ポール・マッカートニー&エルトン・ジョン、映画「スパイナル・タップ」の続編に出演することに

Paul McCartney , Spinal Tap & Elton John

ポール・マッカートニーとエルトン・ジョンは映画「スパイナル・タップ」の続編に出演する見込みだという。クリストファー・ゲスト、マイケル・マッキーン、ハリー・シーラーが出演した1984年公開の映画「スパイナル・タップ」で監督を務めたロブ・ライナーはリチャード・ヘリングのポッドキャスト RHLSTP with Richard Herring で様々なゲスト出演者について語っている。昨年5月に発表された続編についてロブ・ライナーは「2月末から撮影を始める予定なんだ。皆、戻ってくるよ。ポール・マッカートニーも出てくれるし、エルトン・ジョンもだ。他にも何人かサプライズがあって、ガース・ブルックスも出るんだ」と語っている。ロブ・ライナーはドキュメンタリー映像作家のマーティン・ディベルギー役も再び演じることになるという。クリストファー・ゲスト、マイケル・マッキーン、ハリー・シーラーは架空のバンド、スパイナル・タップのメンバーを演じることになる。昨年5月、ロブ・ライナーは NME に対して続編について「続編をやることになるとは全く思っていなかった。ただ、話はしていて、うまくいくかもしれないアイディアを思いついたんだ。うまくいくかは分からない。やってみるつもりだよ。ハードルはすごく高いよね。やるべきかどうかについても話し合ったよ。でも、言ったんだ。「見てみろ。俺たち全員70代だぞ。楽しむための時間がどれだけ残されているんだ?」ってね」と語っている。プロットによれば、続編はマーティン・ディベルギーが罪を償うためにバンドにとっての2作目の映画を撮影するという設定になる。「マーティン・ディベルギーはバンド・メンバーから手を抜いた仕事をしたと批判され、2作目を撮ることになるんだよ」とロブ・ライナーは NME に語っている。「マーティン・ディベルギーは成功を収めていなかったんだ。彼は「クレイマーVSクレイマーVSゴジラ」を作ったんだけど、うまくいかなかった。3つを揃えて、全員いい感じだったけど、ゴジラが他の2組をつぶしてしまって、うまくいかなかったんだ」。当初、映画「スパイナル・タップ」の続編はオリジナルから40周年となる2024年3月の公開が予定されていたが、2月末から撮影が始まるとのことで、現時点で公開日は決定していない。

Thanks! NME