リンゴ・スター 3月2日 U-EXPRESS LIVE 2013 幕張メッセ

2日、千葉・幕張メッセで開催された U-EXPRESS LIVE 2013 に京都から参加された水谷さんのLIVEレポートを転載します。ツアーパンフレットは置いて無かったとのことです。フェスとあって演奏時間は約45分、いつもより短めのセットリストになっています。

Ringo Starr & His All Starr Band - 2013.3.2 幕張メッセ

昨夜のリンゴ・スターは私にとって初めてのビートルLIVEでしたので感慨深かったです。
セットリストは下記の通りです。

2013年3月2日 日本 千葉 幕張メッセ
(1) マッチボックス
(2) 明日への願い
(3) 瞳の中の愛 (トッド・ラングレン)
(4) エヴィル・ウェイズ (グレッグ・ローリー)
(5) ボーイズ
(6) イエロー・サブマリン
(7) ブロークン・ウィングス (リチャード・ペイジ)
(8) ロザーナ (スティーヴ・ルカサー)
(9) 想い出のフォトグラフ
(10) ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
(11) 平和を我等に

ツアーに較べたら曲数は当然少ないものですが、短時間に熱のこもったLIVEアクトでした。
(1)(2) でのリンゴはマイク持ってシンガーに徹し、トッド・ラングレンはクリーンのストラトモデルを持ちステージの端から端までウロウロとサービス。(2) では観客の中から歌い声も聞こえてました。
(3)(4) は初めて聞いた曲だったので帰宅後に判明しました。
(3)(4)(5) でのリンゴはドラマーです。(5) ではパッシュワー♪ パッパーシュワー♪ の掛け声が会場内から。
(6) では再びドラム台から下りて少年&少女も知っている曲をとのMCでイエローサブマリンが始まりました。この辺りの曲は会場内の若者も知っているようで、大合唱となりました。途中のSEでは原曲が使われ、リンゴは潜水艦内のアナウンスを模して「TOKYO TOKYO」「JAPAN JAPAN」とリップサービス。
(7) はMTVでもお馴染みの Mr.Mister の曲。リンゴは難解なリズムを取っていました。この曲、抑揚は無いが厚みのある良い曲やぁ。
(8) はご存知TOTOの名曲。当然スティーブ・ルカサーのギターとボーカルが冴え渡ります。ギターサウンドはあの頃とおんなじでした。この曲途中で曲調がコロコロ変わるので手拍子し難く、ピッチが早くなる場面ではスティーブが手拍子のピッチをあげる様要求する場面が2度程ありました。
(9) は僕も熱唱しました。George との共作である事を思い出し、こみ上げるモノがありました。前席の外人さんも熱唱していました。
(10) はトッドらの「ビリー・シアーズ♪」のコーラスから始まりました。サビの掛け合いでは会場からの反応もありいい感じでした。今前にいるシンガーが SGT.Pepper's の録音でEMIスタジオに6ヶ月間こもっていたアーチストだと言う事が頭をよぎり夢心地でした。この曲で一旦リンゴは舞台の袖に消えますが、
(11) 再びステージに戻り会場と大合唱。この曲でも両手ピースサイン v(^^)v で揺らぎがあり、大感動。この曲で大合唱する機会って今まで無かったのが不思議な位でした。リンゴはしきりに「PEACE ON EARTH」と声かけしているのが印象に残りました。

熟練したミュージシャンによる妙技を観る機会は年々減っていきます。これは寿命がある以上仕方の無い事ではありますが、彼らには永遠の命を授けて上げたいものです。決して消化試合では無いプロの真剣勝負を見せて貰いました。

PS: 最後にトッドがピックを会場に投げ込みました。誰が受け取ったのでしょうか?

Thanks! 水谷さん & Ringo starr