ビートルズの未公開インタビューに基づいた新刊「All You Need Is Love」 4月9日米国発売

All You Need Is Love:An Oral History of The Beatles

ビートルズとその家族、友人らの未公開インタビューに基づいた新刊書籍 All You Need Is Love:An Oral History of The Beatles が2024年4月9日にセント・マーティン・プレスから出版されます。352ページにわたる本書にはポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、オノ・ヨーコのほか、彼らの家族や友人、側近だったビジネス関係者との未公開インタビューがフィーチャーされており、元アップル・コア社の最高責任者(COO)ピーター・ブラウンと作家/ジャーナリストのスティーヴン・ゲインズが共同執筆しています。上記の未公開インタビューはブラウンとゲインズが1980年から1981年にかけて、1983年のベストセラー本「The Love You Make:An Insider's Story of The Beatles」の準備中に行なったもので、シンシア・レノンやパティ・ハリスン、モーリン・スターキーらのインタビューも含まれるとのこと。これらの貴重なインタビューがビートルズ解散の真相解明に貢献しているそうです。なお、ピーター・ブラウンはビートルズのリヴァプール時代からの側近で、彼の机の引き出しにはビートルズのパスポートが保管されていました。又、ブラウンはジョンとヨーコの結婚式で付添人を務め、ポールにリンダ・イーストマンを紹介した人物で、ビートルズ1969年のシングル「ジョンとヨーコのバラード」の歌詞に彼のフルネームが登場しています。一方のスティーヴン・ゲインズは1986年にビーチ・ボーイズの歴史を綴った著書「ビーチ・ボーイズ―リアル・ストーリー」を出版し、12年にわたり、ニューヨーク・マガジンやニューヨーク・タイムズ紙、ヴァニティ・フェアに寄稿していました。

Thanks! MUSIC LIFE CLUB