ポール・マッカートニーの70年代をリンダとの絆を通して描く新ドキュメンタリー製作決定

Paul & Linda McCartney

ポール・マッカートニーの事業上を管理するMPLとユニバーサル ミュージック グループの映画・テレビ部門であるポリグラム・エンターテインメントが、ビートルズ以降のポール・マッカートニーの人生とキャリアを追った長編ドキュメンタリー映画の制作を発表した。Man on the Run という仮タイトルが付けられた今作はリンダ・マッカートニーとの関係がいかにしてビートルズ解散後の彼のキャリアを支え、以降のウイングスの結成や目覚ましい功績を残すことになる新たな作品の創作に繋がっていったのかを記録するものだ。今作に全額出資するMPLとポリグラム・エンターテインメントが Tremolo Productions と共同製作・提供する同映画には、ポールとリンダによるホーム・ビデオや写真といったこれまでに前例のない未公開資料や、新たに撮影されたインタビュー映像などが収められている。今作の監督を務めるのは「バックコーラスの歌姫たち」やアンソニー・ボーデインのドキュメンタリー「ロードランナー」「ミスター・ロジャースのご近所さんになろう」などで知られるモーガン・ネヴィルで、プロデューサーにはモーガン・ネヴィルに加え、ミシェル・アンソニー、デヴィッド・ブラックマン、ケイトリン・ロジャーズ、スコット・ロジャー、MPLのベン・チャペルらが名を連ねている。同ドキュメンタリーは、ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーが次の道に進むために、多くのハードルを乗り越え、後に1970年代最大のバンドのひとつとなるウイングスの成功へと繋がる全く新しい方向性の音楽制作に取り掛かるシーンから始まる。ローファイ・アプローチを取り入れたセルフタイトルのソロ・デビュー作、リンダ・マッカートニーとの共同クレジットによりリリースされた2作目の「Ram」、そしてウイングスの結成を経て、「Band On The Run」「Venus And Mars」「At The Speed Of Sound」「Wings Over America」「London Town」という名盤の数々を作り上げていくまでの創作過程を追っていく。また、1966年にビートルズがツアー活動を休止した後、ポール・マッカートニーがライヴ活動に復帰し、1970年代にウイングスをアリーナ級の人気ロック・バンドへと押し上げていく様子を親密かつ個人的な記録を通して描く本作は、史上最も重要なレコーディング・アーティスト、ソングライター、パフォーマーの非凡な人生における極めて重要な時期を、ユニークかつ深く掘り下げている。プロデューサーの1人、ミシェル・アンソニーはこの映画について、「核心には、リンダとポールの不滅の愛、そして、史上最も歴史的な音楽グループに所属していた彼が自分だけのヴォイスを見つけ出していく物語があります。私たちの映画はポールの人生の中で最もクリエイティブな時期の一つであり、世界中の人々や文化に影響を与え続ける重要且つ伝説的な作品を生み出した時期の一つを辿っています。ポールとリンダの個人的なアーカイブの宝庫に前例のないアクセスを得て、この物語を紹介できることを光栄に思っています」と述べている。又、モーガン・ネヴィル監督は「生涯、マッカートニーに関するあらゆることを追いかけてきた者として、1970年代は彼の物語の中でまだ十分に検証されていない素晴らしい時期であると常に感じてきました。偉大なアーティストの人生と作品にとって決定的とも言えるこの時期を検証し、再評価する機会をもらえたことを非常に嬉しく思っています」とコメントしている。

ウイングス

Thanks! uDiscoverMusic