映画 ジョン・レノン 失われた週末 5月10日公開

ジョン・レノン 失われた週末

ジョン・レノンをめぐる真実が50年の時を経て明かされる2022年トライベッカ映画祭正式出品「The Lost Weekend:A Love Story」が、邦題を ジョン・レノン 失われた週末 として5月10日(金)より日本公開されることが決定した。あわせてポスターと場面写真が披露された。ビートルズのファンには周知の事実ながら、本当の事情はよく知られていない「失われた週末」。重要な人物となるのはジョンとヨーコの個人秘書であり、プロダクション・アシスタントを勤めていた中国系アメリカ人、メイ・パン。本作はジョンがヨーコの強い希望でメイと過ごすことになった1973年秋から75年初頭にかけての18カ月間をメイ本人の証言によって描くドキュメンタリーとなっている。この期間、ジョンはメイの助けを借りて、最初の妻シンシア・レノンとの長男ジュリアン・レノンと再会することができ、「失われた週末」という呼び名とは裏腹にアルバム「マインド・ゲームス」やエルトン・ジョンをゲストに迎え、全米シングルチャート第1位を獲得した「真夜中を突っ走れ」を含む「心の壁、愛の橋」、自らの原点に立ち返る名盤「ロックン・ロール」を創作。デビッド・ボウイやハリー・ニルソン、ミック・ジャガー、リンゴ・スターらとのコラボレーションやポール・マッカートニーとの久々の再会など、ビートルズ解散以降のソロキャリアのなかで最も多作で、商業的にも成功した時期を過ごした。2022年トライベッカ映画祭に正式出品された本作はジョンの名曲の数々や貴重なアーカイブ映像、ジョンとメイが互いの姿をとらえたプライベートな写真、イラストの名手として知られるジョンが贈ったユニークな描写の数々をふんだんに紹介しながら、若き日のメイがジョンと共にした忘れ難い日々を描出されていく。日本オリジナル版ポスターは「ヨーコとの「別離」が生んだ軌跡の日々」というキャッチコピーとともに、思索するジョンの顔、メイとの2ショット、幼き日の愛息ジュリアン、ヨーコの姿が写し出されている。イブ・ブランドスタイン、リチャード・カウフマン、スチュアート・サミュエルズが監督を務めている。角川シネマ有楽町、シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺などにて5月10日より全国順次公開。

ジョン・レノン 失われた週末
監督 イヴ・ブランドスタイン、リチャード・カウフマン、スチュアート・サミュエルズ 
出演 メイ・パン、ジョン・レノン、ジュリアン・レノン、ポール・マッカートニー、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン
時間 94分
制作 2022年 米国
仕様 カラー
言語 英語
画面 1.85:1
音響 5.1ch
字幕 松浦美奈
字幕監修 藤本国彦
配給 ミモザフィルムズ
原題 The Lost Weekend: A Love Story

ジョン・レノン 失われた週末

Thanks! 映画.com


関連Blog
3/6のBlog ジョン・レノンとメイ・パンのドキュメンタリー映画が5月公開予定