CD ザ・フォーク・クルセダーズ フェアウェル・コンサート 5月29日発売

映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」が5月31日より公開されるのを記念して、加藤和彦の音楽活動の原点となったグループ、ザ・フォーク・クルセダーズの解散公演CD フェアウェル・コンサート が5月29日に再発売されます。

フェアウェル・コンサート - ザ・フォーク・クルセダーズ

フェアウェル・コンサート / ザ・フォーク・クルセダーズ 5月29日発売
ザ・フォーク・クルセダーズの解散ツアー最終日(1968年10月17日)大阪フェスティバルホールにおける公演をアート音楽出版(URCレコード)の手により収録した音源。長らく未使用のまま放置されていたが、2002年のフォークル再結成の際に未整理テープの中から発掘され、メンバーの加藤和彦ときたやまおさむ(北山修)の選曲・監修により2003年に初めてリリースされた。加藤和彦・北山修・端田宣彦の3人に加えて初期メンバー(芦田雅喜・平沼義男)も一部参加、「イムジン河」(2回演奏)「悲しくてやりきれない」等の代表曲を熱演している。今作にはフォーク史研究家のこまつ・よしはる による詳細なライナーノーツや活動年表も掲載され、資料的価値も高いアルバムとなっている。2024年最新リマスター、高品質Blu-spec CD2仕様

ヨルダン河
コキリコの唄
イムジン河
ぼくのそばにおいでよ
オー・パパ
フォークル節
水虫の唄
戦争は知らない
ひょっこりひょうたん島
動物園へ行こう
きつね
カエルの恋
イムジン河
悲しくてやりきれない

ザ・フォーク・クルセダーズ
1965年に加藤和彦、北山修らにより京都で結成。1967年の自主制作盤「ハレンチ」収録曲「帰って来たヨッパライ」がラジオで話題を呼ぶ。これが東芝レコードからシングルとしてリリースされると200万枚超えの大ヒットを記録し、一躍人気グループとなるが1968年にアルバム「紀元貮阡年」をリリースした後、当初の予定通り同年10月に解散。2002年、加藤、北山に坂崎幸之助(THE ALFEE)を加えて期間限定再結成を果たし、同年末に再び解散。加藤は2009年、端田宣彦は2017年に他界

Thanks! ソニー・ミュージックレーベルズ