ジョンとヨーコが司会を務めたTV番組のドキュメンタリー「Daytime Revolution」完成


ジョン・レノンとオノ・ヨーコは1972年初頭、米国で最も人気のあった昼間のトーク番組「The Mike Douglas Show」で1週間にわたりダグラスと共同司会を務め、環境保護や警察の蛮行など、彼らにとって重要なテーマについて語り合いました。二人は70分の番組に1週間で5回出演し、その時の舞台裏を描いた108分のドキュメンタリー「Daytime Revolution」が完成しました。監督はエリック・ネルソン。番組には、二人が個人的に招いたゲストが登場し、カウンター・カルチャーのアイコン、米コメディアンのジョージ・カーリン、社会運動家のラルフ・ネーダー、公民権運動の指導者ボビー・シール、チャック・ベリーらとインタビューを行ない、ベリーが出演した回ではベリーとパフォーマンスも披露しました。プロデューサー陣によると、この番組は1週間で平均4000万人が視聴し、ジョンとヨーコが司会を務めた放送回はニクソン政権の怒りを買ったそうですが、大成功をおさめたとのこと。ジョンは番組終了後、「番組の裏方には僕らが司会を務めたことで緊張していた人もいたけど、最後には満足していたよ」と語っていたそうです。なお、本作には放送関係者への新たなインタビューも収録され、オノ・ヨーコとショーン・レノンがクリエイティヴ・コンサルタントを務めました。エンタメサイトの Variety によると、現在は配給会社を探している段階とのことで、ドキュメンタリーの公開日は決まっていません。

Thanks! MUSIC LIFE CLUB


関連Blog
2/16のBlog ジョン・レノン&オノ・ヨーコ、1972年に出演したTV番組のドキュメンタリーが公開されることに