LP グレープフルーツ Around Grapefruit(Plus London Session) 4月20日英国発売

Around Grapefruit (Plus London Session) - Grapefruit

Around Grapefruit(Plus London Session) / グレープフルーツ 4月20日英国発売
1968年の英国ポップサイケ名盤がロンドン・セッションを追加して限定発売。トニー・リヴァース&ザ・キャスタウェイズから分裂し結成された英国ポップサイケの代表格。ビーチ・ボーイズから影響を受け独自の進化を遂げたフレッシュで美しいハーモニーとスピード感溢れるビート、美しいメロディが一体となった正に傑作。制作は西海岸の名プロデューサーであるテリー・メルチャーが担当し、グループの名付け親はジョン・レノン。シングル「Lullaby」のプロデュースはレノン&マッカートニー、アップル音楽出版の契約第一号アーティストであるなど話題に事欠きませんが、最も素晴らしいのは間違いなく本作の内容そのものです。ビートルズの次に何を聴くべきか?と考えたときに本作は一つの答えとなるでしょう。本編の12曲に加え1967年から1968年にかけてのロンドン・セッション・アップルからのエクストラ・トラックを追加収録。

Side A
Another Game
Yesterday's Shunshine
Elevator
Yes
C'mon Marianne
Lullaby
Dead Boot [Extra tracks from the London Session 1967-1968]
Somebody's Turning On The People [Extra tracks from the London Session 1967-1968]
Trying To Make It To Monday [Extra tracks from the London Session 1967-1968]

Side B
Round Going Round
Dear Delilah
This Little Man
Ain't It Good
Theme For Twiggy
Someday Soon
Do What You Want To (aka Learn To Love Me)[Extra tracks from the London Session 1967-1968]
One More Try [Extra tracks from the London Session 1967-1968]

Thanks! Record Store Day


関連Blog
2/16のBlog レコード・ストア・デイ 2024 4月20日世界同時開催 限定アイテム発表!