが来日した時、既にビートルズに傾倒し詳しいと自負していた財津青年はテレビのビートルズ紹介のBGMとして使用された「ミスター・ムーンライト」を聞いて、インパクトがあるかもしれないが、オリジナル曲ではなくカバー曲を使用した番組制作者に対して「あんたわかっとらんね、ビートルズば」と高校生(いや浪人生?)ながらに思ったとの事。財津の質問にビートルズ解散後のジョンの曲だが「イマジン」の歌詞も好きと武田アナ。「欧米人はいつも戦いの歴史。日本は周りが全部海だから国境を意識することはほとんどない。陸続きで国境があるといろんなトラブルが生じてくるからこそ、『国境のない世界をイメージしてごらん』という歌詞が強く迫ってくるんじゃないですかね」と世界の現況に触れるかのように財津が語る。

今日の一曲はビートルズ「ミスター・ムーンライト」。ビートルズがカバーしたこの曲は、英米では1964年(昭和38年)、日本では翌1965年にそれぞれレコードリリースされているが、ビートルズはデビュー前からライブで演奏していたらしい。


Thanks! RKBオンライン