リンゴ・スター親子、豪華アーティストによるチャリティ・シングルに参加

Going Home (Theme From Local Hero) - Mark Knopfler's Guitar Heroes

マーク・ノップラーは60人以上のロック・アイコンを起用して、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのためのチャリティ・シングル Going Home:Theme of the Local Hero をリリースすることを発表している。3月15日にリリースされる同曲にはブルース・スプリングスティーン、ブライアン・メイ、ロニー・ウッド、スラッシュらがチャリティのために参加している。この曲はバート・ランカスター出演の映画「ローカル・ヒーロー」のために書かれたテーマ曲の新バージョン。この曲はマーク・ノップラーが映画作曲家として初めてクレジットされた曲で、英国アカデミー賞にもノミネートされている。最近はニューカッスル・ユナイテッドがピッチに入っていく時にも演奏されている。他にもピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、エリック・クラプトン、ザ・フーのピート・タウンゼント、ジョーン・ジェット、ナイル・ロジャース、ジョー・ボナマッサ、シェリル・クロウ、ピーター・フランプトン、スティーヴ・ルカサー、ハンク・マーヴィンが参加している。加えてサム・フェンダー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、スティーヴ・ヴァイ、キース・アーバン、イーグルスのジョー・ウォルシュ、ラッシュのアレックス・ライフソン、デュラン・デュランのアンディ・テイラーも参加しているほか、亡くなったギタリストのジェフ・ベックの最後のレコーディング音源の一つも使われている。ギター以外ではリンゴ・スターと息子のザック・スターキーがドラムを担当しており、スティングがベースで参加している。今年までティーンエイジ・キャンサー・トラストのキュレーターを務めるロジャー・ダルトリーはハーモニカを担当している。このスーパーグループはマーク・ノップラーズ・ギター・ヒーローズという名義となっていて、ダイアー・ストレイツのキーボーディストであるガイ・フレッチャーがプロデュースを担当している。「私が本当にしたいことは、何よりも素晴らしい反応を示してくれた一人一人に感謝することです。こんなことになるとは思っていませんでした。ガイと私はかなり早い段階で、この作品をどうにかして伸ばすことにして、多くの人に参加してもらわなければならないと思いました。どの段階かも分からないうちにピート・タウンゼントがギターとアンプを持って私のスタジオにやってきたのです。最初のピート・タウンゼントのパワー・コードを聴いて、実を言うと、こんなことになってしまったと思った。しかも、素晴らしかったからね。そこから始まったんだよ。エリック・クラプトンも来て、素晴らしいものを弾いてくれて、ジェフ・ベックも参加することになって、魔法をかけられたようだった。そうしたら有り余るほどになって、すべてが高水準となったんだ」とマーク・ノップラーは語っている。


Thanks! NME Japan