映画 トノバン ~音楽家 加藤和彦とその時代~ 5月公開

トノバン ~音楽家 加藤和彦とその時代~

ォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦を追った音楽ドキュメンタリー映画 トノバン ~音楽家 加藤和彦とその時代~ が5月より東京・TOHO シネマズ シャンテほか全国で順次公開される。なお「トノバン」は加藤の愛称。2009年に62歳で死去した加藤。ザ・フォーク・クルセダーズでプロデビューし、サディスティック・ミカ・バンドを経て、ソロミュージシャン、作曲家、プロデューサーとして活躍したほか、「だいじょうぶマイ・フレンド」をはじめとした映画音楽、「スーパー歌舞伎」の制作、サディスティック・ミカ・バンドやザ・フォーク・クルセダーズの再結成、坂崎幸之助とのユニットである和幸、VITAMIN-Q featuring ANZA の結成など、精力的に活動した。本映画は高橋幸宏が加藤に寄せた思いから企画が立ち上がったという。ザ・フォーク・クルセダーズ結成秘話、サディスティック・ミカ・バンドの海外公演やレコーディング風景などを交えた貴重映像に加え、ヨーロッパ三部作と呼ばれるアルバムに隠された逸話が語られる。さらに「あの素晴しい愛をもう一度」の新たなレコーディングの様子も収められた。企画・監督・プロデュースは「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」「音響ハウス Melody-Go-Round」を手がけた相原裕美。出演者には加藤、高橋、坂崎のほか、きたやまおさむ、松山猛、朝妻一郎、新田和長、つのだ☆ひろ、小原礼、今井裕、高中正義、 クリス・トーマス、泉谷しげる、吉田拓郎、松任谷正隆、坂本龍一、コシノジュンコが名を連ねている。

トノバン ~音楽家 加藤和彦とその時代~

Thanks! 映画ナタリー