ステラ マッカートニーが環境再生型コットンのシャツを発売

Snog a log

今春、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)はブランド初の環境再生型農業で栽培されたコットンを用いたシャツを発売する。2019年からパートナーシップを組むトルコの素材メーカー、ソクタス社が栽培したコットンを採用した。ステラ マッカートニーはソクタス社とパートナーシップを組み、環境再生型農業への移行をサポート。5ヘクタールだった環境再生型農場は、2022年には30ヘクタール以上に拡大した。ソクタス社は土地の拡大を継続すると同時に地域の農家たちにもこの方法を伝え広めていくという。ソクタス社が2022年以降に収穫したコットンは regenagri 認証を取得している。この認証は土地の健全性とそこに住む人々の豊かさを確保することを目的としたプログラムで、土壌の健全性から生物多様性、温室効果ガス排出量までを網羅する。また、炭素クレジット市場や環境関連の補助金を通じて、農場に追加資金のルートを提供する。また、今回用いたコットンは農地からの調達、繊維や生地の製造、製品化までのトレーサビリティを確立しており、作物が栽培された土地の座標値まで正確に把握しているという。ステラ マッカートニーは国連欧州経済委員会(UNECW)と協働し、ブロックチェーン技術を用いた環境再生型農業の試験的な開発を進めている。ステラ マッカートニーは「現在のファッションにおいて環境再生型農業は必要不可欠」と確信し、業界で最も多く使用される繊維のひとつであるコットンから導入を開始した。「未来のファッションには地球や生物多様性から奪うのではなく、多様な生態系と野生生物へ還元する方法を用いて素材を作り出すことが必要である」とし、「再生可能な天然素材の調達方法を採用することでラグジュアリーなクオリティ、肌触り、耐久性を維持すると同時に、環境負荷を最小限に抑え、低減する」と発表した。

Thanks! WWD