ザック・スターキー、リンゴ・スターも参加したチャリティ・アルバムのリリースを予告

Elton John , Slash , Ringo Starr , Zak Starkey & Iggy Pop

リンゴ・スターの息子ザック・スターキーはリンゴ・スターをはじめ、エルトン・ジョンやガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、イギー・ポップといった豪華ミュージシャンが参加したチャリティ・アルバムをリリースすることを予告している。ザ・フーでドラムを担当しているザック・スターキーはソーシャル・メディアでこのプロジェクトに関する情報を明かしている。ザック・スターキーは2017年にザ・フーとガンズ・アンド・ローゼズがロック・イン・リオに出演した日があったことで、このプロジェクトが実現したと述べている。「ダフ・マッケイガンと私で地元のスタジオに行って、T. レックスの「Children Of The Revolution」のベースをレコーディングしたんだ。父がロサンゼルスでドラムを叩いてくれて、その時は僕がベースを適当に弾いていた。それで、リオでダフ・マッケイガンにベースを入れてもらったんだ。ツアーの数週間後にニューヨークでスラッシュと共にギターを録音した。妻のシュシュ・リガースのガイド・ボーカルを入れて送ったら、エルトン・ジョンが素晴らしいピアノを演奏してくれたんだ。シュシュ・リガースはアクセル・ローズと繋がりがあって、彼が歌いたいと言ってくれたんだ。アクセル・ローズは最高だった。素晴らしいボーカルなんだ」とザック・スターキーは語っている。現在、この音源はミックスの段階にあるとザック・スターキーは語っており、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのためにオークションにかけられる予定だという。他のゲストについてザック・スターキーは「僕とシュシュ・リガースのプロデュースで、フル・アルバムにはさらにビートルズ、ザ・スミス、プリテンダーズのメンバー、リチャード・アシュクロフトやイギー・ポップなど、たくさんの人が参加しているんだ」と述べている。ザック・スターキーは昨年、ハッピー・マンデーズ&ブラック・グレープのショーン・ライダー、ライドやオアシスのアンディ・ベル、ハッピー・マンデーズのベズと共に新グループであるマントラ・オブ・ザ・コスモスのデビュー・シングルをリリースしている。


Thanks! NME Japan