映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」特別試写会に15組30名様ご招待

映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」特別試写会

日本の音楽史を変えた先駆者、加藤和彦にフォーカスした初めてのドキュメンタリー映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」。まだネットもSNSもなかった時代。若者世代が支えていた深夜ラジオから日本全国へ人気が広まったザ・フォーク・クルセダーズの一員。ピンク・フロイドやロキシー・ミュージックを手掛けた新進気鋭のプロデューサー、クリス・トーマスが自らプロデュースしたいと名乗り出て日本よりも先に英国で評価されたサディスティック・ミカ・バンドのリーダー加藤和彦。高橋幸宏、坂本龍一、細野晴臣らのYMOメンバーの参加を得て、加藤和彦作品の金字塔と呼ばれたヨーロッパ三部作に代表されるソロアーティスト。作曲家、プロデューサー、アレンジャーの幾つもの顔を持ち、手掛けたアーティスト、楽曲は数えきれない。いつの時代も必ず一歩先にいた音楽家、それ故に後年悩みも深かった加藤和彦の輝かしい軌跡を追う世界初のドキュメンタリー映画がついに完成です。加藤和彦の功績は実はこれまであまり語られていません。この映画は高橋幸宏の加藤和彦に対する想いがきっかけとなり、「音響ハウス Melody-Go-Round」の相原裕美監督の呼びかけで映画の企画がスタート。本作では、彼の曲を愛する若い世代のアーティスト達が Team Tonoban(加藤和彦トリビュートバンド)を結成、名曲「あの素晴しい愛をもう一度」を新たにレコーディング、その模様も描かれており、歌い継がれていくこと、語り継がれていくことの大事さをスクリーンに映し出しています。そんな映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」特別試写会を5月17日(金)に開催します。応募締め切りは5月9日(木)23:59必着分まで。みなさまのご応募をお待ちしております。

映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」特別試写会
日時 5月17日(金)18:30 開場 トーク・イベント予定あり
会場 日本シネアーツ社 試写室(市ヶ谷)
応募締め切り 5月9日(木)必着
当選発表 当選者様へはメールにてお知らせいたします。メールアドレスの記載を必ずお願いいたします

Webでの応募方法
応募フォーム からどなたでもご応募いただけます。
お名前、ご住所欄に、ローマ数字・丸で囲った数字をご使用なさいませんようお願いいたします。
自動表示されている内容を変更して応募される場合は上書きしてご応募ください。
応募フォームの記載内容に不備がある場合は応募対象となりません。
当選または落選に関するお問合せにはお答えできません。

ハガキで応募方法
映画「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」試写会希望と明記の上、以下のアンケートにお答え頂き、お送りください。名前、年齢、性別、職業、住所、電話番号、メールアドレスもお忘れなく!
[アンケート ]
1) タワーレコードには月に何回ぐらい行きますか?
2) intoxicate をどちらで入手しましたか?
3) Special Thanks の設置会場で intoxicate を入手したことがありましたら、会場名を教えてください
4) intoxicate を手に取る頻度は?
5) 音楽を聴く方法は?(CD、アナログ、iPhone などデジタル携帯メディア、その他)
6) デジタルダウンロードを利用していますか?
7) ストリーミング・サービスを利用していますか?
8) コンサートなど音楽イヴェントにはどれくらいの頻度で出かけますか?
9) 映画館にはどれくらいの頻度で出かけますか?
10) 音楽以外で興味のある分野はなんですか?(複数回答可)
11) 定期的に利用する音楽・文化情報の雑誌、Webサイト名を教えてください(複数回答可)
12) intoxicate へのご意見をお聞かせください
[宛先]
〒143-0006 東京都大田区平和島4-1-23 JSプログレビル 7F イントキシケイト編集部

応募に際してご記入いただいたお名前・ご住所・ご連絡先等の個人情報は当選はがきの発送のほか、弊社からの各種ご案内(イヴェント、アーティスト情報など)、アンケートの統計資料の作成に利用させていただくことがございます。ご記入いただきました情報はタワーレコード株式会社にて保管し、当選者様の発送先を弊社指定の宅配業者に開示する以外、第三者へ提供することはございません。タワーレコード株式会社のプライバシー・ポリシーに関しましては こちら をご参照ください。

サディステッイク・ミカ・バンド

Thanks! Tower Records