ポール・マッカートニー写真展 六本木・東京シティビューで7月19日より開催

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~ が六本木ヒルズ・東京シティビューにて、7月19日(金)から9月24日(火)まで開催される。その後、大阪へと巡回。1962年にデビューし、瞬く間に世界中を熱狂させた英リバプール出身のロックバンド、ビートルズ。そのメンバーの1人、ポール・マッカートニーは20世紀から21世紀にかけての偉大な文化人の1人として知られる人物だ。「イエスタデイ」「ヘイ・ジュード」などを作詞作曲したソングライターでもあり、ビートルズのメンバーとして国際的な名声を得た後、ソロ活動においても成功を収めた。そんなポール自らが撮影した未公開のプライベート写真などを展示するロンドン ナショナル・ポートレート・ギャラリーのリニューアルオープン記念の写真展が、日本でも開催を迎える。同展ではジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4名が社会現象を巻き起こした1963年11月から米バラエティ番組「エド・サリバン・ショー」に出演し、米国に凱旋した1964年2月までの4か月間の記録を紹介。会場ではポール・マッカートニー自身が選定した250枚以上の写真を展示。「エド・サリバン・ショー」に出演した際の写真など、60年前からネガやコンタクトシートのまま、今に至るまでプリント化されてこなかった貴重なモノクロ194枚、カラー56枚を鑑賞できる。写真はビートルズが世界のトップミュージシャンへと駆け上がる貴重な時期に、いかに過ごしていたかその瞬間を切り取ったもの。ポールのペンタックスカメラによって、ビートルズの熱狂的なファンである「ビートルマニア」の当時の熱狂やポールがビートルズの一員として過ごし、世界的なスーパースターとして世間を席巻するまでの物語を映している。又、写真と共に当時についてのポールによる考察も紹介。展覧会のために収録された、ポール自身による音声ガイドを通して、当時の熱量により触れることができそうだ。貴重な時期に何を思っていたのか、何があったのかを収めた、ビートルズファン垂涎必至の展覧会となっている。

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~
会期 7月19日~9月24日(変更になる場合あり)
会場 東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F)
前売 4月以降発売予定
備考 入場料や前売券情報は決定次第公式サイト等で告知。

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~
会期 10月12日~2025年1月5日(予定)
会場 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ(大阪府大阪市北区大深町3-1)

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~

ポール・マッカートニー写真展 1963-64 ~Eyes of the Storm~

Thanks! ファッションプレス